観光列車「SL冬の湿原号」試運転。

続いては、「観光列車“SL冬の湿原号”試運転」の話題を一つ。JR北海道唯一のSL・C11形蒸気機関車171号機が牽引し、全国の観光客に大人気の観光列車「SL冬の湿原号」が、1月23日の今季の運転初日を迎えるのを前に、20日、本番と同じ“釧路―標茶間”で試運転が行われた。この試運転は、蒸気機関車の整備状況の確認や乗務員の訓練などを目的に毎年行われており、この日は、熱心な鉄道ファンがカメラ片手に撮影スポットに集まっていた。なお、例年行っている初日の出発式は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で行わないという。ちなみに今季の運転は、2月28日までの週末を中心とした計21日間で、1日1往復、全席指定席で予約が必要、料金は乗車券と指定席券で片道2130円、全国のみどりの窓口やインターネット等で販売している。

●観光列車「SL冬の湿原号」の試運転P1212616.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント