〔マイコレクション804〈国鉄相生線〉廃止記念レール〕

今回紹介するのは、昭和60年4月1日に廃止された〈国鉄相生線〉の「廃止記念レール」である。この〈国鉄相生線〉は、“釧路―美幌間”を結ぶ〈釧美線〉として計画された路線で、大正13年11月17日に“美幌―津別間”(16.6㌔)で開業し、その後、大正14年11月15日に“津別―北見相生間”(20.2㌔)の延伸開業で全通した。戦後は、林業の衰退や人口減、マイカーの普及等により、昭和55年に国鉄経営再建促進特別措置法施行により、、翌年9月に第1次特定地方交通線に指定され、昭和60年4月1日に全線(36.8㌔)が廃止となり、バス転換された。ちなみにこの「廃止記念レール」は、地元の津別町が製作したもので、大きさは、高さ10.6㌢×幅10.6㌢×厚さ0.4㌢である。

●〈国鉄相生線〉廃止記念レール①P1180848.JPG
●〈国鉄相生線〉廃止記念レール②P1180850.JPG
●国鉄相生線の終着駅「北見相生駅」P1160827.JPG

"〔マイコレクション804〈国鉄相生線〉廃止記念レール〕" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント