苦境のJR北海道に小学生がプラカードで「エール」。

今日は、「苦境のJR北海道に小学生がプラカードで“エール”」の話題を一つ。新型コロナウイルスの影響で乗客が減り苦境にあるJR北海道を応援しようと、地元を走る函館本線の列車に毎日、「エール」を送る少年がいる。この少年は、後志管内蘭越町昆布小学校3年生の小成君で、まだ空も明るくなりきらない午前7時前、小成君は1人で昆布駅近くの踏切に立ち、列車が近づくと『コロナに負けるな!JR北海道』と書いた手製のプラカードを、列車からよく見えるように掲げている。ちなみに、この時間帯の上下線2本に「エール」を送るのを日課にして約1カ月、雨の日も風の日も休まず続けているという。

●『コロナに負けるな!JR北海道』と書いたプラカードを毎日掲げる小成君PC070584.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント