北海道「観光列車購入」してJR北海道に無償貸与。

続いては、「北海道“観光列車購入”してJR北海道に無償貸与」の話題を一つ。鈴木北海道知事は、1月23日、JR北海道が地元負担を前提に存続する方針の8区間の利用促進策として「観光列車」を購入して新年度から3年間、JR北海道に無償貸与する方針を示した。それによると、北海道と国が全額補助し、道の第三セクター・北海道高速鉄道開発に、普通列車を観光列車仕様に改造した車両を購入させ、JR北海道に8区間で運行してもらうという。これについて、JR北海道では支援を受け入れ、新年度から観光列車を増発する方向で検討するという。ちなみに、道としてはこれまで利用促進策として、JR北海道が昨年秋に投入した観光列車・はまなす編成の新造費の一部やWi-Fi設備の整備費などを負担したが、列車購入は初めてである。

●北海道が一部負担した観光列車「はまなす編成」IMGP0523.JPG

"北海道「観光列車購入」してJR北海道に無償貸与。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント