函館市電初の広告電車「724号車」、3月下旬ラストラン。

続いては、「函館市電初の広告電車“724号車”、3月下旬ラストラン」の話題を一つ。函館市電で、昭和50年に最初の広告電車として運行した「724号車」が、3月下旬でラストランを迎える。この「724号車」は、現在8両ある〈710形〉の1両で、車体は全長12.24㍍・幅2.34㍍・高さ3.7㍍、旧新潟鉄工所で製造され、昭和37年に納車された。現在函館市企業局交通部は、収入や営業距離に見合った台数として30両の車両を保有しているが、今回は、超低床電車らっくる号の新車導入に伴い、引退が決まったのである。ちなみにこの車両は、保守用の部品を残して廃車となる予定だが、交通部では“お別れセレモニー”の実施を検討している。本当に長い間ご苦労様でした。

●3月下旬でラストランを迎える函館市電初の広告電車「724号車」
画像

"函館市電初の広告電車「724号車」、3月下旬ラストラン。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント