404 国鉄根室本線・旧狩勝線「狩勝隧道遮風用垂幕」。

昭和41年に新線切り替えのため廃線となった国鉄根室本線・旧狩勝線の「狩勝隧道」(大正11年完成・954㍍)は、隧道内は25‰の急勾配が続くため蒸気機関車の機関士は排煙と熱気に苦しみ続けていた。そのため、隧道の環境改善策として昭和23年11月4日に「遮風用垂幕」が新得側出口に設置された。操作は上り列車後部が隧道に入りきったと同時に入口上部に引き上げてある厚手のシート造りの「垂幕」(ウエイト付き)を瞬時に下げて入口を塞ぎ、これにより、排煙を列車後部に吸い寄せて運転室に排煙などがまとわりつくのを防止する上り列車専用の装置であった。また、この装置の操作は、24時間3交代制で新得保線区石狩線路班が廃線の日まで操作していた。

●「狩勝隧道」を出るD51形蒸気機関車163号機PB100365.JPG
●垂幕を操作をしていた小屋「垂幕取扱所」PB100366.JPG
●現在の「狩勝隧道」PB100373.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント