403 安全側線。

「安全側線」とは、過走して他の列車の進路に支障をきたすことによる衝突を防止する目的で、本線とは異なる線路へ列車を侵入させ、列車を意図的に脱線または停止させるために設ける停車場内の短い側線のことである。また、側線を設けないポイントだけの設備は、〈脱線転轍機(脱線ポイント)〉という。 ●JR根室本線・尺別信号場の「安全側線」 ●道南…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の人気観光列車「山紫水明号」が富良野へ。

続いては、「JR北海道の人気観光列車“山紫水明号”が富良野へ」の話題を一つ。JR北海道の人気観光列車「山紫水明号」(2両編成)が、全線開通120周年を記念して、10月10日、富良野線を走った。この日は、旭川発着の美瑛や富良野を巡るツアーで、定員40人のチケットが即完売の人気ぶりで、ツアー参加者たちは、雄大な景色を見ながら地元食材の美味し…
コメント:0

続きを読むread more

特製駅弁で、JR宗谷本線「抜海駅」の存続アピール。

続いては、「特製駅弁で、JR宗谷本線“抜海駅”の存続アピール」の話題を一つ。『最北の無人駅』として知られ、廃止が取りざたされているJR宗谷本線の「抜海駅」(稚内市)の存続をアピールするイベントが10月10日、木造駅舎の周囲で行われ、市内外から参加した20人が、地元でとれたホッキやサケ、ニンジン、カボチャなどを使った特製駅弁の抜海駅弁を味…
コメント:0

続きを読むread more

「新十津川駅89周年記念祭」盛大に行われる。

今日は、「“新十津川駅89周年記念祭”盛大に行われる」の話題を一つ。JR札沼線の一部区間が5月で廃止となり、役目を終えた新十津川駅の「新十津川駅89周年記念祭」が10月10日、同駅で行われ、駅舎に掲げられていた駅名板が取り外され、道内外から集まった鉄道ファン約千人が別れを惜しんだ。この〈新十津川駅〉は昭和6年10月10日に開業、“北海道…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「AIRDOひがし・きた北海道フリーパスSP」販売。

今日は、「JR北海道“AIRDOひがし・きた北海道フリーパスSP”販売」の話題を一つ。AIRDO(エア・ドゥ)とJR北海道は10月9日、エア・ドゥで道内を訪れた客のみが購入できる、JRの道東・道北方面の「フリーパスSP」を販売すると発表した。これは、新型コロナウイルス禍で落ち込んでいる旅行需要の喚起が目的である。 ○販売期間 1…
コメント:0

続きを読むread more

岩手県・釜石中修学旅行生、特急北斗で「ウポポイ」へ。

今日は、「岩手県・釜石中修学旅行生、特急北斗で“ウポポイ”へ」の話題を一つ。白老町の〈民族共生象徴空間・ウポポイ〉に10月7日、北海道新幹線から特急北斗に乗り継いで、岩手県の釜石中学校の修学旅行生104名がJR白老駅に到着し、町をはじめ観光協会やJR北海道社員から盛大な歓迎を受けた。同校の修学旅行は例年東京方面だったが、今年は新型コロナ…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館本線「五稜郭駅北側跨線橋」〈5〉】

帰り、久しぶりにJR五稜郭駅に寄ってきた。 ●JR五稜郭駅① ●JR五稜郭駅② ●JR五稜郭駅改札口① ●JR五稜郭駅改札口② ●道南いさりび鉄道「五稜郭駅店」 ●道南いさりび鉄道「五稜郭駅店」で購入した〈チョロQながまれ号〉① ●道南いさりび鉄道「五稜郭駅店」で購入した〈チョロQながまれ号〉② ●道南いさりび鉄道「…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館本線「五稜郭駅北側跨線橋」〈4〉】

●本州に向かう「EH800形電気機関車」① ●本州に向かう「EH800形電気機関車」② ●本州に向かう「EH800形電気機関車」③ ●本州に向かう「EH800形電気機関車」④ ●JR五稜郭駅に向かう「DF200形ディーゼル機関車」① ●JR五稜郭駅に向かう「DF200形ディーゼル機関車」② ●上り函館行き「特急北斗」① ●…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館本線「五稜郭駅北側跨線橋」〈3〉】

●道南いさりび鉄道の「国鉄急行色キハ40形気動車」 ●道南いさりび鉄道の「濃緑色キハ40形気動車」 ●JR貨物の青函トンネル専用機関車「EH800形電気機関車1号機」① ●JR貨物の青函トンネル専用機関車「EH800形電気機関車1号機」② ●JR貨物の青函トンネル専用機関車「EH800形電気機関車1号機」③ ●下り札幌行き「特…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館本線「五稜郭駅北側跨線橋」〈2〉】

●JR貨物の青函トンネル専用機関車「EH800形電気機関車」① ●JR貨物の青函トンネル専用機関車「EH800形電気機関車」② ●JR貨物の青函トンネル専用機関車「EH800形電気機関車」③ ●跨線橋上から「札幌方面」を望むs ●JR五稜郭車両所① ●JR五稜郭車両所② ●「DF200形ディーゼル機関車」牽引の下り貨物列車①…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館本線「五稜郭駅北側跨線橋」〈1〉】

10月9日(金)、久しぶりの良い天気だったので、午前9時30分頃、2年ぶりにJR函館本線の「五稜郭駅北側跨線橋」に行き、写真を撮ってきた。ただ、時間帯があまり良くなかったせいか、思ったほど運行列車が少なく、ちょうど千歳市から来ていた乗り鉄ファンの方と、しばし、鉄道談議をして帰ってきた。 ●五稜郭駅北側跨線橋① ●五稜郭駅北側跨線…
コメント:0

続きを読むread more

402 30年前の「三笠鉄道村」。

北海道三笠市にある「三笠鉄道村」は、明治13年、北海道鉄道発祥の地(全国で3番目の鉄道)として歴史的遺産・文化保存のため、昭和62年にオープンした施設である。村内は、三笠鉄道記念館のある〈幌内ゾーン〉とクロフォード公園の名称で親しまれている〈三笠ゾーン〉の2ゾーンで構成されている。村内では、本物の蒸気機関車S‐304号やミニ鉄道が走り、…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション787 新幹線禁煙車ステッカー(2枚)〕

今回紹介するのは、「新幹線禁煙車ステッカー」(2枚)である。どこの新幹線かは不明だが、1枚は『デッキ付近も禁煙です。9号車デッキには灰皿がありますので御利用下さい。』で、もう1枚は『デッキ付近も禁煙です。13号車デッキには灰皿がありますので御利用下さい。』とある。 ●新幹線禁煙車ステッカー(2枚) ●山陽新幹線の「禁煙車」
コメント:0

続きを読むread more

夕張市石炭博物館で「堀淳一と炭鉄港」好評開催中!

続いては、「夕張市石炭博物館で“堀淳一と炭鉄港”好評開催中」の話題を一つ。夕張市石炭博物館では、“地図の巨頭”と呼ばれた故堀淳一さんの貴重な資料を展示する「堀淳一と炭鉄港」を好評開催中である。故堀淳一さんは、北海道大学理学部の教授でありながら、小学生の頃から地図の世界に魅せられていたそうで、昭和30年代頃から全国の廃線跡や産業遺産等を訪…
コメント:0

続きを読むread more

JR日高本線“鵡川―様似間”、「来年4月1日で廃止合意」。

続いては、「JR日高本線“鵡川―様似間”、“来年4月1日で廃止合意”」の話題を一つ。平成27年1月の高波被害で不通が続き、JR北海道が廃止・バス転換を求めているJR日高本線“鵡川―様似間”(116㌔)について、日高管内7町長は10月6日、同管内新ひだか町で臨時会議を開き、「来年4月1日」で同区間を廃止し、同日から転換バスを運行することで…
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線“盛岡―新青森間”、「時速320㌔」に。

今日は、「東北新幹線“盛岡―新青森間”、“時速320㌔”に」の話題を一つ。JR東日本は、東北新幹線“盛岡―新青森間”の最高速度を現行の時速260㌔から「時速320㌔」に引き上げる方針を固めた。なお、現在、最短3時間58分である“東京―新函館北斗間”の所要時間は速度向上で最大5分程度短縮される見通しである。そして、これに必要な防音関連工事…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション786〈カプセルコレクション(全6種)〉駅名標・ヘッドマークポーチ~はこだて&北斗~〕

今回紹介するのは、(株)エポック社から発売された〈カプセルコレクション(全6種・税込300円)〉の中の「駅名標・ヘッドマークポーチ~はこだて&北斗~」である。なお、大きさは縦11㌢×横14.5㌢である。 ●〈カプセルコレクション(全6種)〉駅名標・ヘッドマークポーチ~はこだて&北斗~~表 ●〈カプセルコレクション(全6種)〉駅名…
コメント:0

続きを読むread more

JR小幌駅を観光して「北海道三大秘境 豊浦町小幌駅秘境到達証明書をもらおう!」実施。

今日は、「JR小幌駅を観光して“北海道三大秘境 豊浦町小幌駅秘境到達証明書をもらおう!”実施」の話題を一つ。JR室蘭本線の「小幌駅」は、〈日本一の秘境駅〉といわれているが、地元豊浦町では、小幌駅を観光して「北海道三大秘境 豊浦町小幌駅秘境到達証明書をもらおう!」を実施している。全国の秘境駅ファンの皆さん、「到達証明書」をゲットしませんか…
コメント:0

続きを読むread more

「保線用軌道自転車運転体験施設~道南トロッコ鉄道~」好評運行中!!

今日は、「“保線用軌道自転車運転体験施設~道南トロッコ鉄道~”好評運行中!!」の話題を一つ。旧JR江差線(木古内―江差間)に残る線路を使用し、鉄道ファンや家族連れに大人気の「保線用軌道自転車運転体験施設~道南トロッコ鉄道~」は、現在、好評運行中である。 ○場所 旧JR江差線・渡島鶴岡駅周辺 ○料金 ・一般席(10歳以上で足こ…
コメント:0

続きを読むread more

401 夕張石炭の歴史村の「SL館」。

この「SL館」は、昭和55年から順次オープンした夕張石炭の歴史村の中の施設で、外観は巨大なD51形蒸気機関車(下の外観写真の人物と比較すると大きさがわかる)で、中には、大夕張鉄道の〈4号機関車〉や夕張鉄道の〈14号機関車&ナハニフ151客車〉の他、鉄道関係資料等が多数保存されている。しかし、夕張市の財政破綻により平成18年10月に閉館と…
コメント:0

続きを読むread more