JR北海道「日高本線廃止」に25億円支援案提示。

続いては、「JR北海道“日高本線廃止”に25億円支援案提示」の話題を一つ。「JR日高本線“鵡川―様似間”(116㌔)」の廃止・バス転換に向けて、JR北海道は6月4日、日高管内7町の町長に対し、代替バスの運行や地域振興のため、JR北海道が7町に総額25億円の支援金を拠出する案を提示したことが、関係者の話で分かった。今後は、7町長はこの案を持ち帰り、議会などと協議して受入れの可否を判断するという。もし、廃止が決まれば、JR北海道が『単独では維持困難』として廃止方針を示した5区間のうち、廃止済みの石勝線“夕張―新夕張間”、札沼線“北海道医療大学―新十津川間”に続き3例目となる。

●JR日高本線の「廃止区間」P7232917.JPG

"JR北海道「日高本線廃止」に25億円支援案提示。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント