JR北海道駅構内、来月から「原則禁煙」。

今日は、「JR北海道駅構内、来月から“原則禁煙”」の話題を一つ。JR北海道は1月31日、3月14日から駅構内を「原則禁煙」とし、ごみ箱の設置数も減らすと発表した。これにより、駅舎やホームの灰皿をすべて撤去し禁煙化を進める。また、全道で約900個ある駅構内のごみ箱は防災上の観点から約400個減らすという。ちなみに駅構内の禁煙化では、172…
コメント:0

続きを読むread more

「団体臨時列車・新十津川号で行く~新十津川町への旅~」参加者募集中。

続いては、「“団体臨時列車・新十津川号で行く~新十津川町への旅~”参加者募集中」の話題を一つ。JR北海道では、新十津川町と連携して、団体ツアー「団体臨時列車・新十津川号で行く~新十津川町への旅~」の参加者を募集している。全国の鉄道ファンの皆さん、一部廃止が目前の札沼線を団体臨時列車に乗って、沿線を旅しませんか。 ○出発日 3月2…
コメント:0

続きを読むread more

旧国鉄青函連絡船・摩周丸、「17年ぶりに動く」。

今日は、「旧国鉄青函連絡船・摩周丸、“17年ぶりに動く”」の話題を一つ。函館港若松埠頭に係留している観光施設・函館市青函連絡船記念館の摩周丸が2月5日、船体改修のため市内弁天町の〈函館どつく〉へ曳航される。この摩周丸が動くのは、平成15年のリニューアルオープンに向けた改修時以来、「17年ぶり」となる。予定では、2月3日から離岸の準備を始…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション706〈SL運転室部品?〉レバーハンドル〕

今回紹介するのは、〈SL運転室部品?〉の「レバーハンドル」である。詳細については、現時点では分からないので、どなたかわかる人がいたらご教示願いたい。ちなみに大きさは、長さ11㌢である。 ●〈SL運転室部品?〉レバーハンドル① ●〈SL運転室部品?〉レバーハンドル②
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション705 〈JR上野駅開業120周年記念フラッグ〉みんなのえき120周年上野駅(明治16年7月28…

今回紹介するのは、JR上野駅が平成15年に開業120周年を迎えたのを記念してJR東日本上野地区が作成した、〈JR上野駅開業120周年記念フラッグ〉の「みんなのえき120周年上野駅(明治16年7月28日開業・上野―熊谷間開通)」である。ちなみに大きさは、縦40㌢×横30㌢である。 ●〈JR上野駅開業120周年記念フラッグ〉みんなのえ…
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局交通部「スマホ市電24時間乗車券」を販売。

続いては、「函館市企業局交通部“スマホ市電24時間乗車券”を販売」の話題を一つ。函館市企業局交通部では、クレジットカードの利用を前提にスマートフォンで、いつでも、どこでも購入が可能である「スマホ市電24時間乗車券」を期間限定で販売する。利用条件は、スクラッチ式の乗車券と同様で、利用日確定前であれば、手数料不要で払い戻しができる。また、電…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「磁気カード(イカすカード)&紙製回数券」使用期限せまる。

続いては、「函館市電の“磁気カード(イカすカード)&紙製回数券”使用期限せまる」の話題を一つ。函館市電の「磁気カード(イカすカード)&紙製回数券」の使用期限は、今年の3月31日までで、4月以降は使用できないので、企業局交通部では、早めの使用をお願いしている。なお、使用しきれなかった場合は、払い戻しするとのことである。 ●「4月1日…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「臨時特急北斗85号&88号」運転。

続いては、「JR北海道“臨時特急北斗85号&88号”運転」の話題を一つ。JR北海道では、1月24日(金)から、「臨時特急北斗85号&88号」が運転されている。「臨時特急北斗85号」は、“洞爺―札幌間”で、1月24日(金)~31日(金)・2月4日(火)~9日(日)に運転され、札幌運転所所属のキハ261系1000番台4両編成が使用されている…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、新型気動車「H100形4両編成」試運転を実施。

続いては、「JR北海道、新型気動車“H100形4両編成”試運転を実施」の話題を一つ。JR北海道では、1月29日(水)、新型気動車の「H100形4両編成」の試運転を実施した。使用車両は、札幌方から〈H100-9+10+11+12〉で、1月8日(水)に甲種輸送で到着した車両である。この日は、札幌で折り返して、江別方面に向かった。 ●試…
コメント:0

続きを読むread more

JR根室本線「芦別―富良野間」、来月5日から運転再開。

今日は、「JR根室本線“芦別―富良野間”、来月5日から運転再開」のニュースについて。JR北海道では、根室本線の「芦別―富良野間」について、トレーラーに積載した重機が架道橋に接触して架道橋の一部が損壊した影響により、〈芦別―富良野―東鹿越間〉でバスによる代行運転および復旧工事を実施してきたが、このたび完了したので来月5日から「芦別―富良野…
コメント:0

続きを読むread more

室蘭で「日本遺産・炭鉄港ガイド養成講座」開催される。

続いては、「室蘭で“炭鉄港ガイド養成講座”開催される」の話題を一つ。「日本遺産・炭鉄港ガイド養成講座」が1月25日、室蘭市の室ガス文化センターで開催され、市民ら60人が参加し、講師による『炭鉄港ストーリーの魅力・北海道の鉄道史と室蘭の役割・有料ガイドの心得』等の講演を、メモを取りながら熱心に聞き入っていた。 ●「日本遺産・炭鉄港ガ…
コメント:0

続きを読むread more

観光列車「流氷物語号」の各種イベント実施。

続いては、「観光列車“流氷物語号”の各種イベント実施」の話題を一つ。冬の流氷観光を楽しめる観光列車「流氷物語号」の運転に合わせて、JR北海道では沿線地域の各自治体と連携して、各種イベントを実施する。全国の鉄道ファンの皆さん、冬の釧網本線ならではの観光列車に乗りに来ませんか。 〔運転初日イベント〕 〈流氷物語1号出発式〉 ○開催…
コメント:0

続きを読むread more

岩見沢市で「日本遺産・炭鉄港ガイド養成講座」開催。

続いては、「岩見沢市で“日本遺産・炭鉄港ガイド養成講座”開催」の話題を一つ。開拓使が設置された明治2年からわずか150年という短い期間で、5万人弱だった人口が100倍近く増え、豊かな社会を達成した北海道。その歴史をひも解くと、空知(石炭)・室蘭(製鉄)・小樽(港湾)とそれらをつなぐ鉄道を舞台に繰り広げられた、産業革命の物語(ストーリー)…
コメント:0

続きを読むread more

函館で「新・トラム展」好評開催中。

今日は、「函館で“新・トラム展”好評開催中」の話題を一つ。公立はこだて未来大学情報デザインコースの3年生が考えた、函館市電の新サービスを展示する「新・トラム展」が好評開催中である。 ○開催期間 1月28日(火)~29日(水)まで ○開催時間 ・28日(火):10時~19時まで ・29日(水):10時~17時まで ○開催場…
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕「秘境駅探訪号」&「コンテナ専用貨物列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、D51形蒸気機関車牽引の臨時団体列車「秘境駅探訪号」(4両編成)と、DD51形ディーゼル機関車牽引の「コンテナ専用貨物列車」(4両編成)が登場した。また、年末から続いていた「山下機関区」の拡張工事がほぼ完成した。 ●D51形蒸気機関車牽引の臨時団体列車「秘境駅探訪号」① ●D51形蒸気機関…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道×JR九州×阪急交通社共同企画「にっぽん大縦断フルムーン旅5日間」参加者募集中。

続いては、「JR北海道×JR九州×阪急交通社共同企画“にっぽん大縦断フルムーン旅5日間”参加者募集中」の話題を一つ。阪急交通社では、北海道新幹線開業3周年を記念して、5つの新幹線と人気の観光列車で巡るJR北海道×JR九州×阪急交通社共同企画「にっぽん大縦断フルムーン旅5日間」の参加者を募集している。全国の鉄道ファンのフルムーンの皆さん、…
コメント:0

続きを読むread more

臨時観光列車「SL冬の湿原号」出発進行!。

今日は、「臨時観光列車“SL冬の湿原号”出発進行!」の話題を一つ。JR北海道の臨時観光列車「SL冬の湿原号」が1月25日、釧網本線の“釧路―標茶間”で今季の運行を始めた。この日は、釧路駅で出発式を行い、満員の乗客を乗せた臨時観光列車「SL冬の湿原号」は、一路釧路湿原を目指して出発した。ちなみにこの「SL冬の湿原号」は、昭和15年製のC1…
コメント:0

続きを読むread more

361 全国で保存されている「国鉄10形蒸気機関車」~北海道沼田町の取り組み~。

この「国鉄10形蒸気機関車」は、かつて国鉄の前身である鉄道院に在籍したB形タンク式蒸気機関車である。もとは、九州鉄道が開業に際してドイツのクラウス社から20両輸入したものであるが、大きさが手頃で高性能であったことから、同形機が川越鉄道や甲武鉄道、両毛鉄道にも導入されている。なお、北海道の空知管内沼田町には、「クラウス15号」が静態保存さ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション704 〈2014年SLニセコ号サボ〉札幌―蘭越・蘭越―札幌〕

今回紹介するのは、平成26年11月3日の〈SLニセコ号〉最終運行日に、車内で購入した「サボ(札幌―蘭越・蘭越―札幌)」である。この〈SLニセコ号〉は、昭和63年から平成7年まで函館本線で運行していたC62形蒸気機関車3号機牽引の〈SLニセコ号〉の後を引き継ぎ、平成12年4月1日から平成26年11月3日まで、“札幌(当初は小樽)―蘭越(当…
コメント:0

続きを読むread more

日本郵便北海道支社、オリジナルフレーム切手「SL冬の湿原号」今年も販売。

続いては、「日本郵便北海道支社、オリジナルフレーム切手“SL冬の湿原号”今年も販売」の話題を一つ。日本郵便北海道支社は、オリジナルフレーム切手「SL冬の湿原号」を今年も販売する。全国の鉄道ファンの皆さん、記念に購入してみては。 ○販売開始日 1月31日(金)から ○フレーム切手内容 JR釧網本線を走るSLなどをデザインした8…
コメント:0

続きを読むread more