道の駅あびらD51ステーションで「来場記念特別入場券」好評販売中。

続いては、「道の駅あびらD51ステーションで“来場記念特別入場券”好評販売中」の話題を一つ。安平町の道の駅あびらD51ステーションでは、「来場記念特別入場券」の第2弾が好評販売中である。『D51320』をデザイン化した第1弾は、8月下旬の販売開始以降、短期間で限定枚数が完売したので、好評にお応えして第2弾を製作したのである。今回は、北海…
コメント:0

続きを読むread more

北見市・石北大通公園の「SL」に保護シート。

続いては、「北見市・石北大通公園の“SL”に保護シート」の話題を一つ。冬の訪れを前に10月27日、市から委託された10人の作業員が、北見市内の石北大通公園に展示しているSL(蒸気機関車)を雪から保護する防水シートで覆う作業を行った。この石北大通公園には、かつて石北本線などで活躍したD51形蒸気機関車444号機やC58形形蒸気機関車119…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電に乗ってのツアー「函館コンクリート物語」実施。

続いては、「函館市電に乗ってのツアー“函館コンクリート物語”実施」の話題を一つ。貸し切りの函館市電に乗って、歴史的コンクリート建造物などを巡るツアー「函館コンクリート物語」が10月18日市内で行われた。これは、青函圏の活性化を目指す道南と青森の女性グループ『津軽海峡マグロ女子会』が〈マグ女のセイカン博覧会〉と題して提供する体験プログラム…
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本の「次世代新幹線」382㌔記録。

続いては、「JR東日本の“次世代新幹線”382㌔記録」の話題を一つ。JR東日本は10月27日深夜から翌日未明にかけて、「次世代新幹線アルファエックス」の報道機関向け試乗会を“仙台―盛岡間”で初めて行った。この「次世代新幹線」は、北海道新幹線が札幌まで延伸する予定の2031年春までの実用化を目指しており、試乗会では現行の最高時速より62㌔…
コメント:0

続きを読むread more

岩見沢市内の「赤電」お色直し。

今日は、「岩見沢市内の“赤電”お色直し」の話題を一つ。「赤電」の愛称で親しまれ、岩見沢市内で保存展示されている〈711系電車〉がお色直しした。塗装の劣化が進んでいたが、10月26日に赤色の車体に白線の塗装を引き直し、往年の輝きを取り戻した。ちなみにこの〈711系電車〉は、道内での国鉄初の電車で昭和43年にデビュー、鉄道愛好団体『北海道鉄…
コメント:0

続きを読むread more