「JR北海道改ざん」、参院委 解明されず。

今日は、参院委の「JR北海道改ざん」のニュースについて。レールの「検査データ改ざん」などをめぐり、参院国土交通委員会に参考人招致されたJR北海道の野島社長らは11月28日、枕木のコンクリート化の前倒しなど、安全対策の強化をアピールした。ただ、「改ざん」については「富良野」、「室蘭」、「伊達紋別」、「上川」の4保線管理室で常態化していたこと以外、実態はほとんど解明されなかった。

"「JR北海道改ざん」、参院委 解明されず。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント