テーマ:鉄道

今年もJR宗谷本線に臨時急行「花たび そうや号」走る。

続いては、「今年もJR宗谷本線に臨時急行“花たび そうや号”走る」の話題を一つ。JR北海道は、昨年大好評だった臨時急行「花たび そうや号」を今年も走らせる。 〈花たび そうや号・旭川発〉 ○運転日 5月15日(土)・22日(土)・29日(土)・6月5日(土)の4日間 ○運転区間 旭川―稚内間(259.4㎞) ○所要時間 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路市立博物館で企画展「石川隆写真展~惜別 太平洋石炭販売輸送臨港線廃止への路~」開催。

続いては、「釧路市立博物館で企画展“石川隆写真展~惜別 太平洋石炭販売輸送臨港線廃止への路~”開催」の話題を一つ。2019年6月、“太平洋石炭販売輸送臨港線”は惜しまれつつ、94年の長い歴史に幕を下ろし、残念ながら石炭列車の走る姿をもう見ることはできない--‐。『何かを残したい』。春採駅から知人駅に至る約4㌔の鉄路が、職員の作業により撤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小樽市総合博物館「バーチャル(VR)博物館」開設。

今日は、「小樽市総合博物館“バーチャル(VR)博物館”開設」の話題を一つ。小樽市総合博物館では、コロナ禍の影響で多くの方々が博物館に来ることができない状況が続いている。そこで、web上で博物館を体験しもらえるように、このたび「バーチャル(VR)博物館」を開設した。全国の鉄道ファンの皆さん、ぜひ、「バーチャル(VR)博物館」を見学してみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕キハ400系気動車「急行天北」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、このたび、かつて国鉄天北線(音威子府―南稚内間・148.9㌔・平成元年5月1日廃止)で大活躍した「急行天北」が登場した。本来はキハ400系気動車4両編成だが、今回は、山下機関区の車両の都合でキハ400系1両+キハ40形2両の変則3両編成で走行している。 ●国鉄山下線を走るキハ400系気動車「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション809 SLヘッドマークキャンディー空缶(5個)〕

今回紹介するのは、「SLヘッドマークキャンディー缶」の「空缶」(5個)である。内訳は〈SL函館大沼号・SL冬の湿原号・SLみなかみ・SLレトロ碓氷・SL会津只見〉である。 ●SLヘッドマークキャンディー空缶(5個)〈表〉 ●SLヘッドマークキャンディー空缶(5個)〈裏〉
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道「観光列車購入」してJR北海道に無償貸与。

続いては、「北海道“観光列車購入”してJR北海道に無償貸与」の話題を一つ。鈴木北海道知事は、1月23日、JR北海道が地元負担を前提に存続する方針の8区間の利用促進策として「観光列車」を購入して新年度から3年間、JR北海道に無償貸与する方針を示した。それによると、北海道と国が全額補助し、道の第三セクター・北海道高速鉄道開発に、普通列車を観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「261系5000代はまなす編成」で運行する特急列車を公表。

続いては、「JR北海道“261系5000代はまなす編成”で運行する特急列車を公表」の話題を一つ。JR北海道はこのたび、3~6月にかけて運行する「261系5000代はまなす編成」にて運行する特急列車を公表した。 ○宗谷・サロベツ ・宗谷(下り) 札幌発7:30―稚内着12:40 3月2日(火)他 ・サロベツ4号(上り) 稚内発1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「春の臨時列車のお知らせ」。

続いては、「JR北海道“春の臨時列車のお知らせ”」の話題を一つ。JR北海道では、3月1日(月)~6月30日(水)までの122日間「春の臨時列車」を運転するという。 〈期間中に運転する臨時列車〉 北海道新幹線6本・在来線194本の計200本 ○北海道新幹線 ゴールデンウイーク期間中に「臨時はやぶさ」を運転する ○在来線 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観光列車「SL冬の湿原号」今季の運行開始。

今日は、「観光列車“SL冬の湿原号”今季の運行開始」の話題を一つ。雄大な冬の釧路湿原をめぐるJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」の今シーズンの運行が、1月23日から始まった。平成12年に運行を始めた「SL冬の湿原号」は、釧網本線の釧路駅と標茶駅を結ぶ季節限定の観光列車である。この日は、出発前の午前10時半すぎ、釧路駅のホームに列車が入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市企業局交通部「函館市電のご利用にあたって」の内容公表。

今日は、「函館市企業局交通部“函館市電のご利用にあたって”の内容公表」の話題を一つ。函館市企業局交通部は、このたび「市電のご利用にあたって」は、市電の乗車料金および乗車券等に関し必要な事項を定めた『函館市電乗車料金条例』等が、〈旅客運送取引(定型約款)〉の内容(函館市電乗車料金条例・函館市電乗車料金条例施行規程・函館市軌道事業ICカード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション808〈Nゲージ〉キハ480系急行天北先頭車〕

今回紹介するのは、〈Nゲージ〉の「キハ480系急行天北先頭車」である。この「急行天北」は、昭和36年10月1日に“札幌―稚内間”を函館本線―宗谷本線―天北線経由で運行する急行列車として運行を開始し、平成元年5月1日の天北線廃止に伴い、経路変更を行ったうえで急行宗谷に編入された。ちなみにこの「キハ400形急行用型気動車」は、キハ40系10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線で「宅配便」年度内に事業化。

今日は、「北海道新幹線で“宅配便”年度内に事業化」の話題を一つ。物流大手の佐川急便とJR北海道は1月21日、「宅配便」を北海道新幹線で運ぶ〈貨客混載〉の実車検証を、新函館北斗駅から新青森駅までの約150㌔で行った。佐川急便は“北海道―本州間”の輸送時間の短縮を、JR北海道は新幹線の空きスペースの有効活用が狙いで、両社は〈貨客混載〉の3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市交通事業振興公社「市電フェスティバルWEB版」を公開。

続いては、「札幌市交通事業振興公社“市電フェスティバルWEB版”を公開」の話題を一つ。札幌市電を運営する(一般財団法人)札幌市交通事業振興公社では、「市電フェスティバルWEB版」を公開している。これは、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、開催中止となった「市電フェスティバル」の代替イベントとして企画されたものである。 ○公開期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市のギャラリーで「鈴木周作作品展~市電日記2021・スロウな電車の原画展~」好評開催中。

続いては、「札幌市のギャラリーで“鈴木周作作品展~市電日記2021・スロウな電車の原画展~”好評開催中」の話題を一つ。札幌を拠点に活動中のイラストレーター・鈴木周作氏の作品展「市電日記2021~スロウな電車の原画展~」が市内のギャラリーで好評開催中である。 ○開催期間 1月4日(月)~30日(土)まで〈日祝休み〉 ○開催時間 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観光列車「SL冬の湿原号」試運転。

続いては、「観光列車“SL冬の湿原号”試運転」の話題を一つ。JR北海道唯一のSL・C11形蒸気機関車171号機が牽引し、全国の観光客に大人気の観光列車「SL冬の湿原号」が、1月23日の今季の運転初日を迎えるのを前に、20日、本番と同じ“釧路―標茶間”で試運転が行われた。この試運転は、蒸気機関車の整備状況の確認や乗務員の訓練などを目的に毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「QRコード乗車駅証明書精算システム」きょうから運用。

今日は、「JR北海道“QRコード乗車駅証明書精算システム”きょうから運用」の話題を一つ。JR北海道は1月21日から、無人駅の石勝線・トマム駅から札幌方面行き列車の利用客向けに、専用のQRコードを使えば降車した札幌駅などで自動精算できる「QRコード乗車駅証明書精算システム」の運用を始めるという。これは、トマム駅には券売機がなく、これまで車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション807〈Nゲージ〉トミックス キハ183系特急形気動車先頭車〕

今回紹介するのは、〈Nゲージ〉の「トミックス キハ183系特急形気動車先頭車」である。この「キハ183系」は、国鉄が開発し、JR北海道が継承し保有する特急形気動車である。従来の特急形気動車の仕様を再検討し、諸設備の機能向上と耐寒耐雪機能に留意した〈北海道専用車両〉として開発された系列である。北海道内各系統の特急列車は、昭和36年10月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「JRキハ130形(日高本線)セット」販売。

続いては、「トミーテック、トミックスNゲージ“キハ130形(日高本線)セット”販売」の話題を一つ。トミーテックは、トミックスのNゲージ「JRキハ130形ディーゼルカー(日高本線)セット」を販売する。この「JRキハ130形」は、昭和63年に登場したディーゼルカーで、苫小牧運転区に所属し日高本線で活躍したが、平成12年に一般的な運用を終了し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「ふるさと銀河線りくべつ鉄道CR70・75形セット」販売。

今日は、「トミーテック、トミックスNゲージ“ふるさと銀河線りくべつ鉄道CR70・75形セット”販売」の話題を一つ。トミーテックは、トミックスのNゲージ「ふるさと銀河線りくべつ鉄道CR70・75形セット」を販売する。この「CR70-8形」は、北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の開業に合わせ昭和63年に登場したディーゼルカーで、また、「CR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR貨物、1月の暴風雪の影響で「迂回運転」。

今日は、「JR貨物、1月の暴風雪の影響で“迂回運転”」の話題を一つ。たび重なる低気圧の通過と暴風雪の影響で、北海道・東北・上越・北陸の路線に不通区間が発生し、JR貨物の貨物列車は1月7~16日にかけてコンテナ列車456本が運休した。このため、1月14~15日には、各地で断続して発生する不通区間を避けるように、貨物列車を「迂回運転」させ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

417 JR北海道車両の「耐寒・雪氷対策」。

JR北海道の車両は、北海道の冬期間における厳しい自然環境に対応するため、国鉄時代から独自の改造や専用形式車両の導入などが行われている。例えば、視認性確保のための多灯前照灯、二重窓や固定窓の採用、客室のデッキあるいはエアーカーテンの設置などがある。また、JR旅客6社で唯一直流型電車を所有していない。ちなみに、国鉄時代には気動車においては北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本38〉隔週刊 鉄道ザ・プロジェクト1~東海道新幹線~(DVD付き)。

今回紹介する本は、令和3年2月9日に㈱ディアゴスティーニ・ジャパンから発行された「隔週刊 鉄道ザ・プロジェクト1~東海道新幹線~(DVD付き)」(創刊号特別価格税込499円)である。ちなみに発行予定は、全90号を予定しており、次号からは税抜1部1390円となり、全号購入すれば税込136081円となる。とても全号は購入できそうもない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション806〈モノクロ写真パネル〉義経号としづか号再会〕

今回紹介するのは、昭和55年の北海道鉄道開業100周年を記念して、北海道小樽市の国鉄手宮駅で再会した「義経号としづか号再開」の〈モノクロ写真パネル〉である。この両機関車は、旧国鉄の前身である鉄道院・鉄道省に在籍していたテンダー式蒸気機関車で、明治13年の北海道初の鉄道である官営幌内鉄道の開業にあたり米国から輸入された蒸気機関車である。ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション805〈ホタテ貝観光記念品〉国鉄興浜北線・北見枝幸駅〕

今回紹介するのは、枝幸町・枝幸町観光協会が観光および路線維持のPRのため作成し、「国鉄興浜北線・北見枝幸駅」で販売していた〈ホタテ貝観光記念品〉である。この国鉄興浜北線は、浜頓別駅で天北線から分岐し、オホーツク海沿岸を南下し、北見枝幸駅に至る路線である。昭和11年7月10日に、“浜頓別―北見枝幸間”(30.4㌔)を興浜北線として開業した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション804〈国鉄相生線〉廃止記念レール〕

今回紹介するのは、昭和60年4月1日に廃止された〈国鉄相生線〉の「廃止記念レール」である。この〈国鉄相生線〉は、“釧路―美幌間”を結ぶ〈釧美線〉として計画された路線で、大正13年11月17日に“美幌―津別間”(16.6㌔)で開業し、その後、大正14年11月15日に“津別―北見相生間”(20.2㌔)の延伸開業で全通した。戦後は、林業の衰退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線・特急運休の「代走車両」とは?

今日は、「JR宗谷本線・特急運休の“代走車両”とは?」の話題を一つ。年末年始の大雪で、JR北海道の豪雪エリアでも各地で列車の運休が発生している。“札幌―稚内間”396.2㌔を、1日1往復するキハ261系の特急宗谷(51D・52D)や、“旭川―稚内間”285.3㌔を1日2往復する特急サロベツ(61~64D)にも今年1月、運休が発生した。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「第12回鉄道中古部品販売」開催。

続いては、「JR北海道“第12回鉄道中古部品販売”開催」の話題を一つ。JR北海道は、『北の大地を走り抜け、現役を引退した車両を解体した部品を数量限定で販売!』との趣旨で「第12回鉄道中古部品販売」を開催する。全国の鉄道ファンの皆さん、毎回、販売開始と同時に売り切れる貴重な「鉄道中古部品」をゲットしませんか。 ○開催日時 1月21…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線の「旭川延伸」へ3月期成会設立。

続いては、「北海道新幹線の“旭川延伸”へ3月期成会設立」の話題を一つ。2031年3月に予定されている北海道新幹線の札幌延伸を見据え、上川管内の全23市町村と商工会議所など26経済団体は、「旭川延伸」を目指す『北海道新幹線旭川延伸に係る期成会(仮称)』を3月に設立する。これは、経済効果や札幌、東京へのアクセス向上などを訴え、機運の醸成を図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本州地方の大雪で「本」1週間遅れで入荷。

今日は、「本州地方の大雪で“本”1週間遅れで入荷」の話題を一つ。北陸や東北地方で今月上旬に大雪が続いた影響で、道内と本州を結ぶ貨物列車が1月7日から運休し、道内への「本」の輸送が約1週間ストップした。JR貨物は15日朝から運転を再開しており、「本」は順次店頭に並び始めた。この原因は、道内発着の貨物列車が通る青森県のJR津軽線が除雪作業で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「北海道新幹線乗務員シュミレーター」を導入。

続いては、「JR北海道“北海道新幹線乗務員シュミレーター”を導入」の話題を一つ。JR北海道は1月14日の記者会見で、北海道新幹線の運転士と車掌の運転技術や異常時の対応力強化に向け、「新幹線乗務員シュミレーター」を導入したことを明らかにした。導入費は約4億1千万円で、昨年11月に北海道新幹線車両基地内の函館新幹線運輸所に設置したという。ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more