小樽市総合博物館で、屋外展示車両の「シート外し体験作業」行われる。

今日は、「小樽市総合博物館で、屋外展示車両の“シート外し体験作業”行われる」の話題を一つ。本格的な観光シーズンを前に小樽市総合博物館で4月17日、屋外に展示している鉄道車両の「シート外し体験作業」が行われた。屋外に展示されている28両の車両は、雪の重みによる破損や錆を防ぐため、毎年11月から防雪シートで覆っている。当日は、博物館職員やシート外し体験作業に参加した約10人が小雨がぱらつく中、C55形蒸気機関車やキハ28形気動車、DD51形ディーゼル機関車など計11両を覆う縦9㍍×横7㍍のシートを手作業で外した。ちなみに、入館料を払えば外観は自由に見ることはできるが、例年4月下旬から車両内部を公開しているが、今年は、コロナ禍で公開時期は未定とのことである。

●小雨のぱらつく中行われた「シート外し体験作業」P4210447.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント