【「旧JR江差線(木古内―江差間)廃線跡探訪記〈1〉】

9月22日(日)、江差町に私用があり、家内と2人函館への帰り、平成26年5月12日をもって廃止された「旧JR江差線(木古内―江差間・42.1㌔)」の廃線跡を見ながら木古内町に出て、函館に帰ってきた。廃線から5年がたち、駅舎はほとんどが取り壊され、レールも取り外されていた。それでも、一部の鉄橋や覆道、レールがまだ残されていて感激した。

●旧江差駅跡(駅舎やホーム、レールはなく、町営団地となっていた)P8133074.JPG
●旧江差駅跡(記念小公園になっていて、駅名標、記念標柱、レールの一部があった)P8133076.JPG
●旧上ノ国駅跡①(駅舎は上ノ国町商工会の建物と一体のため、取り壊されずにあった)P9220101.JPG
●旧上ノ国駅跡②(駅舎は上ノ国町商工会の建物と一体のため、取り壊されずにあった)P9220099.JPG
●旧上ノ国駅跡③(駅舎は上ノ国町商工会の建物と一体のため、取り壊されずにあった)P9220103.JPG
●旧上ノ国駅ホーム跡から江差方面を望む(ホームや線路は撤去され、更地になっていた)P9220107.JPG
●旧上ノ国駅ホーム跡から木古内方面を望む(ホームや線路は撤去され、更地になっていた)P9220106.JPG
●天の川第一橋梁は今でも残っている①P9220108.JPG
●天の川第一橋梁は今でも残っている②P9220109.JPG
●天の川第一橋梁は今でも残っている➂P9220111.JPG

"【「旧JR江差線(木古内―江差間)廃線跡探訪記〈1〉】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント