「青函共用走行区間保守工事」に伴う北海道・東北新幹線の運休について。

今日は、「“青函共用走行区間保守工事”に伴う北海道新幹線の運休について」の話題を一つ。JR北海道とJR東日本は、「青函共用走行区間」(青函トンネル含む)において、設備の交換や更新を進めるため保守作業時間を拡大して工事を実施する。なお、7月以降の計画については、詳細が決まり次第お知らせするという。

※「青函共用走行区間」とは?
北海道新幹線の“新青森―新函館北斗間”の約149㎞のうち、青函トンネルを含む約82㎞の区間が〈三線軌条〉という特別な線路構造になっており、新幹線と在来線貨物列車が同一の線路を走行する「共用走行区間」となっている。

○計画運休期間
5月9日(日)~6月27日(日)までの毎週日曜日に最終の新幹線を計画運休する(全8日間)
○運休区間
新函館北斗駅―新青森駅間
○運休列車
・「はやぶさ43号」は、行先を新青森駅に変更して運転
・「はやて100号」は、全区間運休

●「青函共用走行区間で最終の新幹線を計画的に運休して実施する工事」の概要P3130238.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント