「レトロゲーム」、JR北海道の観光列車盛り上げに一役買う。

今日は、「“レトロゲーム”、JR北海道の観光列車盛り上げに一役買う」の話題を一つ。釧網本線の“網走―知床斜里間”を結ぶJR北海道の季節列車・流氷物語号の運行が2月28日で終了する。今季は、昭和50年代後半にファミコンソフトでブームになった推理アドベンチャーゲーム「オホーツクに消ゆ」とのコラボ企画を初めて実施し、盛り上げに一役買っている。鉄道ファンらは、原作者に頼んで流氷物語号でのイラストなどの使用許可をもらい、JR北海道もコロナ禍で観光列車の集客が厳しい中、このコラボ企画を歓迎し、列車内でのオリジナルグッズ販売やゲームの登場人物らが描かれたヘッドマークを列車に装着することになった。

●推理アドベンチャーゲーム「オホーツクに消ゆ」の「ヘッドマーク&サボ」のイメージP2260151.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント