空知管内沼田町「JR留萌本線利用促進策」独自に実施。

今日は、「空知管内沼田町“JR留萌本線利用促進策”独自に実施」の話題を一つ。路線存続の危機にあるJR留萌本線沿線の空知管内沼田町は、4月に初当選した新町長の公約で、「JR留萌本線利用促進策」として独自のイベントやシンポジウムに取り組む方針を決めた。ちなみに独自イベントとしては、町内の恵比島駅がロケの舞台となり、観光ブームに沸いたNHK朝の連続テレビ小説『すずらん』の放送20周年を記念し、当時の関係者によるステージショーを行う。また、5月に日本遺産に認定された『炭鉄港』の構成文化財で、町内で保存するクラウス15号蒸気機関車の製造130周年記念事業や、昭和40年代に相次ぎ廃止された私鉄・留萌鉄道と旧国鉄札沼線の“新十津川―石狩沼田間”に関するシンポジウムも開くという。全国の鉄道ファンの皆さん、JR留萌本線の存続にご協力を。

●かつて国鉄札沼線の終着駅だった現在のJR留萌本線「石狩沼田駅」
画像

"空知管内沼田町「JR留萌本線利用促進策」独自に実施。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント