JR北海道9月中間連結決算、過去最悪の「385億円赤字」。

続いては、「JR北海道9月中間連結決算、過去最悪の“385億円赤字”」の話題を一つ。JR北海道が11月6日に発表した2020年9月中間連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が過去最悪の「385億円赤字」となった。これは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、鉄道をはじめ全ての事業で減収となり、中間連結決算の赤字額としてはこれまで最大だった…
コメント:0

続きを読むread more

「日本遺産・鮭の聖地の物語~根室海峡一万年の道程~」の鉄路関係。

続いては、「“日本遺産・鮭の聖地の物語~根室海峡一万年の道程~”の鉄路関係」の話題を一つ。北海道最東の海、根室海峡。この地では遥か一万年の昔から、絶えず人々の暮らしが続いてきた。大地と海とを往来し、あらゆる生命の糧となったのは鮭である。毎年秋に繰り返される鮭の遡上という自然の摂理の下、当地では人と自然、文化と文化の共生と衝突が起こり、数…
コメント:0

続きを読むread more

日本郵便北海道支社、オリジナルフレーム切手「雄別炭砿閉山50年~消えたヤマ 消えたレール~」販売。

続いては、「日本郵便北海道支社、オリジナルフレーム切手“雄別炭砿閉山50年~消えたヤマ 消えたレール~”販売」の話題を一つ。日本郵便北海道支社は、オリジナルフレーム切手「雄別炭砿閉山50年~消えたヤマ 消えたレール~」を販売する。全国の炭砿鉄道ファンの皆さん、記念に購入しませんか。 ○販売開始日 11月11日(水)~ ○販売価…
コメント:0

続きを読むread more

「月形町おもいで写真展 2020~ありがとう札沼線~」好評開催中。

今日は、「“月形町おもいで写真展 2020~ありがとう札沼線~”好評開催中」の話題を一つ。旧石狩月形駅舎は、現在、バス待合所として活用しているが、ここを会場に、4月17日にラストランを迎えたJR札沼線の写真展「月形町おもいで写真展 2020~ありがとう札沼線~」を好評開催中である。 ○開催期間 10月5日(月)~11月30日(月…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション793 JR札沼線クリアホルダーAセット4枚組〕

今回紹介するのは、このたびJR函館駅構内のキヨスクで購入した「JR札沼線クリアホルダーA4セット4枚組」(税込600円)である。 ●JR札沼線クリアホルダーAセット4枚組(表) ●JR札沼線クリアホルダーAセット4枚組(裏)
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策】

●函館駅前 ●青函連絡船記念館「摩周丸」① ●青函連絡船記念館「摩周丸」② ●JRイン函館の入り口① ●JRイン函館の入り口② ●JRイン函館のロビーに展示している「ヘッドマーク(はまなす&北斗星&エルム)」① ●JRイン函館のロビーに展示している「ヘッドマーク(はまなす&北斗星&エルム)」② ●JRイン函館のロビーに展示…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅の今〈4〉】

●ホームから見た函館のシンボル「函館山」① ●ホームから見た函館のシンボル「函館山」② ●ホームから見た「JRイン函館」① ●ホームから見た「JRイン函館」② ●函館本線の「普通列車」① ●函館本線の「普通列車」② ●道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ号」① ●道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ号」② ●車止め
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅の今〈3〉】

●留置線の「特急車両」① ●留置線の「特急車両」② ●留置線の「特急車両」③ ●留置線の「特急車両」④ ●留置線の「特急車両」⑤ ●留置線の「特急車両」⑥ ●留置線の「特急車両」⑦ ●留置線の「特急車両」⑧ ●ホームから見た「JR北海道函館支社」 ●ホームから見た「道南いさりび鉄道本社」
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅の今〈2〉】

●発車を待つ札幌行き「特急北斗」① ●発車を待つ札幌行き「特急北斗」② ●発車を待つ札幌行き「特急北斗」③ ●発車を待つ札幌行き「特急北斗」④ ●発車を待つ札幌行き「特急北斗」⑤ ●発車を待つ札幌行き「特急北斗」⑥ ●発車を待つ札幌行き「特急北斗」⑦ ●到着した北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」① ●到着した北…
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅の今〈1〉】

●入口付近 ●改札口付近① ●改札口付近② ●改札口付近③ ●道南いさりび鉄道の「券売機」 ●北海道新幹線の「プラレール」① ●北海道新幹線の「プラレール」② ●ようこそ函館へ ●駅名標他① ●駅名標他② ●駅名標他③ ●駅名標他④ ●駅名標他⑤ ●出発信号① ●出発信号② ●出発信号③ ●ゼロキロポスト…
コメント:0

続きを読むread more

【『はまなす編成』の「特急北斗6号」函館駅到着〈4〉】

●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら① ●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら② ●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら③ ●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら④ ●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら⑤ ●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら⑥ ●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら⑦ ●乗客を歓迎する函館市の観光関係者ら⑧ ●…
コメント:0

続きを読むread more

【『はまなす編成』の「特急北斗6号」函館駅到着〈3〉】

●「特急北斗6号」の〈はまなすラウンジ〉車内① ●「特急北斗6号」の〈はまなすラウンジ〉車内② ●「特急北斗6号」の〈はまなすラウンジ〉車内③ ●「特急北斗6号」の〈はまなすラウンジ〉車内④ ●回送される「特急北斗6号」(夕方の札幌行きまで車両所で待機)① ●回送される「特急北斗6号」(夕方の札幌行きまで車両所で待機)② ●…
コメント:0

続きを読むread more

【『はまなす編成』の「特急北斗6号」函館駅到着〈2〉】

●7番ホームに到着した「特急北斗6号」① ●7番ホームに到着した「特急北斗6号」② ●7番ホームに到着した「特急北斗6号」③ ●7番ホームに到着した「特急北斗6号」④ ●7番ホームに到着した「特急北斗6号」⑤ ●7番ホームに到着した「特急北斗6号」⑥ ●7番ホームに到着した「特急北斗6号」⑦ ●7番ホームに到着した「特急北…
コメント:0

続きを読むread more

【『はまなす編成』の「特急北斗6号」函館駅到着〈1〉】

11月7日(土)、JR北海道としては28年ぶりの観光車両として登場した『はまなす編成』が、函館駅に来るというのでさっそく行ってきた。この『はまなす編成』は、JR北海道が運行するキハ261系1000番台特急気動車がベースで、内外装のデザインや一部設備を変更した5両編成の車両で、先月から〈北海道鉄道140周年記念〉として道内各地で運行されて…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「第10回鉄道中古部品販売」開催。

今日は、「JR北海道、“第10回鉄道中古部品販売”開催」の話題を一つ。JR北海道は、『北の大地を走り抜け、現役を引退した車両を解体した部品を数量限定で発売!』との趣旨で「第10回鉄道中古部品販売」を開催する。全国の鉄道ファンの皆さん、毎回、販売開始直後に完売する貴重な「鉄道中古部品」をゲットしませんか。 ○開催日時 11月12日…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーションのキハ183系特急用ディーゼル気動車「冬囲い」。

今日は、「道の駅あびらD51ステーションのキハ183系特急用ディーゼル気動車“冬囲い”」の話題を一つ。有志でつくる団体・あびら鉄道交流推進協議会は11月3日(火・祝)、安平町追分の道の駅あびらD51ステーション構内に展示しているキハ183系特急用ディーゼル気動車の「冬囲い」作業を行った。このキハ183系特急用ディーゼル気動車は、国鉄時代…
コメント:0

続きを読むread more

函館水産高生が道南いさりび鉄道利用客に「加工品販売」。

今日は、「函館水産高生が道南いさりび鉄道利用客に“加工品販売”」の話題を一つ。道立函館水産高校の3年生5人が11月3日、道南いさりび鉄道の木古内駅待合室で、自ら製造したサバやブリの缶詰などの「加工品販売」をした。これは、同校と道南いさりび鉄道の共同企画で、当日は、鉄道利用客や観光客、地元客らが商品を買い求め、用意した400点が完売した。…
コメント:0

続きを読むread more

キハ183系による「修学旅行団体臨時列車」運転される。

続いては、「キハ183系による“修学旅行団体臨時列車”運転される」の話題を一つ。JR北海道では、キハ183系6両を使用した「修学旅行団体臨時列車」が、“札幌―網走間”で運転された。往路は10月29日(木)に札幌を出発、復路は11月1日(日)に札幌着の行程で、車両前後には、この列車を使用した私立北海高校の校章が〈ヘッドマーク〉として取り付…
コメント:0

続きを読むread more

新得町の「鬼滅無限列車」、動画配信。

続いては、「新得町の“鬼滅無限列車”、動画配信」の話題を一つ。公開中のアニメ映画『鬼滅の刃 無限列車編』の人気で、十勝管内新得町の狩勝高原園地内にあるSL(9600形)を映画に登場する「無限列車」に見立てた動画がインターネット上で話題になっている。これは、9月20日にライトアップされた様子を撮った動画と町内外のアマチュアカメラマン9人の…
コメント:0

続きを読むread more

札幌で「第2青函トンネル案」可能性を議論。

今日は、「札幌で“第2青函トンネル案”可能性を議論」の話題を一つ。本州と北海道を海底で結ぶ「第2青函トンネル」の可能性を探るシンポジウムが11月2日、札幌市内で開かれ、新たに提示された「第2青函トンネル案」などに対し関係者約70人が理解を深めた。今回は、建設会社などでつくる日本プロジェクト産業協議会の担当者が『津軽海峡トンネルプロジェク…
コメント:2

続きを読むread more