テーマ:鉄道関連

JR北海道、石北本線沿線地域の皆さんによる「特急列車内特産品販売」について。

続いては、「JR北海道、石北本線沿線地域の皆さんによる“特急列車内特産品販売”について」の話題を一つ。JR北海道では、毎回好評の特急列車をご利用のお客様に沿線地域の皆さんによる地域の特産品を販売する「特急列車内特産品販売」を、7月~9月の週末を中心に実施するという。 ○対象列車 ・特急大雪1号/2号/4号 ・特急オホーツク1号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止された「太平洋石炭販売輸送臨港線」の車両は今---。

続いては、「廃止された“太平洋石炭販売輸送臨港線”の車両は今---」の話題を一つ。。釧路市の春採湖東側の湖畔からひぶな坂に続く市道を1本隔てた場所に、鉄道車両がひっそりとと残っている。これは、大正14年2月11日に開業し令和元年6月30日に廃止された、石炭輸送専用の鉄道「太平洋石炭販売輸送臨港線」で活躍したディーゼル機関車と貨車である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利尻&礼文の小学生対象の「子ども鉄道乗車体験」行われる。

今日は、「利尻&礼文の小学生対象の“子ども鉄道乗車体験”行われる」の話題を一つ。子どもに地域公共交通を身近に感じてもらおうと、北海道宗谷総合振興局主催の「子ども鉄道乗車体験」が6月25日行われ、利尻&礼文両島の小学生21人がJR宗谷本線の抜海駅から稚内駅まで乗車した。列車に乗るのは初めてという子どもや、来春廃止予定の抜海駅を興味深げに見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション989〈旭川市記念品〉石北線開通祝賀記念〕

今回紹介するのは、昭和7年10月1日の石北線(新旭川―網走間)の全通を記念し、旭川市が開催した石北線開通祝賀会で参加者に配布された〈記念品〉である。正絹には『明治十八年八月岩村通俊永山武四郎長谷部辰連佐藤秀顕等各以其官事登此山則山河圖続原野廣大實有天府之他年大道-------』とあり、いかにこの石北線沿線が昔から大変な所であったかについ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション988〈カラー写真L判〉稚内市・北防波堤ドームとC55形蒸気機関車49号機〕

今回紹介するのは、〈カラー写真L判〉の「稚内市・北防波堤ドームとC55形蒸気機関49号機」である。この稚内市にある北防波堤ドームは、稚内港の防波堤としての役割および稚泊連絡船(稚内―樺太・大泊間)の桟橋から駅までの乗り換え通路を兼用するため、昭和6年から5年間をかけて建設された。防波堤の外観としては異色のドーム状の形態をとっていることか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション987〈レプリカ実物大側面方向幕〉寝台特急トワイライトエクスプレス札幌&大阪〕

今回紹介するのは、〈レプリカ実物大側面方向幕〉の「寝台特急トワイライトエクスプレス札幌&大阪」である。この「寝台特急トワイライトエクスプレス」は、かつて“大阪―札幌間”(日本海経由)で運行されていた臨時寝台特急列車である。平成27年3月12日始発で一般販売を含めた臨時列車としての運行を終了し、その後は、ツアー専用列車として平成28年3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧JR深名線の「添牛内駅舎」、クラウドファンディングで修繕費募る。

今日は、「旧JR深名線の“添牛内駅舎”、クラウドファンディングで修繕費募る」の話題を一つ。昭和6年9月に開業し、平成7年の旧JR深名線廃線後も残る、幌加内町内にある老朽化した「添牛内駅舎」を地元のシンボルとして維持しようと、地域住民らが7月からクラウドファンディングで修繕費の一部350万円を目標額する寄付を募る。それに先立ち、6月25日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【初夏の「JR函館駅付近」散策〈2〉】

●函館市電「らっくる号」➀ ●函館市電「らっくる号」② ●函館市電「らっくる号」③ ●函館市青函連絡船記念館「摩周丸」➀ ●函館市青函連絡船記念館「摩周丸」② ●函館市青函連絡船記念館「摩周丸」③ ●函館市青函連絡船記念館「摩周丸」④ ●函館市青函連絡船記念館「摩周丸」⑤ ●函館市青函連絡船記念館「摩周丸」⑥  ●函館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【初夏の「JR函館駅付近」散策〈1〉】

先日、久しぶりにJR函館駅付近を家内と二人で散策してきた。コロナがある程度落ち着いたせいか、キャリアバックを引いている観光客の姿が多くみられ、ようやく函館にも賑わいが戻ってきたと感じられた。 ●賑わいが戻ってきた「JR函館駅前」➀ ●賑わいが戻ってきた「JR函館駅前」② ●賑わいが戻ってきた「JR函館駅」➀ ●賑わいが戻って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」見学記〈3〉】

●「北海道第一歩の地碑」見学①〈明治維新により名実ともに北海道の門戸となった函館。明治以降北海道の玄関口となった函館の上陸地がこの東浜桟橋(旧桟橋)で、北海道開拓のために全国からやってきた先人たちは、ここから希望に夢を膨らませ道内各地に散って行ったのである。ちなみに碑は、開道100年を記念して昭和43年に建立された〉 ●「北海道第一歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」見学記〈2〉】

●開催中の「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」① ●開催中の「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」② ●開催中の「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」③ ●開催中の「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」④てて ●開催中の「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力」⑤ ●開催中の「愛さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」見学記〈1〉〕

6月25日(土)、久しぶりに函館市電に乗って家内と二人で市立函館博物郷土資料館〈旧金森洋物店(明治13年創業・北海道指定有形文化財)〉に行き、6月10日の『路面電車の日』にちなみ開催中の「愛され続ける函館市電とハイカラな建物の魅力展」を見学してきた。今回は、市企業局から提供された「馬車鉄道&路面電車パネル」や「路線図」、旧金森洋物店をバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道×JRタワー、「カルチャーナイト2022」に参加!。

続いては、「JR北海道×JRタワー、“カルチャーナイト2022”に参加!」の話題を一つ。JR北海道とJRタワーは、札幌市民の皆様が地域文化を楽しめるイベント「カルチャーナイト」に今年も参加するという。 ○日時 7月22日(金) 16時~18時15分まで ○場所 JR札幌駅&JRタワー展望室T38 ○対象 小学生1年生~6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道他の「「乗って!見せて!!泊まろうキャンペーン」、好評につき延長。

続いては、「JR北海道他の“乗って!見せて!!泊まろうキャンペーン”、好評につき延長」の話題を一つ。JR北海道とJR旅連札幌支部は、対象の宿泊施設にお泊りの方へ、オリジナルの〈宿泊記念証明書〉の配布と、WチャンスとしてH100形電気式気動車DECMOの〈鉄道アクリルスタンド〉がもらえるキャンペーンを6月30日(木)まで実施中だが、利用客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線・新函館北斗駅で「みんなの願いを込めた七夕飾り」を今年も実施!

続いては、「北海道新幹線・新函館北斗駅で“みんなの願いを込めた七夕飾り”を今年も実施!」の話題を一つ。JR北海道函館支社では、昨年ご好評をいただいた「みんなの願いを込めた七夕飾り」を今年も実施するという。北海道新幹線をご利用の皆様、これからの夢や目標、届けたい思いなどを短冊に込めてみませんか。 ○実施期間 6月23日(木)~8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市交通事業振興公社「子ども交通教室2022~市電を学ぼう~」参加者大募集!

今日は、「札幌市交通事業振興公社“子ども交通教室2022~市電を学ぼう~”参加者大募集!」の話題を一つ。札幌市交通事業振興公社では、今年も夏休み期間中に行う「子ども交通教室2022~市電を学ぼう~」の参加者を募集している。 ○開催日 8月8日(日)・9日(火)の2日間(計2回開催) ○開催時間 2日共13:20~15:30ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北見市留辺蘂町の「D51形蒸気機関車311号機」、7月から20年ぶりに修復作業に着手。

今日は、「北見市留辺蘂町の“D51形蒸気機関車311号機”、7月から20年ぶりに修復作業に着手」の話題を一つ。北見市は本年度、市内留辺蘂町の仲よし公園にあり、傷みの激しかった蒸気機関車「D51形蒸気機関車311号機」の修復作業に20年ぶりに着手する。これは、地元住民からの要望を受けたもので、車体の再塗装などを施すという。この「D51形蒸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小樽市で「北海道新幹線工事現場見学観光ツアー」行われる。

続いては、「小樽市で“北海道新幹線工事現場見学観光ツアー”行われる」の話題を一つ。このたび、東京からの観光ツアー客を対象に、小樽市の北海道新幹線工事現場で「見学観光ツアー」が行われた。見学したのは、小樽市と俱知安町を結ぶ後志トンネルで、今月時点でおよそ1㌔の掘削が完了し、いまも日夜掘り進めている現場である。ツアー参加者は、幅およそ10㍍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十勝管内・池田町の坂田さん、ワゴン車を憧れの「寝台特急北斗星」に改造。

続いては、「十勝管内・池田町の坂田さん、ワゴン車を憧れの“寝台特急北斗星”に改造」の話題を一つ。十勝管内・池田町の坂田さんは、憧れの「北斗星」には一度も乗る機会がなかった。それではマイカーを「北斗星」に改造して思い切り乗ろうと考え、いすゞのワゴン車に、「北斗星」と同じ日本国有鉄道が定めた〈青20号〉を塗装メーカー・関西ペイントに2万円で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十津川町開拓記念館で特別展「札沼北線廃線50年」好評開催中。

続いては、「十津川町開拓記念館で特別展“札沼北線廃線50年”好評開催中」の話題を一つ。JR札沼線の一部で、今年で廃止50年となる〈札沼北線〉を紹介する特別展「札沼北線廃線50年」が、新十津川町開拓記念館で好評開催中である。この〈札沼北線〉は、“石狩沼田―浦臼間”が昭和9年に開通、翌年の“桑園―浦臼間”開通に伴い、札幌から沼田町までを結ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市の皆川さん、懐かしの「愛国から幸福ゆき切符特別セット」を販売。

今日は、「札幌市の皆川さん、懐かしの“愛国から幸福ゆき切符特別セット”を販売」の話題を一つ。札幌市の皆川さんは、自宅に保管していた36年前の旧国鉄広尾線の「愛国から幸福ゆき切符」を、当時の駅舎写真なども含めた〈特別セット〉として200組限定(定価1300円)で、旧幸福駅の駅前売店で販売している。皆川さんは、『今では目にすることができない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東武鉄道のSL大樹号、北海道ゆかりのSL2両を含めた「3重連走行」を披露。

今日は、「東武鉄道のSL大樹号、北海道ゆかりのSL2両を含めた“3重連走行”を披露」の話題を一つ。かつて釧路市と雄別炭鉱を結んだ雄別鉄道で石炭などを運んだSLが47年ぶりに復元され、6月19日に埼玉県内で開かれたイベントで、北海道ゆかりのSL1両を含む2両のSLを連結した「3重連走行」を披露した。今回のイベントでは、復元されたC11形蒸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション986〈写真パネル〉函館にゆかりのある国鉄青函連絡船「松前丸」〕

今回紹介するのは、「函館にゆかりのある国鉄青函連絡船・松前丸」の関係資料を〈写真パネル〉にまとめたものである。なぜ、「松前丸」が函館にゆかりがあるのかというと、この「松前丸」の船名は、函館近郊の松前町に、江戸時代にあった蝦夷地唯一の藩・松前藩からとったものである。また「2代目松前丸」は、国鉄青函連絡船の中で唯一、地元の函館ドックで建造さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

㈱トミーテック、トミックスNゲージ「トランスイート四季島」(2種類)再販売。

続いては、「㈱トミーテック、トミックスNゲージ“トランスイート四季島”(2種類)再販売」の話題を一つ。㈱トミーテックは、トミックスのNゲージ「トランスイート四季島」(2種類)を再生産して販売するという。 ○販売開始時期 7月以降 ○販売価格 ・基本セット:税込30800円 ・増結セット:税込22000円 ○特徴 室内灯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

㈱トミーテック、トミックスNゲージ「24系トワイライトエクスプレスセット等」を再販売。

続いては、「㈱トミーテック、トミックスNゲージ“24系トワイライトエクスプレスセット等”を再販売」の話題を一つ。㈱トミーテックは、トミックスのNゲージ「24系トワイライトエクスプレスセット等」を再生産して販売するという。 ○販売開始時期 7月以降 ○販売価格 ・基本セットA:税込11000円 ・増結セットA:税込11000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

㈱トミーテック、トミックスNゲージ「JRキハ261系5000番台ラベンダー編成」(5両セット)販売。

続いては、「㈱トミーテック、トミックスNゲージ”JRキハ261系5000番台ラベンダー編成”(5両セット)販売」の話題を一つ。㈱トミーテックは、トミックスのゲージ「JRキハ261系5000番台ラベンダー編成」(5両セット)を販売するという。 ○販売開始時期 2023年1月 ○販売価格 税込18040円 ○ポイント ラベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション985〈記念プレート〉津軽海峡線連絡設備(木古内・函館間)電化第1号柱〕

今回紹介するのは、昭和60年7月12日に国鉄北海道総局が「津軽海峡線連絡設備(木古内・函館間)電化第1号柱」を記念して制作した〈記念プレート〉である。なお、津軽海峡線の「電化区間」は、〈中小国駅―新中小国信号場間(交流20000V・50Hz)/新中小国信号場―木古内駅間(交流25000V・50Hz)/交流20000V・50Hz電化の当線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道旭川支社、「宗谷本線で迎える周年を記念した各駅の取り組みについて」を発表。

今日は、「JR北海道旭川支社、”宗谷本線で迎える周年を記念した各駅の取り組みについて”を発表」の話題を一つ。今年度の宗谷本線において、音威子府駅が11月5日に『開駅110周年』、天塩中川駅が11月8日に『開駅100周年駅100周年』、南稚内駅が11月1日に『開駅100周年』を迎える。JR北海道旭川支社では、日頃よりご利用いただいているお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション984〈レプリカプレート〉C57形蒸気機関車1号機〕

今回紹介するのは、昭和45年10月14日の鉄道記念日に、日本国有鉄道新潟鉄道管理局×鉄道友の会新潟支部が共同で制作した「C57形蒸気機関車1号機」の〈レプリカプレート〉である。この機関車は、昭和12年3月22日に川崎車輌兵庫工場で新製され、鉄道省東京局に配属され、水戸機関区に配置された。戦後は、引退後、京都の梅小蒸気機関車館に保存されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション983〈青函連絡船タグボートシリーズ急行券№1~3〉えさし丸&第三鉄栄丸&かっとし丸〕

今回紹介するのは、国鉄青函船舶鉄道管理局から発行された〈青函連絡船タグボートシリーズ急行券№1~3〉の「えさし丸&第三鉄栄丸&かっとし丸」である。タグボート(補助汽船)とは、連絡船の離着岸時に船体の曳き出し・推進作業を行うほか、錨地停泊中の連絡船への交代乗員の送迎、航路標識整備、港内清掃などに従事した。狭い水域での作業のため、戦前の早い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more