テーマ:鉄道

なよろサンピラーユースホステル「宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド」の参加者募集中。

続いては、「なよろサンピラーユースホステル“宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド”の参加者募集中」の話題を一つ。なよろサンピラーユースホステルでは、今年も「宗谷本線ラッセル車撮影ツアー&ガイド」の参加者を募集中である。全国の撮り鉄ファンの皆さん、全国でも珍しい日中に定時で走っている「DE15形ラッセル車」を撮影しに来ませんか。 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅・しりうちの「新幹線展望塔」などにイルミネーション点灯される。

今日は、「道の駅・しりうちの“新幹線展望塔”などにイルミネーション点灯される」の話題を一つ。知内町は11月21日、道の駅・しりうちで、「新幹線展望塔」などに飾り付けたイルミネーションの点灯式を行った。高さ約12㍍の展望塔上部から吊り下げられた青色の発光ダイオードなどに光がともると参加者から歓声が上がった。このイルミネーションは、にぎわい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション688 〈Nゲージ〉国鉄セキ3000形貨車(2両セット・北海道内用)〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄セキ3000形貨車(2両セット・北海道内用)」である。この貨車は、国鉄が昭和26年から製造した30t積の石炭車である。その後、石炭車の脱線事故が多発したことを受け、昭和43年10月1日の国鉄ダイヤ改正以降は、速度制限運用車に指定され、側面に最高速度65㎞/h以下を示す黄色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション687 〈Nゲージ〉国鉄キハ56系気動車+国鉄キハ27系気動車〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄キハ56系気動車+国鉄キハ27系気動車」の2両である。 (国鉄キハ56系気動車) この気動車は、国鉄が昭和36年から北海道向けに設計・製造した急行形気動車である。 (国鉄キハ27系気動車) この気動車は、昭和36年から昭和43年にかけて合計102両製造された気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション686 〈Nゲージ〉国鉄181系電車+国鉄電車サシ481形+国鉄電車サロ481形〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄181系電車+国鉄電車サシ481形+国鉄電車サロ481形」の3両である。 (国鉄181系電車) この電車は、国鉄が設計・製造した直流用特急形電車である。 (国鉄電車サシ481形) この電車は、485系シリーズの食堂車で、往年の編成には必ず1両が組み込まれていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション685 〈Nゲージ〉国鉄オハ35系戦後形客車〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄オハ35系戦後形客車」である。日本国有鉄道の前身である鉄道省が、昭和4年より製造が開始された鉄道省制式20m級鋼鉄客車であるスハ32系客車の改良型として、昭和14年より各車種が製造された。 ●〈Nゲージ〉国鉄オハ35系戦後形客車
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション684 〈Nゲージ〉国鉄オハフ33系ブルー戦後形客車〕

今回紹介するのは、KOTOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄オハフ33系ブルー戦後形客車」である。このオハ35系は、戦前の国鉄を代表する客車形式のひとつで、実に2000両以上が量産され、国内の客車では最多両数を誇る系列である。ちなみにこのブルー客車は、更新車両である。 ●〈Nゲージ〉国鉄オハフ33系ブルー戦後形客車
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、観光客に大好評の「夜景列車」今年も運行。

今日は、「道南いさりび鉄道、観光客に大好評の“夜景列車”今年も運行」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、風光明媚な区間でもある“上磯―札苅間”で、車窓に拡がる函館山の横夜景や津軽海峡の夜景・漁り火・街灯りなどを見ながら夜汽車の雰囲気を楽しんでもらおうと、今年も「夜行列車」を運行する。全国の鉄道ファンの皆さん、今では珍しい夜汽車の雰囲気を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

351 北見市内の「個人所有鉄道車両」(7両)。

北見市内の薄荷会館の斜め前の個人宅敷地内に、今では非常に珍しい「鉄道車両」7両が静態保存されてる。一応、非公開とはなっているが、敷地外の公道から見ることはできる。ちなみに車種は、〔除雪用ディーゼル機関車ロータリー型(DD14形312)・キハ27形36・ジョルダン式雪かき車(キ700形式754)・ラッセル車(キ100形式229)・郵便車(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名寄市ふるさと納税返礼品は「SL排雪列車・キマロキグッズセット」。

今日は、「名寄市ふるさと納税返礼品は“SL排雪列車・キマロキグッズセット”」の話題を一つ。全国で唯一「SL排雪列車・キマロキ」が完全な姿で屋外展示されている名寄市では、ふるさと納税に10000円以上寄付した返礼品に「SL排雪列車・キマロキグッズセット(キマロキてぬぐい1本&キマロキ箸2膳)」を、送っている。全国の鉄道ファンの皆さん、ふる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

350 最北の駅「JR稚内駅」。

「JR稚内駅」は、日本国内の最北端にある鉄道駅で、ホームに列車が到着すると自動音声放送“日本最北端の駅、終点稚内駅到着です”が流れる。また、駅窓口では〈日本最北端の駅来駅証明書付き記念入場券〉を発売している。なお、日本国内最南端のみどりの窓口設置駅となる鹿児島県の指宿駅と“姉妹駅提携”を結んでいる。また、平成7年9月4日に深名線が廃止さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急線千歳船橋駅の駅メロに「知床旅情」採用。

今日は、「小田急線千歳船橋駅の駅メロに“知床旅情”採用」の話題を一つ。小田急電鉄は、東京都世田谷区船橋にある小田急線千歳船橋駅の列車接近を告げるメロディーとして「知床旅情」を11月24日から採用する。これは、この船橋地区は国民的俳優だった森繫久弥さんが平成21年11月に96歳で亡くなるまで約60年間暮らした土地で、地元住民らの呼びかけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭山動物園に「旭山動物園号ひろば」オープン。

今日は、「旭山動物園に“旭山動物園号ひろば”オープン」の話題を一つ。昨年3月に運行を終えたJR北海道の臨時特急・旭山動物園号の車内を再現した施設「旭山動物園号ひろば」が11月17日、旭川市の旭山動物園にオープンした。臨時特急・旭山動物園号は、夏休みなどを中心に札幌から旭川の間を走り、平成19年の運行開始から32万7千人が乗車したが、車両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、新たな観光列車「山紫水明号」を使用した初の団体ツアー実施。

続いては、「JR北海道、新たな観光列車“山紫水明号”を使用した初の団体ツアー実施」の話題を一つ。JR北海道は11月16日、新たな観光列車「山紫水明号」(2両編成)を使用した初の団体ツアー『山紫水明号で行く札沼線への旅』を札沼線を含む“札幌―石狩月形間”で実施された。今回使用された車両は、昭和55年製造の〈キハ40形気動車〉を改装した「山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼田町で「まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウム」開催。

今日は、「沼田町で“まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウム”開催」の話題を一つ。JR留萌本線の存廃に揺れる空知管内沼田町は、沼田町観光協会と共催で、「まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウム」を開催する。 ○開催日時 11月24日(日) 13:30~ ○会場 町生涯学習総合センターゆめっくる ○参加料 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、久しぶりにD51形蒸気機関車牽引の7両編成の「貨物列車」が登場した。貨車の編成は、〈ワム80000形〉が4両、〈ワムフ100形〉が3両である。この〈ワムフ100形〉は、昭和26年7月18日に帝国車両にて60両、昭和28年4月24日に日立製作所にて10両が新規製作された。その後、昭和28年度貨車更新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅「11番ホーム新設」。

今日は、「JR札幌駅“11番ホーム新設”」のニュースについて。札幌市が11月14日に開いた都市計画審議会で、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸に伴うJR札幌駅への「ホーム新設」により、札幌駅の駅舎が北側に約6㍍拡張されることが明らかになった。これにより、新ホーム下に位置する駅北口の東西連絡通路は、一部区間が改札内の待合所などになるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション683 〈Nゲージ〉国鉄キハ28形ディーゼル動車他3両(4両)〕

今回紹介するのは、(株)トミーテックから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄キハ28形ディーゼル動車他3両」(4両)である。この気動車は、非電化区間のスピードアップを図るため、昭和36年から製造された急行用のディーゼルカーで、車幅は在来の準急形より広げ、客室設備を充実させている。運用は、北海道を除く全国で活躍し、エンジン1基片台車駆動で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション682 〈Nゲージ〉国鉄キユ25形ディーゼル動車〕

今回紹介するのは、(株)トミーテックから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄キユ25形ディーゼル動車」である。この気動車は、昭和39年にキハ28に準じて造られ、気動車としては唯一の郵政省所有の郵便専用車てある。塗装も急行色で、ユニットクーラーつきで、全車、四国に配備された。 ●〈Nゲージ〉国鉄キユ25形ディーゼル動車
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション681 〈Nゲージ〉国鉄183系ディーゼル動車他(2両)〕

今回紹介するのは、(株)トミーテックから発売された旧製品の〈Nゲージ〉「国鉄183系ディーゼル動車」他1両である。この車両は、スラントノーズスタイルの斬新なデザインを取り入れた特急列車先頭車で、JR北海道の特急で活躍した。 ●〈Nゲージ〉国鉄183系ディーゼル動車他(2両)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション680 〈Nゲージ〉国鉄485系電車他2両(3両)〕

今回紹介するのは、KATOから発売された旧製品の〈Nゲージ〉特急白鳥の先頭車「国鉄485系電車」他2両である。特急白鳥は、JR東日本およびJR西日本が、かつて“大阪―青森間”・“直江津―上野間”で運行していた特急列車で、平成13年のダイヤ改正で廃止された。 ●〈Nゲージ〉国鉄485系電車他2両
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーション「営業時間変更」。

続いては、「道の駅あびらD51ステーション“営業時間変更”」のニュースについて。今年の4月にオープンし、道内はもとより全国の鉄道ファンに大人気の、安平町にある道の駅あびらD51ステーションの「営業時間」が、11月1日(金)から冬季の営業時間に変更になった。 ○冬季営業時間 11月1日(金)~令和2年3月31日(火)まで 9:00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

349 急行「えりも」。

JR日高本線(苫小牧―様似間・146.5㌔)の“鵡川―様似間”(116㌔)は、高波被害の復旧工事に多額の費用がかかるとのことで、このたび廃止・バス転換を前提にJR北海道と交渉していくことが沿線7町の会議で決まり、廃止が決定的となった。この路線にはかつて、札幌発着の急行「えりも」という列車が走っていた。この列車は、昭和34年6月に不定期列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR花咲線、「いつもの列車で観光気分~見どころを音声ガイドでご案内~」サービス。

続いては、「JR花咲線、“いつもの列車で観光気分~見どころを音声ガイドでご案内~”サービス」の話題を一つ。JR花咲線(釧路―根室間)では、「いつもの列車で観光気分~見どころを音声ガイドでご案内~」のサービスを各列車で実施している。この「音声ガイド」は、スマートフォンやタブレットで無料アプリをダウンロードして、本アプリを立ち上げることで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「ササラ電車」試運転。

続いては、「函館市電の“ササラ電車”試運転」の話題を一つ。函館市電の除雪専用車「ササラ電車」の試運転が11月13日、“駒場車庫前―五稜郭公園前”の両電停間で行われ、本格的な降雪期が迫る中、巨大なブラシ・ササラの動きなどを確認した。この「ササラ電車」は、明治期に客車として製造され、昭和12年に除雪専用車に改造された。細かく割った長さ20㌢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR根室本線“東鹿越―新得間不通区間復旧”なら「年間9億8千万円赤字」。

今日は、「JR根室本線・東鹿越―新得間不通区間復旧なら“年間9億8千万円赤字”」のニュースについて。JR北海道副社長は11月13日、上川管内南富良野町長に、同社が廃止・バス転換を提案している根室本線“富良野―新得間”で、平成28年8月30日の台風10号による不通区間を復旧して運行開始した場合、「年間9億8千万円の赤字」が見込まれるとの試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南トロッコ鉄道」今年度の営業終了。

続いては、「“道南トロッコ鉄道”今年度の営業終了」の話題を一つ。渡島管内木古内町の旧JR江差線・渡島鶴岡駅にある「道南トロッコ鉄道」の今年度の営業が11月10日(日)をもって終了した。なお、来年度の営業は4月18日(土)午前10時からとのことである。 ●今年も全国の鉄道ファンに大人気だった「道南トロッコ鉄道」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「りくべつ鉄道」今年度の営業終了。

続いては、「“りくべつ鉄道”今年度の営業終了」の話題を一つ。全国の鉄道ファンに大人気の、陸別町にある「りくべつ鉄道」の今年度の営業が10月27日(日)をもって終了した。なお、来年度の営業日程については、決まり次第ホームページでお知らせするとのことである。 ●ラッピング車両の乗客で賑わうりくべつ鉄道・陸別駅1番ホーム
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR日高本線「鵡川―様似間」廃止へ。

今日は、「JR日高本線“鵡川―様似間”廃止へ」のニュースについて。平成27年1月の高波被害で不通が続き、JR北海道が廃止・バス転換を求めているJR日高本線「鵡川―様似間」(116㌔)について、日高管内7町長は11月12日、同管内新ひだか町で臨時会議を開き、バス転換に向けて各町がJRと個別協議に入ることを決め、来年3月までの最終合意を目指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

348 国鉄小樽築港機関区。

国鉄小樽築港機関区(現JR小樽運転所)は、蒸気機関車が多く配置される機関区として人気を集め、“北の要衝”とも呼ばれ、現役時代は大型扇形庫が設置されていた(今は跡形もなく、車両の配置もなく、運転士のみとなって小樽駅構内へ移っている)。ちなみに、昭和41年3月31日現在の蒸気機関車配置は、〔D51形16両・C62形6両・C57形17両・96…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more