札幌で「第2青函トンネル案」可能性を議論。

今日は、「札幌で“第2青函トンネル案”可能性を議論」の話題を一つ。本州と北海道を海底で結ぶ「第2青函トンネル」の可能性を探るシンポジウムが11月2日、札幌市内で開かれ、新たに提示された「第2青函トンネル案」などに対し関係者約70人が理解を深めた。今回は、建設会社などでつくる日本プロジェクト産業協議会の担当者が『津軽海峡トンネルプロジェクト』と題して講演、総工費7200億円でトンネル上部を自動運転専用自動車道、下部を貨物列車専用とする新たな「第2青函トンネル案」発表した。果たして実現の可能性は---?

●「第2青函トンネル断面」イメージPB030345.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

どくしゃ
2020年11月04日 13:35
可能性は限りなくゼロでしょうね。
物流業界がカネを出せばあるかもしれませんが
通りすがり
2020年11月04日 20:41
エイプリルフールネタですか?