JR北海道、2019年9月中間連結決算「赤字149億円」。

続いては、「JR北海道、2019年9月中間連結決算“赤字149億円”」のニュースについて。JR北海道が11月8日に発表した2019年9月中間連結決算は、営業収入が前年同期比3.2%増の855億円、営業損失は過去最悪となった前年同期から20億円縮小し「149億円」となった。これは、胆振東部地震の打撃を受けた前年からおおむね改善したが、低金利により経営安定基金の運用益が大幅に減少するなど、依然として厳しい経営状況が続いている。これからも、路線廃止や廃駅等の問題が次々と出てくるだろうJR北海道。かつての鉄道王国・北海道に未来はあるのか?。

●厳しい経営状況がつづく札幌市にある「JR北海道本社」P5150442.JPG

"JR北海道、2019年9月中間連結決算「赤字149億円」。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント