テーマ:灯油ランプ&油庫

416 国鉄函館本線「旧本郷駅の灯油ランプ&油庫」。」

道南の木古内町にある〈木古内町郷土資料館・いかりん館(見学は無料)〉の鉄道コーナーに、古びた「灯油ランプ」が展示されている。明治35年12月10日、道南初の鉄道が“函館―本郷(後の渡島大野駅、現在の新函館北斗駅)間”の約16㌔で開業した。当時、本郷駅で使われていたのが、この「灯油ランプ」である。高さ約30㌢、幅約20㌢の箱のような形で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more