JR北海道の新型車両「キハ261系5000番台特急型気動車」が営業運転を開始。

今日は、「JR北海道の新型車両“キハ261系5000番台特急型気動車”が営業運転を開始」の話題を一つ。JR北海道では10月17日(土)、新型車両の「キハ261系5000番台特急型気動車」を使用した団体臨時列車が運転された。これは、『団体臨時列車~北海道鉄道14()年記念号で行く炭鉄港を巡る旅~』ツアー催行にともない運転されたもので、編成の前後と側面には〈北海道鉄道14()年〉の記念ステッカーが取り付けられていた。この日は、小樽駅で記念式典が行われたあと、“小樽―札幌―岩見沢―(室蘭本線経由)―追分―苫小牧―室蘭―(折り返し)―苫小牧―(千歳線経由)―南千歳―札幌”の経路で運転され、途中の岩見沢・追分・室蘭の各停車駅では、駅舎などの見学や地域の物産販売など乗客へのおもてなしが行われた。また、翌18日(日)には、札幌発で17日の運転経路とは逆回りで運転された。

●営業運転を開始した「キハ261系5000番台特急型気動車」PA190218.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント