【映画「ぽっぽや」ロケ地他探訪記〈6〉】

●JR根室本線の「信号場」① ●JR根室本線の「信号場」② ●JR根室本線の「信号場」③ ●JR根室本線の「信号場」④ ●JR根室本線の「信号場」⑤ ●安平町・道の駅あびらD51ステーション① ●安平町・道の駅あびらD51ステーション② ●安平町・道の駅あびらD51ステーション③ ●安平町・道の駅あびらD51ステーション…
コメント:0

続きを読むread more

【映画「ぽっぽや」ロケ地他探訪記〈5〉】

●屋外に展示している「キハ40形764号気動車」の前頭部(映画ではキハ12形23号気動車として登場)① ●屋外に展示している「キハ40形764号気動車」の前頭部(映画ではキハ12形23号気動車として登場)② ●屋外に展示している「キハ40形764号気動車」の前頭部(映画ではキハ12形23号気動車として登場)③ ●屋外に展示している…
コメント:0

続きを読むread more

【映画「ぽっぽや」ロケ地他探訪記〈4〉】

●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑪ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑫ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑬ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑭ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑮ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑯ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑰ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑱ ●…
コメント:0

続きを読むread more

【映画「ぽっぽや」ロケ地他探訪記〈3〉】

●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」① ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」② ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」③ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」④ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑤ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑥ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑦ ●幾寅駅中の映画「ぽっぽやコーナー」⑧ ●…
コメント:0

続きを読むread more

【映画「ぽっぽや」ロケ地他探訪記〈2〉】

●映画『ぽっぽや』のロケ地、JR根室本線「幾寅駅」〈映画では幌舞駅〉①(平成28年8月の台風被害で現在も不通となっている) ●映画『ぽっぽや』のロケ地、JR根室本線「幾寅駅」〈映画では幌舞駅〉②(平成28年8月の台風被害で現在も不通となっている) ●映画『ぽっぽや』のロケ地、JR根室本線「幾寅駅」〈映画では幌舞駅〉③(平成28年8月…
コメント:0

続きを読むread more

【映画「ぽっぽや」ロケ地他探訪記〈1〉】

ゴールデンウイークの5月2日(日)、万全のコロナ対策をして、私達夫婦と娘夫婦の4人で、1年ぶりに遠出の日帰りドライブをしてきた。今回の目的は、私の大好きな故高倉健さん主演の名作「ぽっぽや」のロケ地であるJR根室本線・幾寅駅(映画では幌舞駅)を訪ねることである。また、途中では木造駅舎が懐かしい室蘭本線の『静狩駅』や、豊浦町で保存されている…
コメント:0

続きを読むread more

美深町の「トロッコ王国美深」今年の運行開始。

今日は、「美深町の“トロッコ王国美深”今年の運行開始」の話題を一つ。道北の美深町にある「トロッコ王国美深」では4月29日(木・祝)、今年の運行を開始した。この「トロッコ王国美深」は、昭和60年9月17日に“日本一の赤字線”として有名だった〈旧国鉄美幸線〉(21.2㌔)が廃止されたのち、そのレールの一部を活用し、平成10年7月にオープンし…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、室蘭本線の“長万部―東室蘭間”11月に「夜間修繕工事」実施。

続いては、「JR北海道、室蘭本線の長万部―東室蘭間11月に“夜間修繕工事”実施」の話題を一つ。JR北海道では、設備の老朽化および保線作業員の人材確保が困難な状況等を踏まえ、〈持続的な線路の維持に必要なメンテナンスを効率的かつ安全に施工〉するため、日中時間帯の列車本数が比較的多い区間については、〈夜間帯においてご利用の少ない列車を運休〉し…
コメント:0

続きを読むread more

安平町の道の駅あびらD51ステーションに「ポッポらんど」オープン。

続いては、「安平町の道の駅あびらD51ステーションに“ポッポらんど”オープン」の話題を一つ。安平町の道の駅あびらD51ステーションに隣接する柏が丘公園に4月29日、「ポッポらんど」がオープンした。園内をミニ蒸気機関車が走り、町内や近郊地域から訪れた家族連れでにぎわった。この公園は、道の駅がある追分地区が、かつて、SLの要衝として栄えた〈…
コメント:0

続きを読むread more

森林鉄道SL「雨宮21号」出発進行。

今日は、「森林鉄道SL“雨宮21号”出発進行」の話題を一つ。北海道遺産の森林鉄道SL「雨宮21号」が4月29日、オホーツク管内遠軽町の丸瀬布森林公園いこいの森で今季の運行を始め、観光客や鉄道ファンらでにぎわった。この「雨宮21号」は、動態保存されている国内唯一の森林鉄道SLで、運行は10月17日までの土日祝日で、時間は午前10時~午後4…
コメント:0

続きを読むread more

【函館の「桜」〈2〉~史跡四稜郭~】

〈史跡四稜郭〉 明治元年10月に五稜郭を占拠した旧幕府脱走軍は、新政府軍の攻撃に備えて各地に防御陣地を築いたが、五稜郭の鎮守である北海道東照宮を守るため、五稜郭の北方約3kmの函館を一望できる緩斜面台地にも洋式の台場「四稜郭」を急造した。しかし、明治2年5月11日に新政府軍は箱館総攻撃を開始、同年5月18日には旧幕府脱走軍の榎本武揚以…
コメント:0

続きを読むread more

【函館の「桜」〈1〉~五稜郭公園~】

本州では終わった「桜」だが、北海道ではこれからが見ごろの「桜」である。今年は例年より10日以上早く花が咲き、函館は今が見ごろである。いつもは、鉄道の話題を提供しているが、今日は番外編として、函館の「桜」の名所を2カ所紹介したい。 〈五稜郭公園〉 かつて、戊辰戦争最後の戦いであった箱館戦争で、榎本武揚や土方歳三らが率いる旧幕府脱走…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」今年も運行スタート!。

続いては、「JR北海道の観光列車“くしろ湿原ノロッコ号”今年も運行スタート!」の話題を一つ。JR北海道では、地域の皆様方のご協力により今年『釧網本線全通90周年』を迎える中、観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」の運行をスタートさせる。全国の鉄道ファンの皆さん、心癒される、森と水の楽園、「釧路湿原」を満喫しませんか。 ○運行期間 4月…
コメント:0

続きを読むread more

遠軽町、森林鉄道・雨宮21号の機関士に「新人」2人新規採用。

今日は、「遠軽町、森林鉄道・雨宮21号の機関士に“新人”2人新規採用」の話題を一つ。オホーツク管内遠軽町が、観光用として運行しながら保存している北海道遺産の森林鉄道SL・雨宮21号の機関士としてこの春、「新人」の男性2人(39歳と18歳)を28年ぶりに新規採用した。雨宮21号は、丸瀬布森林公園いこいの森で4月26日、今季の29日営業開始…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「箱館ハイカラ號」1日限定運行。

続いては、「函館市電の“箱館ハイカラ號”1日限定運行」の話題を一つ。例年、函館の風物詩として全国の観光客に大人気の函館市電の「箱館ハイカラ號」であるが、このたびの新型コロナウイルスの影響を考慮し当面の間、運休としている。そんな中、『ぜひ、「箱館ハイカラ號」の走る姿を見たい』という数多くの声に応えるべく1日限定で運行するという。函館市企業…
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと銀河線りくべつ鉄道に新コース「運転体験・分線コース」誕生。

今日は、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道に新コース“運転体験・分線コース”誕生」の話題を一つ。気動車の運転体験を楽しめる陸別町の観光施設・ふるさと銀河線りくべつ鉄道は、体験区間を延長した新コース「運転体験・分線コース」の運行を始める。全国の鉄道ファンの皆さん、運転体験としては国内唯一の1駅区間(5.7㌔)に挑戦してみませんか。 ○運転…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション833〈ミニサボ〉SL函館大沼号〕

今回紹介するのは、かつて、“函館―森間”を走っていた季節観光列車「SL函館大沼号」の〈ミニサボ〉である。ちなみに、大きさは縦2.5㌢×横12㌢である。 ●〈ミニサボ〉SL函館大沼号(表) ●〈ミニサボ〉SL函館大沼号(裏)
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション832〈カットレール〉北海道木古内保健所庁舎落成記念〕

今回紹介するのは、昭和60年6月8日の「北海道木古内保健所庁舎落成記念」の出席者に記念品として配布された〈カットレール〉である。なぜ、〈カットレール〉が記念品して配布されたかについては不明である。ちなみに、大きさは縦10.5㌢×横10.5㌢である。 ●〈カットレール〉北海道木古内保健所庁舎落成記念
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション831〈カットレール〉さよなら相生線〕

今回紹介するのは、昭和60年4月1日に全線(36.8㌔)が廃止された国鉄相生線の「さよなら相生線」〈カットレール〉である。この路線は、北海道美幌町の美幌駅で石北本線から分岐し、津別町の北見相生駅までを結んでいた路線で、昭和55年の国鉄再建法施行により、翌年9月に第1次特定地方交通線に指定され、昭和60年4月1日に廃止となった。ちなみに、…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション830〈ミニプレート置物〉9600形蒸気機関車9633号機〕

今回紹介するのは、「9600形蒸気機関車9633号機」の〈ミニプレート置物〉である。この機関車は、大正2年から大正15年にかけて770両が製造された日本初の本格的な標準型国産機として量産された貨物用機関車で、〈キュ-ロク〉の愛称で呼ばれている。当機は、大正3年11月に川崎造船所兵庫工場で製造され、昭和13年に長野県の上諏訪機関区から北海…
コメント:0

続きを読むread more