テーマ:H100形気動車

JR北海道の新型気動車「H100形」、旭川・苫小牧地区で営業運転開始。

続いては、「JR北海道の新型気動車“H100形”、旭川・苫小牧地区で営業運転開始」の話題を一つ。JR北海道では、3月13日にダイヤ改正が行われ、新型気動車「H100形」が旭川地区および苫小牧地区で営業運転を開始した。これにより、室蘭本線の“東室蘭―長万部間”のすべてと、“苫小牧―室蘭間”、宗谷本線の“旭川―名寄間”の大半の普通列車が新型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新製配置の「H100形気動車」が営業運転を開始。

今日は、「新製配置の“H100形気動車”が営業運転を開始」の話題を一つ。JR北海道では、キハ40系気動車の老朽取替用として、苗穂運転所に新製配置された「H100形気動車・DECMO」が、3月14日(土)のダイヤ改正にあわせて、函館本線の通称山線といわれる“長万部―札幌間”で営業運転を開始した。これにより、同区間の気動車は、「H100形」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、新型気動車「H100形4両編成」試運転を実施。

続いては、「JR北海道、新型気動車“H100形4両編成”試運転を実施」の話題を一つ。JR北海道では、1月29日(水)、新型気動車の「H100形4両編成」の試運転を実施した。使用車両は、札幌方から〈H100-9+10+11+12〉で、1月8日(水)に甲種輸送で到着した車両である。この日は、札幌で折り返して、江別方面に向かった。 ●試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「H100形気動車量産車」を報道陣に公開。

今日は、「JR北海道“H100形気動車量産車”を報道陣に公開」の話題を一つ。JR北海道は12月12日、札幌の苗穂運転所で「H100形気動車量産車」を報道陣に公開した。この「H100形気動車」は、現在のキハ40形気動車の置換えを目的に導入された電気式気動車で、平成30年に量産先行車が2両完成し、基本性能の確認・検証などが行われてきた。今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more