JR新千歳空港駅にある北海道の広さが一目瞭然の「地図」が話題に。

続いては、「JR新千歳空港駅にある北海道の広さが一目瞭然の“地図”が話題に」の話題を一つ。“札幌―釧路間”は“東京―名古屋間”と同じぐらいの距離なのか―。北海道と本州を重ね合わせた「地図」が、ネット上で注目を集めている。北海道の広さが一目瞭然なこの「地図」は、なんと、JR北海道が設置したのである。この「地図」は、JR新千歳空港駅の改札を出て正面にある大きな「地図」で、JR北海道の路線図や駅、主な山や湖などの名称が記載されている。よく見ると、北海道の「地図」の下に重ねるようにして本州が描かれており、“札幌―釧路間”の距離が、およそ“東京―名古屋間”と同じであることがひと目でわかる。なぜこのような「地図」を新千歳空港駅に設置したのか?とJR北海道の担当者に聞いたところ『急増する訪日外国人観光客に対応するため、平成30年にリニューアル工事を実施した際に設置したものです』とのことである。ただ、よく聞く話として、本州からの観光客が2泊3日で北海道一周が出来ると、今でも信じている人は、この「地図」をよ~く見てほしいと思う。本州の、隣の県に行くのと距離が違うのがよく解ると思う。

●JR新千歳空港駅の「地図」P9023210.JPG

"JR新千歳空港駅にある北海道の広さが一目瞭然の「地図」が話題に。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント