北海道新幹線・青函トンネル内で「高速走行試験」開始。

今日は、「北海道新幹線・青函トンネル内で“高速走行試験”開始」の話題を一つ。鉄道建設・運輸施設整備支援機構は9月4日未明、青函トンネル(53.85㌔)内で北海道新幹線の「高速走行試験」を始めた。今後、10月21日までの試験で問題がなければ、現在160㌔としているトンネル内の最高速度を2020年度中に210㌔とする。ちなみにこの「高速走行試験」は、営業時間外の平日午前0時~5時の間に週3回程度実施し、青森側の奥津軽いまべつ駅を出発し、木古内駅で折り返して往復する。初日は時速200㌔で走らせ、期間中に260㌔まで引き上げるという。

●「青函トンネル」を出る北海道新幹線P9043236.JPG

"北海道新幹線・青函トンネル内で「高速走行試験」開始。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント