テーマ:鉄道関連

「北海道に泊まろう!!キャンペーン」実施。

今日は、「“北海道に泊まろう!!キャンペーン”実施」の話題を一つ。JRグループ協定旅館ホテル連盟北海道地域本部とJR北海道では、秋から冬に向けて新型コロナウイルスの影響からの挽回やGoToトラベルキャンペーンによる旅行機運の盛り上げにつなげていくことを目的に、「北海道に泊まろう!!キャンペーン」を実施するという。全国の鉄道ファンの皆さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セット」販売。

今日は、「トミーテック、トミックスNゲージ“JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セット”販売」の話題を一つ。トミーテックでは、トミックスのNゲージ「JRキハ143形ディーゼルカー(室蘭本線)セット」を販売する。 ○販売開始日 2021年1月~ ○価   格 税抜9800円 ○セット内容 キハ143‐100+キハ14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

395 「タブレットキャッチャー」いろいろ。

「タブレットキャッチャー」とは、通票閉塞式を採用している区間にて、駅を通過する際に通票授器から通票を引っかけて受け取るために鉄道車両に設置している器具のことで、引っかかったときの勢いで通票が車両にぶつかり、ガラス窓を割ったり塗装を傷めたりするため、ぶつかる場所が窓の場合は金属の棒で、鋼体側面の場合はゴム板で防護がしてある。また、「タブレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リゾート列車「クリスタルエクスプレス部品」21分で完売。

今日は、「リゾート列車“クリスタルエクスプレス部品”21分で完売」の話題を一つ。昨年9月、老朽化のために引退したリゾート列車「クリスタルエクスプレス」の部品がネット通販で販売され、わずか21分で完売した。このリゾート列車「クリスタルエクスプレス」は、JR北海道第1号のリゾート列車で、通常の車両よりも窓が大きいなど独特なデザインもあって全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕急行列車&石油タンク車登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線では、現在、C62形蒸気機関車2号機牽引の5両編成の「急行列車」と、DD51形ディーゼル機関車牽引の6両編成の「石油タンク車」が走っている。 ●急行列車① ●急行列車② ●急行列車➂ ●急行列車④ ●急行列車⑤ ●石油タンク車① ●石油タンク車② ●石油タンク車➂ ●石油タンク車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関水金属、KATONゲージ「ED79形シングルアームパンタグラフ仕様」再販売。

続いては、「関水金属、KATONゲージ“ED79形シングルアームパンタグラフ仕様”再販売」の話題を一つ。関水金属はKATOのNゲージ「ED79形シングルアームパンタグラフ仕様」を再生産し、販売するという。この機関車は、昭和63年に開業した青函トンネル専用の電気機関車で、国鉄のED75形700番台の機関車を改造する形で誕生した、貨客両用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花咲線絶景と開業100周年駅と旧標津線を巡るツアー」参加者募集中。

今日は、「“花咲線絶景と開業100周年駅と旧標津線を巡るツアー”参加者募集中」の話題を一つ。花咲線を盛り上げる会では、JR花咲線の5駅(糸魚沢駅・茶内駅・浜中駅・姉別駅・厚床駅)が開業100周年を迎えることを記念して「花咲線絶景と開業100周年駅と旧標津線を巡るツアー」の参加者を募集している。 ○開催日時 10月12日(土) 8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「JR24系北斗星基本セット&増結用客車(JR東日本仕様)」販売。

続いては、「トミーテック、トミックスNゲージ“JR24系北斗星基本セット&増結用客車(JR東日本仕様)”販売」の話題を一つ。トミーテックは、トミックスのNゲージ「JR24系北斗星基本セット&増結用客車(JR東日本仕様)」を販売する。 ○販売開始日 9月18日(金)~ ○価   格 基本セット:税抜17800円/増結用客車:税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミーテック、トミックスNゲージ「JRDD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)」再販売。

続いては、「トミーテック、トミックスNゲージ“JRDD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)”再販売」の話題を一つ。トミーテックは、トミックスNゲージの「JRDD51形ディーゼル機関車(JR北海道色)」を、再生産し販売するという。ちなみにこの機関車は、非電化幹線の動力近代化を進める目的で、昭和37年に試作車の1号機が登場、翌年から量産が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の「箱館ハイカラ號」1日だけ運行。

今日は、「函館市電の“箱館ハイカラ號”1日だけ運行」の話題を一つ。函館市電の「箱館ハイカラ號」が9月19日、乗客を乗せずに1日限定で運行する。この「箱館ハイカラ號」は、明治時代の路面電車を復元した車両で、毎年季節運行で観光客らの人気を集めているが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となったため、市内のNPO法人などが企画、乗客を乗せな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線H5系H4編成に「ウポポイPRステッカー」貼り付け。

続いては、「北海道新幹線H5系H4編成に“ウポポイPRステッカー”貼り付け」の話題を一つ。JR北海道では、今年7月12日(日)に白老町にオープンした民族共生象徴空間・ウポポイのPRラッピングが、快速エアポート733系と特急北斗キハ261系に施されているが、9月上旬からは、北海道新幹線H5系H4編成にも「ウポポイPRステッカー」が貼り付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この夏、限定!!JR花咲線「特別2両編成」試験運行。

今日は、「この夏、限定!!JR花咲線“特別2両編成”試験運行」の話題を一つ。JR花咲線(釧路―根室間・135.4㌔)は、この夏、「特別2両編成」による試験運行を実施している。全国の鉄道ファンの皆さん、北方領土が目前にせまる根室方面に来ませんか。 ○運行期間 8月1日(土)~9月27日(日)までの土日祝 ○運行時間 ・釧路発 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

394 下り急行天北の「タブレット授受」。

天北線は、大正3年11月7日に国鉄宗谷線の“音威子府駅―小頓別駅間”が延伸開業、その後、延伸開業に伴い、宗谷本線・宗谷線・宗谷本線・北見線と改称を重ね、昭和36年4月1日、北見線が〈天北線〉に改称された。その後、貨物、乗客の減少に伴い国鉄再建法の施行により、昭和60年8月に第2次特定地方交通線に選定され、JR北海道に継承されて2年余り後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根室市「JR花咲線利用可能者調査」実施。

続いては、「根室市“JR花咲線利用可能者調査”実施」の話題を一つ。根室市は、JR花咲線維持確保対策事業として「JR花咲線利用可能者調査」を実施している。調査は、JR北海道が単独では維持困難とされるJR花咲線の維持存続に向けた可能性を探るため、8月1日~9月27日までの毎週末(土・日・祝)の計29日間、2両編成の列車の1日午前午後の2往復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「札幌圏赤字54億円増」。

今日は、「JR北海道“札幌圏赤字54億円増”」の話題を一つ。JR北海道は9月9日、今年の4~6月期の線区別収支を発表した。これによると、新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道需要が減ったことから、本業のもうけを示す営業損益は219億1900万円の赤字となり、赤字幅は前年同期から103億1千万円拡大した。特に、移動自粛や学校の休校で通勤通学客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーション「来場記念特別入場券」好評発売中。

続いては、「道の駅あびらD51ステーション“来場記念特別入場券”好評発売中」の話題を一つ。安平町にある、道の駅あびらD51ステーションでは、オリジナルの「来場記念特別入場券」(特別台紙付き・1セット300円)を好評発売中である。この「来場記念特別入場券」は、8月22日(土)~23日(日)に開催された『炭鉄港イベント~鉄路の軌跡~』で先行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅で「道外土産」販売。

今日は、「JR札幌駅で“道外土産”販売」の話題を一つ。北海道キヨスクが、新型コロナウイルスの感染拡大で、運営する土産店の売り上げが減る中、従来は扱ってこなかった「道外土産」の販売に活路を見いだそうとしている。「道外土産」の販売は7月中旬から始め、入荷すぐに売り切れるなど好評で、8月15日からは東京土産定番の洋菓子〈東京ばな奈〉を初めて扱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道「ピンク色鉄印帳」販売開始。

続いては、「道南いさりび鉄道“ピンク色鉄印帳”販売開始」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、9月8日(火)より新色の「ピンク色鉄印帳」を販売開始するという。ちなみに販売箇所は、道の駅みそぎの郷木古内の売店レジ・道南いさりび鉄道の五稜郭駅売店・道南いさりび鉄道の本社窓口の3箇所である。なお、鉄印帳および鉄印の通信販売はやっていないとのこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の〈鉄道中古部品販売〉に「クリスタルエクスプレス車両部品」初登場!

今日は、「JR北海道の〈鉄道中古部品販売〉に“クリスタルエクスプレス車両部品”初登場!」の話題を一つ。「クリスタルエクスプレス」は、JR北海道における5代目のリゾート列車としてデビューし、昨年9月までの約30年間にわたり活躍した。また、平成2年度にはグッドデザイン賞を受賞するなど高級感あふれるデザインが高く評価されたほか、1編成4両しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りくべつ鉄道で「狩勝電鉄」が試運転。

今日は、「りくべつ鉄道で“狩勝電鉄”が試運転」の話題を一つ。旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設『ふるさと銀河線りくべつ鉄道』で9月3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手づくりトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行った。この日は、旧ふるさと銀河線の“金澤踏切―松浦踏切間”と、“分線―石井踏切間”で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈4〉】

●入線してきた北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」① ●入線してきた北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」② ●入線してきた北海道新幹線アクセス列車「はこだてライナー」③ ●入線してきた「特急北斗」① ●入線してきた「特急北斗」② ●発車を待つ「特急北斗」 ●入線してきた道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ号」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈3〉】

●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にある「旧国鉄松前線&江差線待合室風休憩所」① ●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にある「旧国鉄松前線&江差線待合室風休憩所」② ●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にある「旧国鉄松前線&江差線待合室風休憩所」③ ●JR函館駅の横にある飲食店街〈ハコビバ〉の中にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈2〉】

●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」①(かつて、荷の積み下ろしのための引込線が敷設されていた) ●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」②(かつて、荷の積み下ろしのための引込線が敷設されていた) ●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」③(かつて、荷の積み下ろしのための引込線が敷設されていた) ●JR函館運輸所近くの「民間倉庫」④(かつて、荷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【JR函館駅周辺散策〈1〉】

9月6日(日)、臨時特急「ニセコ号」の写真撮影のついでに、久しぶりにJR函館駅周辺を散策してきた。 ●JR函館駅前 ●JR函館駅の入口前にある「旧函館駅所在地碑」① ●JR函館駅の入口前にある「旧函館駅所在地碑」② ●JR函館駅の入口前にある「旧函館駅所在地碑説明文」③ ●JR函館駅の隣に、このたびオープンしたホテル「JR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸」探訪記〈2〉】

●「可動橋」全景① ●「可動橋」全景② ●「可動橋」全景③ ●「摩周丸」の貨車積込入口① ●「摩周丸」の貨車積込入口② ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール① ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール② ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール③ ●「摩周丸」の貨車積込入口のレール④ ●かつて、ここ可動橋からレールが敷設されていて函…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【旧国鉄青函連絡船「摩周丸」探訪記〈1〉】

9月6日(日)、臨時特急「ニセコ号」の写真撮影の合間、時間があったので、久しぶりに旧国鉄青函連絡船「摩周丸」周辺を探訪してきた。 ●「摩周丸」全景① ●「摩周丸」全景② ●「摩周丸」の船名板(前) ●「摩周丸」の船名板(後) ●「摩周丸」の救命艇 ●「摩周丸」の操舵室 ●「摩周丸」のイメージマスコット ●「摩周丸」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【臨時特急「ニセコ号」函館駅到着〈3〉】

●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」⑧ ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」⑨ ●臨時特急「ニセコ号」と特急「北斗」のコラボ① ●臨時特急「ニセコ号」と特急「北斗」のコラボ② ●臨時特急「ニセコ号」と道南いさりび鉄道車両のコラボ① ●臨時特急「ニセコ号」と道南いさりび鉄道車両のコラボ② ●臨時特急「ニセコ号」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【臨時特急「ニセコ号」函館駅到着〈2〉】

●4番線ホームに入線の臨時特急「ニセコ号」① ●4番線ホームに入線の臨時特急「ニセコ号」② ●4番線ホームに入線の臨時特急「ニセコ号」③ ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」① ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」② ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」③ ●4番線ホームに到着した臨時特急「ニセコ号」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【臨時特急「ニセコ号」函館駅到着〈1〉】

9月6日(日)、1年ぶりに臨時特急「ニセコ号」が函館駅に来るというのでさっそく行って来た。例年だと人通りが絶えない函館駅周辺だが、新型コロナウイルスの影響で人影もまばらであり、久しぶりの外出だったが本当にびっくりした。午後1時40分、いつ引退してもおかしくない懐かしいキハ183系3両編成の臨時特急「ニセコ号」が、4番ホームに定刻通り到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

393 C62形蒸気機関車3号機の「自動給炭機」。

「自動給炭機」とは、蒸気機関車などの蒸気機関のボイラーに燃料である石炭を供給する装置で、メカニカルストーカーまたは単にストーカーともいう。仕組みは、炭水車からスクリューで石炭を運転室まで搬送し、蒸気で火室内に飛ばした。なお、急勾配を上る時など、蒸気が必要な場合には人力で投炭して補った。日本では、蒸気機関車用の「自動給炭機」は、昭和23年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more