JR北海道、「花たび そうや号の“おもてなし”」をお届け。

続いては、「JR北海道、“花たび そうや号”のおもてなし”をお届け」の話題を一つ。いよいよ5月14日(土)から「花たび そうや号」が運転を開始される。過去2年、待ちに待った列車で、JR北海道では、沿線地域の皆さまとともに、“おもてなし”をお届けするという。 〈「花たび そうや号」車内での取り組み〉 車掌による「乗車証明書」の配布…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「旭山動物園×JR北海道タイアップ企画~JRに乗って春の旭山動物園へ!~」実施。

続いては、「JR北海道、“旭山動物園×JR北海道タイアップ企画~JRに乗って春の旭山動物園へ!”実施」の話題を一つ。旭山動物園では、4月29日(金・祝)の夏期開園にあわせ、新施設・えぞひぐま館がオープン、今回、旭山動物園×JR北海道のタイアップ企画として、「JRに乗って春の旭山動物園へ!」を実施するという。 〈旭山動物園・坂東園長…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「北の大地の入場券を集めよう!~目指せ!完全制覇賞2022~」の実施について。

続いては、「JR北海道、“北の大地の入場券を集めよう!~目指せ!完全制覇賞2022~”の実施について」の話題を一つ。JR北海道では、鉄道で北海道各地を巡る旅行を楽しんでいただく企画の第1弾として、「北の大地の入場券を集めよう!~目指せ!完全制覇賞2022~」を実施するという。全国の鉄道ファンの皆さん、全82駅(94種)を完全制覇して、北…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「鉄道150年記念お子さまグッズセット」限定発売。

今日は、「道南いさりび鉄道“鉄道150年記念お子さまグッズセット”限定発売」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、このたび、鉄道150年記念としてお子さまたちに気軽に利用いただきたい商品を揃えたお子さま向けグッズセット「鉄道150年記念お子さまグッズセット」を限定発売するという。全国の鉄道ファンのお父さん方、お子さまにいかがですか。 …
コメント:0

続きを読むread more

室蘭市の保存蒸気機関車・D51形蒸気機関車560号機整備の参加者に「D51ミガキ隊隊員証」配布。

今日は、「室蘭市の保存蒸気機関車・D51形蒸気機関車560号機整備の参加者に“D51ミガキ隊隊員証”配布」の話題を一つ。室蘭市が保存している蒸気機関車・D51形蒸気機関車560号機のメンテナンスが4月26日行われ、参加者には新たにボランティア団体の「D51ミガキ隊隊員証」が配られた。室蘭市は、かつて、道内の炭鉱から室蘭港に石炭を運んでい…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「501号」(旧アミューズメントトラム・通称カラオケ電車)、運行再開。

続いては、「函館市電の“501号”(旧アミューズメントトラム・通称カラオケ電車)、運行再開」の話題を一つ。外装を塗り替えカラオケ設備を外すなど改修作業を行っていた函館市電の「「501号」(旧アミューズメントトラム・通称カラオケ電車)は、4月29日(金・祝)より貸切専用車両として運行を再開するという。 ○予約方法 運行日の7日前ま…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「箱館ハイカラ號」、観光客らにPRのため乗客なしで5月4日運行。

今日は、「函館市電の“箱館ハイカラ號”、観光客らにPRのため乗客なしで5月4日運行」の話題を一つ。。函館市企業局交通部では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で定期運行が延期されている「箱館ハイカラ號」を5月4日(水・祝)に客を乗せずに市内を走らせるという。この「箱館ハイカラ號」の車両は、明治43年に造られた車両で、現在、函館市電を走る旅…
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館で「歴史体感プログラム~アイアンホース号新客車編成お披露目~」開催。

続いては、「小樽市総合博物館で“歴史体感プログラム~アイアンホース号新客車編成お披露目~”開催」の話題を一つ。小樽市総合博物館では、明治期の貨客混合をイメージした新しい客車編成での運行開始セレモニー「歴史体感プログラム~アイアンホース号新客車編成お披露目~」を開催する。 ○開催日 4月29日(金・祝) ○開催時間 11:00…
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館で「歴史体感プログラム~明治の客車に乗ろう~」開催。

続いては、「小樽市総合博物館で“歴史体感プログラム~明治の客車に乗ろう~”開催」の話題を一つ。小樽市総合博物館では、明治時代の蒸気機関車・アイアンホース号が牽引する貨客混合列車の体験乗車ができる「歴史体感プログラム~明治の客車に乗ろう~」を開催するという。 ○開催期間 4月29日(金・祝)~30日(土)の2日間 ○開催時間 …
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館で、屋外展示車両の「シートはずし体験」実施。

続いては、「小樽市総合博物館で、屋外展示車両の“シーとはずし体験”実施」の話題を一つ。小樽市総合博物館では、4月16日(土)・17日(日)の両日、屋外展示車両を雪や凍れから守ってきたシートをはずす「シートはずし体験」が希望者参加のもと実施された。 ●屋外展示車両の「シートはずし体験」の様子
コメント:0

続きを読むread more

安平町の道の駅あびらD51ステーションで「開業3周年まつり」開催。

続いては、「安平町の道の駅あびらD51ステーションで“開業3周年まつり”開催」の話題を一つ。全国の鉄道ファンに大人気の安平町の道の駅あびらD51ステーションでは、日頃の感謝の気持ちをこめて「開業3周年まつり」を開催するという。 ○開催期間 4月29日(金・祝)~5月8日(日)まで ○会  場 安平町・道の駅あびらD51ステー…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の「キハ183系復刻塗装車両」、ゴールデンウイークに揃って運転。

今日は、「JR北海道の“キハ183系復刻塗装車両”、ゴールデンウイークに揃って運行」の話題を一つ。JR北海道は、道内では現役最古参の特急気動車「キハ183系車両」が活躍する石北本線の、特急オホーツク・特急大雪で、昭和61年デビュー時の「復刻塗装車両」を運転する。このたび、塗装作業が完了し2両が揃ったので、ゴールデンウイークに3日間、特別…
コメント:0

続きを読むread more

名寄市の北国博物館前の排雪列車「キマロキ編成」、冬囲いシート撤去。

続いては、「名寄市の北国博物館前の排雪列車“キマロキ編成”、冬囲いシート撤去」の話題を一つ。4月22日(金)、名寄市・北国博物館前の旧名寄本線上に展示されている我が国唯一の排雪列車「キマロキ編成」(5両編成)の冬囲いシートが作業員により撤去され、冬の鉄路を守った重厚な車体が再び姿を現した。全国の鉄道ファンの皆さん、一見の価値はありますの…
コメント:0

続きを読むread more

陸別町の「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」、今季の営業開始。

続いては、「陸別町の“ふるさと銀河線りくべつ鉄道”、今季の営業開始」の話題を一つ。全国の鉄道ファンから人気の高い十勝管内陸別町の観光鉄道「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の今季営業が4月23日始まり、全国から鉄道ファンらが駆けつけ、ディーゼル気動車の運転体験などを楽しんでいた。また、この日、新設した分線駅ホームがお目見えした。ちなみに、営業…
コメント:0

続きを読むread more

「貸切列車 HOKKAIDO LOVE!ひとめぐり号で行く 秋の北海道4日間」、鉄旅オブザイヤーでグランプリ。

今日は、「“貸切列車 HOKKAIDO LOVE!ひとめぐり号で行く 秋の北海道4日間”、鉄旅オブザイヤーでグランプリ」の話題を一つ。国内の優れた鉄道旅行を表彰する『鉄旅オブザイヤー2021』で、最高位のグランプリにJTBとJR北海道、日本航空が昨秋実施した「貸切列車 HOKKAIDO LOVE!ひとめぐり号で行く 秋の北海道4日間」が…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション976〈記念うちわ型ポストカード〉さよなら岩内線〕

今回紹介するのは、昭和60年6月30日の国鉄岩内線(14.9㌔・昭和60年7月1日廃止)のさよなら列車運行を記念して発行された「さよなら岩内線」の〈記念うちわ型ポストカード〉である。ちなみに大きさは、縦11㌢×横11㌢である。 ●〈記念うちわ型ポストカード〉さよなら岩内線(表) ●〈記念うちわ型ポストカード〉さよなら岩内線(裏)
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「桜迷宮に眠る北海道新幹線の秘宝を見つけ出せ!」を開催中!

続いては、「JR北海道、“桜迷宮に眠る北海道新幹線の秘宝を見つけ出せ!”を開催中!」の話題を一つ。JR北海道では、北海道新幹線をご利用のお客さまにお楽しみいただける『JR北海道謎解き』の第1弾を開催している。全国の鉄道ファンの皆さん、今回のテーマは「桜迷宮に眠る北海道新幹線の秘宝を見つけ出せ!」で、難問を乗り越えて“JR北海道オリジナル…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「はこだて縄文めぐりパスポート」今年も発売。

続いては、「JR北海道、“はこだて縄文めぐりパスポート”今年も発売」の話題を一つ。JR北海道では、北海道の『ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン』の補助金を活用し、昨年多くのお客様にご利用いただいた「はこだて縄文めぐりパスポート」を今年も期間限定で発売するという。 〈「はこだて縄文めぐりパスポート」の発売〉 ○商品名 …
コメント:0

続きを読むread more

北斗市のゲストハウス「北斗星」オープン。

続いては、「北斗市のゲストハウス“北斗星”オープン」の話題を一つ。国内最後のブルートレインとして知られ、平成27年に運行を終了したJR寝台特急「北斗星」を利用したゲストハウスが4月22日、市内茂辺地地区北斗星広場にオープンした。青色の車両は早速、宿泊者を“乗せ”、かつての雰囲気を残し宿泊施設として再出発した。ちなみに初日のこの日は、函館…
コメント:0

続きを読むread more

名寄市の北国博物館で、企画展「GW鉄道ミニ企画展」好評開催中。

続いては、「名寄市の北国博物館で、企画展“GW鉄道ミニ企画展”好評開催中」の話題を一つ。名寄市にある北国博物館では、現在、企画展「GW鉄道ミニ企画展」が好評開催中である。 ○開催期間 4月20日(水)~5月10日(火)まで ○開館時間 9時~16時まで ○開催場所 名寄市・北国博物館 ○展示内容 名寄駅の懐かしの駅弁…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道旭川支社、函館本線の「妹背牛駅」に新たな駅名案内板を設置。

今日は、「JR北海道旭川支社、函館本線の“妹背牛駅”に新たな駅名案内板を設置」の話題を一つ。妹背牛町の観光誘致施策として、JR北海道旭川支社は、函館本線の「妹背牛駅」に妹背牛町の牛のキャラクターを使用した『もせ🐄(うし)』の駅名案内板を設置するという。 ○設置日 4月28日(木) ○設置場所 JR妹背牛駅々名標の近接に設置す…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション975〈金属置物〉走る林鉄 まるせっぷ 国産第1号 雨宮21〕

今回紹介するのは、丸瀬布町(現遠軽町)の記念品として製造された〈金属置物〉の「走る林鉄 まるせっぷ 国産第1号 雨宮21」である。ちなみに、この機関車「「雨宮21号」は、昭和初期に木材を運ぶために敷設された森林鉄道の〈武利意森林鉄道〉で使用された機関車で、現在は観光客を乗せて現役で活躍している。ちなみに大きさは、径8㌢である。 ●…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション974〈踏破記念サボ〉チャレンジ3124km!日本縦断の旅~宗谷本線・稚内―指宿枕崎線・西大山~〕

今回紹介するのは、JR北海道旭川支社が平成17年4月6日に企画した「チャレンジ3124km!日本縦断の旅~宗谷本線・稚内―指宿枕崎線・西大山~」の〈踏破記念サボ〉である。このツアーは、4泊5日の日程で、最北の駅・稚内を出発し、最南の駅・西大山へ在来線特急や新幹線など10本の列車を乗り継いで縦断する鉄道ファンにはたまらないツアーであった。…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」の運転期間中の取り組みについて。

続いては、「JR北海道の観光列車“くしろ湿原ノロッコ号”の運転期間中の取り組みについて」の話題を一つ。JR北海道では、今年度も4月29日(金・祝)より観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」を運転するという。 ○「出発式」を開催 ・開催日時:4月29日(金・祝) 10時37分~11時6分まで ・開催場所:釧路駅3番ホーム ・式典内容…
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線・稚内駅の「新駅舎グランドオープン10周年」を記念した取り組みについて。

続いては、「JR宗谷本線・稚内駅の“新駅舎グランドオープン10周年”を記念した取り組みについて」の話題を一つ。4月29日(金・祝)に、現在の「稚内駅舎」(複合交流施設:キタカラ)がグランドオープンしてから10周年を迎える。JR北海道旭川支社では、日頃の利用客に感謝の気持ちを込めて稚内駅・南稚内駅の社員が中心となって「新駅舎グランドオープ…
コメント:0

続きを読むread more

JRグループ、鉄道開業150年記念「JR全駅入場券」の購入申込受付開始。

続いては、「JRグループ、鉄道開業150年記念“JR全駅入場券”の購入申込受付開始」の話題を一つ。JRグループでは、3月にお知らせした鉄道開業150年を記念する「JR全駅入場券」の購入申込の受付を開始するという。 〈商品概要〉 ○商品名 鉄道開業150年記念「JR全駅入場券」 ○価格 70万円(税・送料込) ○発売数 …
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局交通部、「箱館ハイカラ號ベースキット(完成品)」販売再開。

続いては、「函館市企業局交通部、“箱館ハイカラ號ベースキット(完成品)”販売再開」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、販売開始以来全国的に好評で品切れが続いていた「箱館ハイカラ號ベースキット(完成品)」の販売を再開するという。 ○販売開始日時 4月22日(金) 8:45~ ○販売価格 税込35000円 ○仕様 Nゲージ…
コメント:0

続きを読むread more

道北旅行の思い出写真募集!~キタノタビ旅の思い出投稿キャンペーン~実施。

続ていては、「道北旅行の思い出写真募集!キタノタビ旅の思い出投稿キャンペーン~実施」の話題を一つ。JR旅連旭川支部とJR北海道は、道北旅行を盛り上げるため「道北旅行の思い出写真募集!~キタノタビ旅の思い出投稿キャンペーン~」を実施するという。 ○開催期間 5月9日(月)~8月31日(水)まで ○投稿&宿泊でプレゼント 「きた…
コメント:0

続きを読むread more

音威子府村特産の名物「音威子府そば」今夏で製造終了。

続いては、「音威子府村特産の名物“音威子府そば”今夏で製造終了」の話題を一つ。国鉄時代から音威子府駅の“駅そば”として全国的に有名だった名物「音威子府そば」を製造している大正15年創業の畠山製麺は、8月末でそばの製造を終了するという。これまで1人で製麺を手がけてきた畠山社長が今年で77歳になり、高齢となることなどから廃業を決めたという。…
コメント:0

続きを読むread more

JR長万部駅の名物駅弁・かにめしの「冷凍自販機」大人気。

続いては、「JR長万部駅の名物駅弁・かにめしの“冷凍自販機”大人気」の話題を一つ。JR函館本線の長万部駅前で、名物駅弁・かにめしを製造・販売する老舗かにめし本舗かなやの本店前に「冷凍自販機」がこのほどお目見えした。看板商品の“かにめし”をはじめ、シューマイや五目チャーハンなど8品を扱い、24時間運営し、閉店時間帯でも購入できることから、…
コメント:0

続きを読むread more

北斗市のゲストハウス「北斗星」に鉄道愛好家らが宿泊・提言。

今日は、「北斗市のゲストハウ北斗星”に鉄道愛好家らが宿泊・提言」の話題を一つ。4月22日(金)にオープンするJR寝台特急「北斗星」の車両を活用した市内茂辺地地区のゲストハウスで、道内の鉄道愛好家でつくる〈北海道鉄道観光資源研究会〉のメンバー14人が4月16日から実際に宿泊し、市内の運営会社・靑に改善点などアドバイスした。メンバーからは『…
コメント:0

続きを読むread more

JRグループ駅ナカ小売業各社、「鉄道開業150年記念商品」を販売。

続いては、「JRグループ駅ナカ小売業各社、“鉄道開業150年記念商品”を販売」の話題を一つ。JRグループ駅ナカ小売業各社は、今年10月14日の鉄道開業150年を記念して「「鉄道開業150年記念商品」を販売するという。 ○販売開始日 4月19日(火)~ ○販売品目 ・クリアファイル2枚セット(2種類/各660円) ・ミニタオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄、「JR北海道引退車両」のテスト走行成功。

続いては、「タイ国鉄、“JR北海道引退車両”のテスト走行成功」の話題を一つ。タイ国鉄(SRT)が、JR北海道から昨年12月に無償譲渡された「引退車両キハ183系」17両のうち2両のテスト走行を無事終えたことが4月11日までに分かった。タイ国鉄によると、テスト走行は首都バンコクのマッカサン整備場と東部チャチュンサオ県にある駅の間で実施され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧国鉄胆振線代替バスの「喜茂別―大滝間」、9月末で廃止。

今日は、「旧国鉄胆振線代替バスの“喜茂別―大滝間”、9月末で廃止」の話題を一つ。旧国鉄胆振線(伊達紋別―俱知安間・83㌔・昭和61年11月1日廃止)の代替バス(俱知安町―伊達市間・91.5㌔)の沿線5市町と運行主体の道南バスは4月11日、俱知安町内で会合を開き、代替バス区間のうち、「喜茂別町―伊達市大滝間」(25.5㌔)を9月末で廃止す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション973〈1/50プラモデル〉日本の美シリーズ~弁慶号7100~〕

今回紹介するのは、かつて㈱日東科学教材から発売された〈1/50プラモデル〉の「日本の美シリーズ~弁慶号7100~」である。この「弁慶号」は、日本で3番目に開業した官営幌内鉄道(小樽・手宮―札幌間)で使用された米国・ポーター社製のテンダー機関車である。 ●〈1/50プラモデル〉日本の美シリーズ~弁慶号7100~① ●〈1/50プラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション972〈木製カラー写真パネル〉さよなら青函連絡船(4枚)&開業する津軽海峡線(4枚)〕

今回紹介するのは、〈木製カラー真パネル〉の「さよなら青函連絡船(4枚)&開業する津軽海峡線(4枚)」である。このカラー写真は、昭和63年3月13日の青函トンネル開業直前の貴重な写真といえる。ちなみ〈木製パネル〉の大きさは、縦45㌢×横37㌢である。 ●〈木製カラー写真パネル〉さよなら青函連絡船(4枚)&開業する津軽海峡線(4枚)①…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の渡島当別駅前で、今年も「貸し自転車」を用意。

今日は、「道南いさりび鉄道の渡島当別駅前で、今年も“貸し自転車”を用意」の話題を一つ。道南いさりび鉄道・渡島当別駅前の中田商店では、今年も自転車の貸し出しを行っている。全国の鉄道ファンの皆さん、渡島当別駅から、トラピスト修道院の散策をはじめとして、沿線の海岸沿いのサイクリングや列車の写真撮影等にぜひ利用してみては。 ○貸出期間 …
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の復元チンチン電車「箱館ハイカラ號」運行開始延期。

続いては、「函館市電の復元チンチン電車“箱館ハイカラ號”運行開始延期」の話題を一つ。函館市企業局交通部は、4月中旬からの運行を予定していた復元チンチン電車の「箱館ハイカラ號」の運行を、新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、当面の間、延期するという。全国の観光客に大人気の復元チンチン電車「箱館ハイカラ號」が、昨年に引き続き運行延期と…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道バス×十勝バス、「日勝半島物語きっぷ」発売。

続いては、「JR北海道バス×十勝バス、“日勝半島物語きっぷ”発売」の話題を一つ。JR北海道では、日高山脈襟裳国定公園の国立公園を見据え、日勝半島への誘客を促進するため、JR北海道バス×十勝バスと連携した取り組みとして、鉄道とバスを利用できる「日勝半島物語きっぷ」を2種類発売するという。全国の鉄道&路線バスファンの皆さん、この機会に鉄道と…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号いさりびおでん列車」予約受付中。

続いては、「道南いさりび鉄道の観光列車“ながまれ海峡号いさりびおでん列車”予約受付中」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、沿線の特産品を使った“特製おでん”と海の幸がいっぱいの“海鮮丼”、木古内の有名店のデザートが提供される「ながまれ海峡号いさりびおでん列車」の予約を受付中である。 ○出発日 4月16日(土)日帰り ○旅行代金…
コメント:0

続きを読むread more

日本鉄道構内営業中央会、駅弁の日記念「おにぎり駅弁」を販売。

続いては、「日本鉄道構内営業中央会、駅弁の日記念“おにぎり駅弁”を販売」の話題を一つ。日本鉄道構内営業中央会に所属する駅弁業者21社は、横浜エフエム放送とのコラボ企画として、4月10日の『駅弁の日』(弁当の“弁”の文字が4と十の組み合わせにも見えること、また、“当”は10と読むことに由来)に合わせて、各社が開発した「おにぎり駅弁」(全2…
コメント:0

続きを読むread more

札幌市電のラッピング車両「白いブラックサンダー号」運行。

続いては、「札幌市電のラッピング“白いブラックサンダー号”運行」の話題を一つ。札幌市の路面電車で4月5日、北海道の土産菓子『白いブラックサンダー』のラッピング車両の運行が始まった。この日、中央区のすすきの貸切電車専用停留場で出発式が行われ、菓子製造販売・有楽製菓の社長の合図で「白いブラックサンダー号」が出発した。ちなみに運行は、来年の3…
コメント:0

続きを読むread more

JR日高線・旧様似駅で「廃線から一年~日高線を忘れないメモリアル写真展~」好評開催中。

続いては、「JR日高線・旧様似線で“廃線から一年~日高線を忘れないメモリアル写真展~”好評開催中」の話題を一つ。JR日高線の旧様似駅を有効活用するために活動している町民有志の『様似駅盛り上げ隊』は、同駅舎内で、昨年4月の“鵡川―様似間”の廃線から1周年にちなんだ企画「廃線から一年~日高線を忘れないメモリアル写真展~」を好評開催中である。…
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館運河館でトピック展「日本鉄道150年~鉄道模型に見る蒸気機関車の発展~」好評開催中。

今日は、「小樽市総合博物館運河館でトピック展“日本鉄道150年~鉄道模型に見る蒸気機関車の発展~”好評開催中」の話題を一つ。日本初の鉄道(新橋―横浜間)が明治5年10月に開業してから今年で150年を迎えるのを記念し、小樽市総合博物館運河館ではトピック展「日本鉄道150年~鉄道模型に見る蒸気機関車の発展~」を好評開催中である。全国の鉄道フ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション971〈Nゲージ箱入りジオラマ〉木橋を行く「弁慶号+開拓使号」〕

今回紹介するのは、〈Nゲージ箱入りジオラマ〉の「木橋を行く弁慶号+開拓使号」である。明治13年11月に開業した官営幌内鉄道(小樽・手宮―札幌間)は、日本で3番目の鉄道である。ちなみにこの「弁慶号」は、アメリカ・ポーター社から輸入された2両のうちの1両である。また、「開拓使号」は、明治14年8月の明治天皇北海道巡幸の際のお召列車に使用され…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション970〈木製モノクロ写真パネル〉国鉄名寄本線さよなら列車~9600形蒸気機関車3重連~〕

今回紹介するのは、当時の国鉄関係者が、昭和50年5月6日に、国鉄無煙化によりSL廃止が決まり、最後のSLが走った名寄本線の“名寄―上興部間”で撮影した「国鉄名寄本線さよなら列車~9600形蒸気機関車3重連~」の〈木製モノクロ写真パネル〉である。なお、この日の天候については、パネル裏に『5月というのにこの日は雪降りでした』とあり、季節外れ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクショ968〈A3コピー〉青函航路運航表(20往復)~昭和59年2月改正~〕

今回紹介するのは、国鉄北海道総局が青函連絡船廃止の4年前の昭和59年2月改正に合わせて発行した「青函航路運航表(20往復)」の〈A3コピー〉である。これは、当時の国鉄青函連絡船の運航状況がよくわかる資料といえる。 ●〈A3コピー〉青函航路運航表(20往復)~昭和59年2月改正~① ●〈A3コピー〉青函航路運航表(20往復)~昭和…
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本びゅうツーリズム&セールス、「〈東北発着〉北海道新幹線で行く北海道の車両撮影スポット巡り函館への旅2日間…

続いては、「JR東日本びゅうツーリズム&セールス、“〈東北発着〉北海道新幹線で行く北海道の車両撮影スポット巡り函館への旅2日間”参加者募集中」の話題を一つ。JR東日本びゅうツーリズム&セールスでは、北海道新幹線および道南いさりび鉄道の4つの撮影スポットを巡るほか、函館運輸所にて撮影会を実施する「〈東北発着〉北海道新幹線で行く北海道の車両…
コメント:0

続きを読むread more

「東北新幹線」、4月14日全線再開。

今日は、「“東北新幹線”、4月14日全線再開」の話題を一つ。JR東日本は4月5日、最大震度6強を観測した地震で脱線し、一部運休している「東北新幹線」について、4月14日(木)から全線で運転を再開すると発表した。これにより、“新函館北斗―東京間”の直通運転が約1カ月ぶりに再開されるという。 ●地震により脱線した「東北新幹線」
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の今冬雪の運休「1万2800本」。

続いては、「JR北海道の今冬雪の運休“1万2800本”」の話題を一つ。大雪による2021年度のJR北海道の運休が、過去10年間で最多の「1万2800本」に上ったことが分かった。今冬は、列車が集中する札幌圏が局地的な大雪に繰り返し見舞われ、除雪の遅れで札幌駅発着の全列車が終日運休するなど大きな影響を招いた結果だ。JR北海道は、再発防止へ除…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、観光列車「ながまれ海峡号に乗ろう」の予約受付中。

今日は、「道南いさりび鉄道、観光列車“ながまれ海峡号に乗ろう”の予約受付中」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、観光客に大人気のお食事を提供する観光列車「ながまれ海峡号」を不定期に運行しているが、現在、今年の予約を受け付けている。全国の鉄道ファンの皆さん、車内から津軽海峡を眺めながら、地元の食材を使ったお食事をしませんか。 ○運行…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション967〈函館市電行先版〉20世紀最終電車&21世紀始発電車〕

今回紹介するのは、〈函館市電行先板〉の「20世紀最終電車&21世紀始発電車」である。ちなみに「20世紀最終日」は、2000年12月31日で、「21世紀最初日」は、2001年1月1日である。この日函館市電は、この〈行先板〉を掲示して両世紀にわたって市内を記念運行したのである。ちなみに大きさは、縦39㌢×横34.5㌢×のプラ製である。 …
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション966〈北海道キヨスク〉JR北海道発足記念フラッグ〕

今回紹介するのは、〈北海道キヨスク〉が昭和62年4月1日の「JR北海道発足」を記念して作成した「記念フラッグ」である。大きさは、縦36㌢×横25.5㌢のビニール製である。 ●〈北海道キヨスク〉JR北海道発足記念フラッグ(表) ●〈北海道キヨスク〉JR北海道発足記念フラッグ(裏)
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道釧路支社「釧網本線冬季観光列車利用状況」を発表。

今日は、「JR北海道釧路支社“釧網本線冬季観光列車利用状況”を発表」の話題を一つ。JR北海道釧路支社は、3月30日、JR釧網本線で今冬運行した「観光列車利用実績」を発表した。 〈SL冬の湿原号〉(釧路―標茶間) 乗客数は、前年比10.1%減の6402人で、2000年の運行開始以来最小だった。これは、牽引機関車のC11形蒸気機関車…
コメント:0

続きを読むread more