道南いさりび鉄道・茂辺地駅待合室に「お正月飾り」。

今日は、「道南いさりび鉄道・茂辺地駅待合室に“お正月飾り”」の話題を一つ。道南いさりび鉄道の茂辺地駅では例年、冬期除雪スタッフの皆さんが「お正月飾り」を駅待合室に飾っている。これは、JR北海道が当社線を運営している頃から代々続いており、茂辺地駅を利用される皆さんに喜んでもらうと同時に、利用客が増えることを祈って始めたという。また、茂辺地…
コメント:0

続きを読むread more

今年も「JR宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド」参加者募集中。

今日は、「今年も“JR宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド”参加者募集中」の話題を一つ。名寄市にあるなよろサンピラーユースホステルでは、全国の鉄道ファンに大人気の「JR宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド」の参加者を今年も募集している。DE15形ラッセル車が雪を蹴散らしながら北海道の大地を駆け抜けるその姿を間近で見るのはとても迫力がある…
コメント:0

続きを読むread more

411 国鉄石北本線・3重連貨物列車の先頭車「D51形蒸気機関車157号機」。

昭和46年3月に、国鉄石北本線の3重連貨物列車の先頭車として活躍した「D51形蒸気機関車157号機」は、昭和14年2月に日本車輛名古屋工場で製造され、すぐに北海道に渡り札幌局の追分機関区に配置された。その後、追分機関区―遠軽機関区―北見機関区と転属し、昭和48年9月に廃車となった。そして翌昭和49年1月に、国鉄旭川鉄道管理局長と上川町長…
コメント:0

続きを読むread more

JR日高本線“鵡川―様似間”の転換バスに「2社運行申請」。

続いては、「JR日高本線・鵡川―様似間の転換バスに“2社運行申請”」の話題を一つ。JR日高本線“鵡川―様似間”(116㌔)の廃止に伴い来年4月から運行予定の転換バスに事業者「2社」が北海道運輸局室蘭運輸支局に運行の認可申請を行った。国土交通省によると、116㌔は鉄道事業法改正で路線廃止が届け出制になった2000年以降、JR旅客6社でも最…
コメント:0

続きを読むread more

政府、JR北海道に「1302億円」の支援発表。

続いては、「政府、JR北海道に“1302億円”の支援発表」の話題を一つ。赤羽国土交通相は12月25日の閣議後の会見で、JR北海道に2021度からの3年間で総額「1302億円」の支援を行うことを正式に発表した。また、JR北海道が単独での維持が困難とする赤字の8区間の支援金は、北海道などとの協議が継続中のため、計上を見送った。 ●札幌…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「北海道新幹線を使った貨客混載輸送の事業化に向けた進捗状況について」公表。

今日は、「JR北海道“北海道新幹線を使った貨客混載輸送の事業化に向けた進捗状況ついて”公表」の話題を一つ。JR北海道では、佐川急便株式会社と「北海道新幹線を使った貨客混載輸送」の検討を行っているいるが、このたび、事業化に向けた進捗状況について公表した。 〈北海道新幹線を使った貨客混載輸送の概要〉 ○北海道新幹線を使った貨客混載輸…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「特急ライラック旭山動物園号に乗って旭山動物園へ行こう!キャンペーン」実施。

続いては、「JR北海道“特急ライラック旭山動物園号に乗って旭山動物園へ行こう!キャンペーン”実施」の話題を一つ。JR北海道は、旭山動物園とのタイアップ企画として「特急旭山動物園号に乗って旭山動物園へ行こう!キャンペーン」を実施する。 〔特急「ライラック旭山動物園号」運転概要〕 ○運転日 2021年1月9日(土)~2月28日(日…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「冬のひがし北海道キャンペーン」実施。

今日は、「JR北海道“冬のひがし北海道キャンペーン”実施」の話題を一つ。JR北海道では、白銀の釧路湿原の中を駆け抜ける〈SL冬の湿原号〉と、車窓からオホーツク海の景色を楽しめる〈流氷物語号〉を運転、また、観光地や宿泊施設のアクセスに便利な〈ひがし北海道エクスプレスバス〉と列車を組み合わせた旅行商品“冬のひがし北海道周遊紀行”を発売する「…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション801〈大型ポスター縮小写真〉国鉄石北本線の3重連(A4サイズ4枚セット)〕

今回紹介するのは、〈大型ポスター縮小写真〉の「国鉄石北本線の3重連」(A4サイズ4枚セット)である。この〈大型ポスター〉は、毎日新聞社から刊行された『栄光への蒸気機関車』の付録で、写真は、当時としても非常に珍しかった昭和46年3月撮影の国鉄石北本線の“生田原―常紋信号場間”を走行するD51形蒸気機関車2両+9600形蒸気機関車1両の3重…
コメント:0

続きを読むread more

釧路製作所のSL8722号「イルミネーション点灯」開始。

今日は、「釧路製作所のSL8722号“イルミネーション点灯”開始」の話題を一つ。釧路市内にある釧路製作所は12月21日、敷地内で保存している蒸気機関車SL8722号の「イルミネーション点灯」を開始した。このSL8722号は、50年前に閉山した雄別炭鉱で石炭運搬に活躍した蒸気機関車で、経済産業省から“近代化産業遺産”に指定されていて、平成…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道のダイヤ改正で「北海道新幹線3本1分短縮」。

続いては、「JR北海道のダイヤ改正で“北海道新幹線3本1分短縮”」の話題を一つ。JR北海道は12月18日、2021年3月13日にダイヤを改正し、「北海道新幹線」の“東京―新函館北斗間”の1日13往復のうち、新函館北斗着2本・東京着1本の所要時間を「1分短縮」し3時間57分で運行すると発表した。 ●来年3月のダイヤ改正で1分速くなる…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の10月の乗客、「前年比1割減」まで回復。

今日は、「函館市電の10月の乗客、“前年比1割減”まで回復」の話題を一つ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で乗客数の大幅減少が続いていた函館市電は10月、前年同期比が12%減の43万5000人と例年並みまで回復した。これは、同70%減と大きく下がった5月以降は緩やかに上昇傾向だったが、国のGoToトラベルの利用による観光客や修学旅行の増…
コメント:0

続きを読むread more

銚子電鉄の映画「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」札幌で上映。

続いては、「銚子電鉄の映画“電車を止めるな!~のろいの6.4㎞~”札幌で上映」の話題を一つ。銚子電気鉄道は12月11日、同社が制作した映画「電車を止めるな!~のろいの6.4㎞~」の来年1月の上映スケジュールを発表した。目玉は北海道初上陸で、1月19日(火)・23日(土)・24日(日)の3日間、札幌市内のサツゲキで上映されるという。この映…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の「新千歳空港駅スルー化」に高まる期待。

今日は、「JR北海道の“新千歳空港駅スルー化”に高まる期待」の話題を一つ。JR新千歳空港駅を道南・道東方面の路線と直結させる「スルー化事業」の調査費が2021年度北海道開発予算案に計上されるか、道や経済界などが注視している。それは、「スルー化」により空港アクセスの利便性が高まり、JR利用者の増加を見込めるからだ。ただ、国土交通省内には巨…
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「キハ261系5000番台はまなす」(5両セット)販売。

続いては、「トミーテック、トミックスNゲージ“キハ261系5000番台はまなす”(5両セット)販売」の話題を一つ。トミーテックは、トミックスのNゲージ「JRキハ261-5000系特急ディーゼルカー(はまなす)5両セット」を販売する。キハ261系はJR北海道の特急形ディーゼルカーで、平成18年に登場した1000番台は現在も増備が行われ、主…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道地域応援隊、一部の駅および車両に「クリスマス装飾」を実施。

続いては、「道南いさりび鉄道地域応援隊、一部の駅および車両に“クリスマス装飾”を実施」の話題を一つ。道南いさりび鉄道地域応援隊では、クリスマスの時期に合わせ、利用客のおもてなしとして、一部の駅待合室や車両に「クリスマス装飾」を実施する。 ○実施期間 12月28日(月)まで ○実施個所 〈駅待合室〉木古内駅・上磯駅・五稜郭駅売…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道・札苅駅で「ライトアップ&イルミネーション」実施。

続いては、「道南いさりび鉄道・札苅駅で“ライトアップ&イルミネーション”実施」の話題を一つ。道南いさりび鉄道の沿線にある札苅町内会では、夜景列車や観光列車の乗客のおもてなしとして、札苅駅で「ライトアップ&イルミネーション」を実施する。 ○実施日程 12月18日(金)・19日(土)・20日(日)~25日(金)まで ○実施時間 …
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「ササラ電車」今冬初出動。

今日は、「函館市電の“ササラ電車”今冬初出動」の話題を一つ。北海道付近が冬型の気圧配置となった影響で、12月15日の渡島・桧山地方は冷え込みが厳しくなり断続的な雪となった。この影響で函館空港発着の航空便で欠航が出たほか、函館市電では除雪専用車両「ササラ電車」が今冬初出動した。函館市電は午後4時ごろから各電車に遅れが出たことで、「ササラ電…
コメント:0

続きを読むread more

〔購入した「2021年鉄道カレンダー」〈7〉〕

今回購入した「鉄道カレンダー」は、岩見沢市のアートマシュウから発売された「SLカレンダー2021年~現役時代の蒸気機関車(安平町追分)~」(税込1000円・見開きA3サイズ・月めくり12枚)である。 ●「SLカレンダー2021年~現役時代の蒸気機関車(安平町追分)~」(表紙) ●「SLカレンダー2021年~現役時代の蒸気機関車(…
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅で「北海道新幹線5周年記念パネル展」好評開催中。

今日は、「JR札幌駅で“北海道新幹線5周年記念パネル展”好評開催中」の話題を一つ。北海道新幹線(新函館北斗―新青森間)は、来年の3月26日に開業5周年を迎える。JR北海道では、北海道新幹線の魅力を伝えるため「北海道新幹線5周年記念パネル展」を好評開催中である。 ○開催期間 2021年3月中旬まで ○開催場所 JR札幌駅 西コ…
コメント:0

続きを読むread more

日本郵政北海道支社、オリジナルフレーム切手「北海道 美深町駅物語」を今日から販売。

今日は、「日本郵便北海道支社、オリジナルフレーム切手“北海道 美深町駅物語”を今日から販売」の話題を一つ。日本郵便北海道支社は、オリジナルフレーム切手「北海道 美深町駅物語」を今日から販売する。 ○販売開始日 12月14(月)~ ○販売額 1セット1570円 ○販売数 300シート ○セット内容 美深町内の豊清水・恩…
コメント:0

続きを読むread more

〔購入した「2021年鉄道カレンダー」〈6〉〕

今回購入した「鉄道カレンダー」は、函館市企業局交通部から発売された「函館の路面電車〈壁掛けタイプ(税込1320円)&卓上タイプ(税込550円)〉」である。 ●函館の路面電車〈壁掛けタイプ&卓上タイプ〉(表紙) ●函館の路面電車〈壁掛けタイプ&卓上タイプ〉(裏表紙)
コメント:0

続きを読むread more

〔購入した「2021年鉄道カレンダー」〈5〉〕

今回購入した「鉄道カレンダー」は、交通新聞社から発売された「鉄道カレンダーシリーズ~時代を駆け抜けた 栄光の名列車 2021~」(税抜1400円)である。 ●「鉄道カレンダーシリーズ~時代を駆け抜けた 栄光の名列車 2021~」(表紙) ●「鉄道カレンダーシリーズ~時代を駆け抜けた 栄光の名列車 2021~」(裏表紙)
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の「夜景列車」今季初運行。

今日は、「道南いさりび鉄道の“夜景列車”今季初運行」の話題を一つ。道南いさりび鉄道は12月12日、車内の明かりを暗くして車窓からの夜景を楽しむ「夜行列車」を今季初運行した。この「夜行列車」は、平成28年から毎年運行していて、今年は、25日までの計9日間に午後4時24分函館発木古内行きで実施、“上磯―木古内”の29㌔区間で、2両編成の2両…
コメント:0

続きを読むread more

釧路市立博物館、今日から企画展「雄別炭砿閉山50年~雄別・尺別・上茶路~」開催。

続いては、「釧路市立博物館、今日から企画展“雄別炭砿閉山50年~雄別・尺別・上茶路~”開催」の話題を一つ。釧路市立博物館では、今日から企画展「雄別炭砿閉山50年~雄別・尺別・上茶路~」を開催する。太平洋炭砿とともに、釧路炭田の有力炭鉱だった雄別炭砿(雄別・尺別・上茶路)。そこには、多くの炭鉱マン・鉄道マンの仕事、その家族の暮らしがあった…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「ローカル鉄道に乗ってふらり旅」好評開催中。

今日は、「道南いさりび鉄道“ローカル鉄道に乗ってふらり旅”好評開催中」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、鉄道と沿線の魅力をパネルやパンフレットなどでPRする展示会「ローカル鉄道に乗ってふらり旅」を好評開催中である。これは、道南いさりび鉄道の利用を促進しようと同社が企画、北斗市や木古内町などの沿線地域の観光をPRするパネルを展示している…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「2020年度 年末年始期間の指定席予約状況」発表。

続いては、「JR北海道“2020年度 年末年始期間の指定席予約状況”発表」の話題を一つ。JR北海道は12月10日、「2020年度 年末年始期間の指定席予約状況」を発表した。これによると、新型コロナウイルス感染症の影響により、各方面・各日ともに予約状況は大幅に前年を下回っているという。 〈2020年度 年末年始期間〉 12月25日…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道・来春のダイヤ見直しで「駅の廃止(18駅)&自治体による維持管理に移行する駅(18駅)&駅の無人化(1駅…

続いては、「JR北海道・来春のダイヤ見直しで“駅の廃止(18駅)&自治体による維持管理に移行する駅(18駅)&駅の無人化(1駅)”実施」の話題を一つ。JR北海道は来春のダイヤ見直しにより、「駅の廃止(18駅)」等を実施する。 〈駅の廃止〉(18駅) ○函館本線 1駅:伊納駅 ○宗谷本線12駅:南比布駅・北比布駅・東六線駅・北剣…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「来春のダイヤ見直し」発表。

続いては、「JR北海道“来春のダイヤ見直し”発表」の話題を一つ。JR北海道は12月9日、「来春のダイヤ見直し」を発表した。これによる経費節減額は、年間約6.2億円(内訳は、減便・減車など年間約5.7億円、駅の見直し年間約0.5億円)である。なお、詳細についてはJR北海道のホームページを参照のこと。 〔見直しにより目指すもの〕 ○…
コメント:0

続きを読むread more

室蘭署は「列車行先標(サボ)」窃盗容疑の男を追送検。

続いては、「室蘭署は“列車行先標(サボ)”窃盗容疑の男を追送検」のニュースについて。室蘭署は12月10日、列車に掲げられている「行先標(サボ)」を盗んだとして、窃盗の疑いで50代の会社員を追送検した。送検容疑は9月から11月にかけて、札幌市内などを走行中のJR北海道の列車に設置されていた「行先標(サボ)」4枚を、また、JR室蘭本線を走行…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線の無人駅で「駅名標盗難」続出。

続いては、「JR宗谷本線の無人駅で“駅名標盗難”続出」のニュースについて。JR北海道の来春のダイヤ改正で廃止が決まった上川管内比布町のJR宗谷本線・南比布駅と北比布駅で、「駅名標」が盗まれていたがわかった。この両駅は無人駅で、南比布駅では2点、北比布駅では1点が無くなっていた。比布町では、両駅廃止後にこの「駅名標」を譲り受けて町の郷土資…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の「鉄道中古部品販売」盛況のうち終了。

今日は、「JR北海道の“鉄道中古部品販売”盛況のうち終了」の話題を一つ。全国の鉄道ファンに大好評の、JR北海道の「鉄道中古部品販売」が12月10日(木)、正午から開始され、今回も盛況のうち終了した。この「鉄道中古部品販売」も、今回で11回目を迎え、毎回、北の大地を走り抜け、現役を引退したJR北海道車両を解体した部品をインターネットで販売…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線「開業5周年PR」に苦慮。

続いては、「北海道新幹線“開業5周年PR”に苦慮」の話題を一つ。新型コロナウイルスの感染急拡大で、来年3月26日に「開業5周年」を迎える北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)の「PR」が停滞している。JR北海道は今月から、需要喚起に向けたキャンペーンを始めたが、札幌で外出自粛が要請されるなど鉄道の利用を呼びかけづらい状況だからだ。北海道新…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線で一晩に「鹿」と6回衝突。

今日は、「JR宗谷本線で一晩に“鹿”と6回衝突」の話題を一つ。JR宗谷本線で12月9日夜、特急宗谷と普通列車が、一晩で計6回、「鹿」と衝突するトラブルがあった。JR北海道旭川支社によると、走行に支障はなく、けが人もいなかったものの、特急宗谷に84分、普通列車に21分の遅れが出た。同社によると『二つの列車が複数回衝突し、大きな遅れになるの…
コメント:1

続きを読むread more

【師走の「摩周丸」〈1〉】

12月9日(水)、鉄道カレンダーや青函連絡船の本を買うため、師走の函館市青函連絡船記念館摩周丸売店に行ってきた。館内には入らなかったが、新型コロナウイルスの影響や平日のせいか、ほとんど入館者はいなかった。 ●記念館摩周丸リーフレット ●記念館摩周丸子供用リーフレット ●記念館摩周丸① ●記念館摩周丸② ●記念館摩周丸③ …
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本37〉青函連絡船遭難体験記録~復刻・台風との斗い~。

今回紹介する本は、洞爺丸海難事故当日にあたる今年の9月26日に函館市のNPO法人語りつぐ青函連絡船の会が発行した「青函連絡船遭難体験記録~復刻・台風との斗い~」(定価税込2000円・A5判262ページ)である。この本は、昭和29年9月26日に洞爺丸など国鉄青函連絡船5隻が沈没した遭難事故について、乗組員が体験を記した「台風との斗い」を事…
コメント:0

続きを読むread more

〔購入した「2021年鉄道カレンダー」〈3〉〕

今回購入した「鉄道カレンダー」は、函館市青函連絡船記念館摩周丸の売店から購入した「道南いさりび鉄道オリジナルカレンダー2021」(壁掛けタイプ&卓上タイプ・各税込700円)である。 ●購入した「函館市青函連絡船記念館摩周丸売店」 ●「道南いさりび鉄道オリジナルカレンダー2021」(壁掛けタイプ&卓上タイプ)
コメント:0

続きを読むread more

410 函館中央埠頭からの国鉄貨物引込線の移り変わり。

国鉄貨物全盛期の頃は、全国各地の駅には引込線が数多く存在したが、現在は、そのほとんどが廃止されている。函館も例外ではなく、昭和40年代には、函館駅を中心に数多くの引込線があった。その中の一つに、函館中央埠頭からの引込線があったが、もちろん現在は廃止され、かろうじて、その痕跡がわかる程度である。以前、久しぶりにここに行ってきたので、昔の写…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の「降雪期対策(分岐路ポイント不転換&車輪とブレーキの凍結による傷等)」。

今日は、「JR北海道の“降雪期対策(分岐路ポイント不転換&ブレーキの凍結による傷等)”」の話題を一つ。JR北海道では、「降雪期対策」として、「分岐路ポイント不転換&車輪とブレーキの凍結による傷等」について、対策を打っている。まず〈ポイント部分〉では、降雪地のポイントには、列車の通過前や通須後に進路を変更するためポイントを転換するさい、氷…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション800〈国鉄鷹取工場〉義経号動態復元工事完成記念プレート(台座付き)〕

今回紹介するのは、〈国鉄鷹取工場〉が昭和27年に「義経号」を動態保存機として復元したのを記念して作られた「記念プレート」(台座付き)である。この「義経号」は、明治13年に米国から輸入され、北海道で最初の鉄道、日本では3番目の鉄道・幌内鉄道で走った機関車である。煙突の一部が大きく膨らみ、先頭部には〈カウキャッチャー〉と呼ばれる牛よけの部品…
コメント:0

続きを読むread more

苦境のJR北海道に小学生がプラカードで「エール」。

今日は、「苦境のJR北海道に小学生がプラカードで“エール”」の話題を一つ。新型コロナウイルスの影響で乗客が減り苦境にあるJR北海道を応援しようと、地元を走る函館本線の列車に毎日、「エール」を送る少年がいる。この少年は、後志管内蘭越町昆布小学校3年生の小成君で、まだ空も明るくなりきらない午前7時前、小成君は1人で昆布駅近くの踏切に立ち、列…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション799〈実物大レプリカ区名札〉国鉄長万部機関区〕

今回紹介するのは、「国鉄長万部機関区」の〈実物大レプリカ区名札〉である。この「国鉄長万部機関区」は、昭和3年9月10日、長輪線(のちの室蘭本線)の統合により黒松内機関庫長万部分庫が設置され、昭和7年6月15日に長万部機関分庫が「長万部機関区」となった。その後、昭和60年3月14日に五稜郭貨車区長万部支区と長万部機関区が統合し、長万部運転…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の過酷な「人力除雪」。

続いては、「JR北海道の過酷な“人力除雪”」の話題を一つ。東京でも真冬並みの気温を記録した昨今、北の大地北海道では本格的な冬に向け、JR北海道の作業員たちが「人力」による除雪作業を始める。これについてJR北海道では『降雪量も多く、厳寒地の北海道では、機械設備による除雪作業のほか、さまざまな作業を人力で行わなければ、冬季の安全な運行を確保…
コメント:0

続きを読むread more

冬の線路を守るJR北海道の「最新型除雪車たち」。

続いては、「冬の線路を守るJR北海道の“最新型除雪車たち”」の話題を一つ。JR北海道では、線路上に積もった雪は、除雪車を走らせて除雪する。その車両たちも多彩で、今年度は、在来線用を4台更新し、128台の除雪車両で効率的な除雪計画をもとに安定輸送を確保するという。 〈在来線の除雪作業〉 ○排雪モータカー ○ラッセルモータカー …
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、来年2月までに「ツインクルプラザ6店舗閉店&旅行商品電話販売終了」。

今日は、「JR北海道、来年2月までに“ツインクルプラザ6店舗閉店&旅行商品電話販売終了”」の話題を一つ。JR北海道では、各種旅行商品等のインターネット販売への急速な移行等の事業環境変化により旅行店舗の販売額が年々減少しているのに加え、新型コロナウイルスの影響により今年度の販売額が大きく減少したため、来年2月までに「ツインクルプラザ6店舗…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション798〈エッチングスタイルSL画集〉日本の鉄道100周年記念画集~思い出の名機関車(15点)&鉄…

今回紹介するのは、昭和47年9月10日に日本リーダースダイジェスト社から発行された〈エッチングスタイルSL画集〉の「日本の鉄道100周年記念画集~思い出の名機関車(15点)&鉄道100年のあゆみ(小冊子)~」である。このSL画集は、細密エングレービング版画の第一人者である前田浩利氏が昭和45年5月に47部限定で出版した『日本の名蒸気機関…
コメント:0

続きを読むread more

〔購入した「2021年鉄道カレンダー」〈2〉〕

今回購入した「鉄道カレンダー」は、夕張市の三菱大夕張鉄道保存会から購入した『2021年オリジナルカレンダー~鉄路の終焉・夕張支線~夕張支線を走ったキハ40』(500円)である。 ●三菱大夕張鉄道保存会から購入した「2021年オリジナルカレンダー~鉄路の終焉・夕張支線~夕張支線を走ったキハ40」
コメント:0

続きを読むread more

〔購入した「2021年鉄道カレンダー」〈1〉〕

今回紹介する「鉄道カレンダー」は、安平町の道の駅あびらD51ステーションから購入した『2021カレンダー~道の駅あびらD51ステーション~』(100部限定・1320円)である。 ●道の駅あびらD51ステーションから購入した「2021カレンダー」
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「冬期の取り組み」を公表。

続いては、「JR北海道“冬期の取り組み”を公表」の話題を一つ。JR北海道では、北海道の厳しい冬にも安心して利用してもらうため、毎年さまざまな「取り組み」を行っているが、今年もその「取り組み」を公表した。 〔冬期の安全対策について〕 〇人力による除雪作業 ・駅構内のポイント除雪作業 ・在来線踏切のJR北海道 ・車両に付着した…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「令和2年度第2四半期アクションプラン取組状況」を公表。

続いては、「JR北海道“令和2年度第2四半期アクションプラン取組状況”を公表」の話題を一つ。JR北海道はこのたび、「令和2年度第2四半期アクションプラン取組状況」を公表した。第2四半期(7月~9月)は、新型コロナウイルスの影響で地域のみんなが計画されていた各種イベントが中止または延期となり、アクションプランの取り組みも多くを中止せざるを…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「夜景列車」今年も運行。

続いては、「道南いさりび鉄道“夜景列車”今年も運行」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では例年大好評の「夜景列車」を、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を止めるとの願いを込めて運行するという。全国の鉄道ファンの皆さん、懐かしい「夜行列車」の雰囲気を感染予防対策を万全にして乗りに来ませんか。 ○運行日 12月12日(土)・13日(日)…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「旧小樽駅長室」を特別公開。

続いては、「JR北海道“旧小樽駅長室”を特別公開」の話題を一つ。JR北海道は11月28日(土)と29日(日)の両日、小樽駅4番ホームにある「旧駅長室」を特別公開した。これは、道内初の鉄道、旧幌内鉄道が小樽市の“手宮―札幌間”に開通して今年で140年となることを記念する事業の一環で、来場者は普段は公開されていない内部を興味深そうに眺めてい…
コメント:0

続きを読むread more

北海道鉄道活性化協議会「JR利用促進インターネット発信」始める。

続いては、「北海道鉄道活性化協議会“JR利用促進インターネット発信”始める」の話題を一つ。JR北海道の利用促進に取り組む北海道鉄道活性化協議会が、新型コロナウイルの影響でPRイベントなどを開催できないため、「インターネット発信」に力を入れている。このたび、鉄道の魅力を伝える専用サイトを新設し、沿線住民らによる応援動画の公開も始めた。なお…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の「ながまれ海峡号Xmasトレイン」ツアー参加者募集中。

今日は、「道南いさりび鉄道の“ながまれ海峡号Xmasトレイン”ツアー参加者募集中」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、毎年観光客に大人気の観光列車・ながまれ海峡号の車内にクリスマスの飾り付けをした「ながまれ海峡号Xmasトレイン」のツアー参加者を募集している。 ○運行日 12月19日(土) ○日程 JR函館駅15:20集合・…
コメント:0

続きを読むread more

三菱大夕張鉄道保存会「2021年オリジナルカレンダー」好評販売中。

続いては、「三菱大夕張鉄道保存会“2021年オリジナルカレンダー”好評販売中」の話題を一つ。夕張市にある三菱大夕張鉄道保存会では、毎年全国の鉄道ファンに大人気の「オリジナルカレンダー」を今年も好評販売中である。 〈通信版売〉 ○販売価格 1部税込500円 ○申込方法 購入希望者は、1部500円分の受取人無記名の定額小為替と…
コメント:0

続きを読むread more

全国鉄道事業者共同で「暴力行為防止PRポスター」、全国の駅構内や列車内に掲出。

続いては、「全国鉄道事業者共同で“暴力行為防止PRポスター”、全国の駅構内や列車内に掲出」の話題を一つ。全国の鉄道事業者は共同で、「暴力行為防止PRポスター」を、全国の駅や列車内に掲出する。この取り組みは、駅や列車内における駅係員や乗務員等の鉄道係員への暴力行為や、客同士のトラブルによる暴力行為に対し、各鉄道事業者が連携して、防止を呼び…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーションで「2021年オリジナルカレンダー」好評販売中。

今日は、「道の駅あびらD51ステーションで“2021年オリジナルカレンダー”好評販売中」の話題を一つ。安平町の道の駅あびらD51ステーションでは、昨年大好評だった「オリジナルカレンダー」を今年も100部限定で好評販売中である。デザインは、道の駅マスコットキャラクターの〈キハくん&デゴイチせんぱい〉と安平町の観光スポットや懐かしの鉄道写真…
コメント:0

続きを読むread more