テーマ:Nゲージジオラマ

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕懐かしの国鉄松前線「さよなら松前線臨時列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、懐かしの国鉄松前線「さよなら松前線臨時列車」が登場した。この国鉄松前線は、“木古内―松前間”(50.8㌔)を走る、廃止基準をクリアしていたローカル線であったが、津軽海峡線開業等の諸事情により昭和63年2月1日をもって全線廃止された。今回は、その廃止無念の意味をこめて、前日の1月31日の廃止最終日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕ディーゼル機関車牽引急行「ニセコ」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、このたびディーゼル機関車牽引の急行「ニセコ」が登場した。このディーゼル機関車牽引の急行「ニセコ」は、C62形蒸気機関車重連で全国的に有名だった“札幌―函館間(山線経由)”の急行「ニセコ」が、昭和46年9月15日に運転を終了したので、その後継として翌9月16日から登場した列車である。牽引機関車はDD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕懐かしのディーゼル急行「宗谷」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、非常に懐かしいディーゼル急行「宗谷」が登場した。この急行は、昭和36年10月1日に、準急「宗谷」が急行列車に昇格し、運転区間を今までの“札幌―稚内間”から“函館―稚内間”(函館本線・室蘭本線・千歳線・函館本線・宗谷本線経由)に変更、併設列車として、滝川駅で急行「摩周」(函館―釧路間)に、旭川駅で急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕懐かしの急行「えさし」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、懐かしの急行「えさし」が登場した。この列車は昭和35年10月1日に、毎日運行の臨時準急列車として“函館―江差間”に登場、翌昭和36年10月1日に定期列車となった。昭和38年12月1日には同一区間を運行する準急「おくしり」・同「ひやま」が運行を開始したが、昭和41年10月1日にはこれらの列車を統合し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕国鉄キハ82系特急「北海」および夜行急行「たるまえ」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、今回初めて懐かしい国鉄キハ82系特急「北海」が登場した。この特急は、国鉄時代の昭和42年3月から昭和61年10月まで、函館本線の“函館―長万部―俱知安―小樽―札幌間”の通称山線を走っていた特急である。また時同じくして、懐かしいC62形蒸気機関車牽引の夜行急行「たるまえ」も登場した。この夜行急行は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕懐かしのキハ82系特急「おおとり」登場&山下駅に「小規模コンテナ施設」新設。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、このたび懐かしのキハ82系特急「おおとり」が登場した。この特急「おおとり」は、かつて、“函館―網走間”660.8㌔を10時間30分かけて走っていた長距離特急である。また、山下駅には「小規模コンテナ施設」が新たに設置された。 ●懐かしのキハ82系特急「おおとり」① ●懐かしのキハ82系特急「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の今〕秋の北の大地を「コンテナ列車」と「夜行急行」が走る。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線には、今、DF200形ディーゼル機関車牽引の「コンテナ列車」と、DF50形ディーゼル機関車牽引の「夜行急行北光」が、秋の北の大地を駆け抜けている。 ●DF200形ディーゼル機関車牽引の「コンテナ列車」① ●DF200形ディーゼル機関車牽引の「コンテナ列車」② ●DF200形ディーゼル機関車牽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕非電化区間にディーゼル機関車牽引の団体臨時電車「北の大地号」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線の非電化区間に、今回初めてディーゼル機関車に牽引された団体臨時電車「北の大地号」が登場した。このような編成の列車としては、かつて九州の非電化区間であった豊肥本線の熊本から水前寺まで乗り入れていた特急「有明」(DE10形ディーゼル機関車牽引)が有名である。 ●DD51形ディーゼル機関車に牽引されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕臨時団体専用電車特急「北の大地号」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、今回初めて臨時の団体専用電車特急「北の大地号」が登場した。車種は、クハ181系で6両編成である。短い北海道の夏の山間を、団体客を乗せて走っている。 ●臨時団体専用電車特急「北の大地号」① ●臨時団体専用電車特急「北の大地号」② ●臨時団体専用電車特急「北の大地号」③
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線に「オリエント急行登場」〕

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、某テレビ局開局30周年記念として企画したイベントに、世界的に有名な「オリエント急行」が、津軽海峡を渡りやって来た。1泊2日という短い日程であったが、抽選で当たった人々を乗せて、DD51形ディーゼル機関車重連に牽引された6両編成の列車は、夏の北海道を駆け抜けたのである。 ●国鉄山下線に「オリエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕

北海道の山間のローカル線・山下線には現在、DD51形ディーゼル機関車牽引のセキ3000形石炭車(制限速度65㎞/hを表わす黄色帯と道外禁止の文字有の北海道限定車両)8両+緩急車が走っている。これは、3月末で北海道から、というのは全国から石炭列車がなくなったのを記念して走らせている。また、D51形蒸気機関車牽引の普通列車(客車2両+荷物車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション609 〈Nゲージジオラマ〉映画「鉄道員(ぽっぽや)」のワンシーン。

今回紹介するのは、映画「鉄道員(ぽっぽや)」のワンシーンの〈Nゲージジオラマ〉である。この映画は、平成11年に高倉健主演で公開された映画で、撮影はJR根室本線の幾寅駅を終着駅の〈幌舞駅〉として、使用車両はキハ40形764気動車を改造して〈キハ12形23気動車〉として、撮影された。この〈Nゲージジオラマ〉は、そのワンシーンを再現したもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線に「豪華寝台列車」初登場〕

自宅の〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉に、このたび豪華寝台列車「北国号」が初めて登場した。列車編成は〔DD51形ディーゼル機関車(塗装色)+豪華寝台車3両+ロビーカー1両〕で、当分の間走る予定である。また、DD51形ディーゼル機関車(一般色)牽引の「タンク車」も走っている。 ●〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線を走る初登場の豪華寝台列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション584 〈Nゲージジオラマ〉駐機しているディーゼル機関車①〕

今回紹介するのは、〈Nゲージジオラマ〉の「駐機しているディーゼル機関車」である。イメージとしては、ローカル線の待避線に駐機しているDD51形ディーゼル機関車である。 ●〈Nゲージジオラマ〉駐機しているディーゼル機関車①
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション581 〈Nゲージジオラマ〉夕焼けのSL機関区〕

今回紹介するのは、〈Nゲージジオラマ〉の「夕焼けのSL機関区」である。イメージとしては、国鉄時代の非電化のローカル線にある「SL機関区」の夕焼け風景である。ちなみに、駐機しているSLは〈C62形蒸気機関車〉である。 ●〈Nゲージジオラマ〉夕焼けのSL機関区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション567 〈Nゲージジオラマ〉旧JR江差線「神明駅」〕

今回紹介するのは、〈Nゲージジオラマ〉の「旧JR江差線・神明駅」である。この駅は、昭和32年1月25日に国鉄江差線の旅客駅として開業した。その後、昭和62年4月1日に国鉄分割民営化によりJR北海道に継承されたが、平成26年5月12日に、江差線の“木古内―江差間”の廃止に伴い廃駅となったのである。駅構造としては、単式ホーム1面1線を有する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線に「観光トロッコ列車」登場。〕

自宅の〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉に、このたび観光トロッコ列車「秘境駅号」が登場した。列車編成は、〔DD51形ディーゼル機関車+旧型客車2両+トラ改造車両+緩急車〕で、1日1本、“山下駅―秘境駅間”を走っている。また、C11形蒸気機関車牽引の「貨物列車」も1日2本走っている。 ●〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線・秘境駅に停車中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション554 〈Nゲージジオラマ〉国鉄青函連絡船・摩周丸&可動橋。

今回紹介するのは、〈Nゲージジオラマ〉の「国鉄青函連絡船・摩周丸&可動域橋」である。青函連絡船は、乗客と共に貨物列車も運んでいたので、「可動橋」は、連絡船に貨車を積み込むための連絡橋である。ちなみに「摩周丸」は、現存する2隻の青函連絡船のうちの1隻である。また、模型の大きさは、タテ25㌢×ヨコ45㌢×巾15㌢である。 ●〈Nゲージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕

長かった今年の冬もようやく終わり、〈Nゲージジオラマ〉のローカル線「国鉄山下線」にも、いつもの賑わいが戻ってきた。現在の運行列車は、上りが『DD51形ディーゼル機関車牽引のタンク車&コンテナ車の貨物列車』、下りが『C62形蒸気機関車3号機牽引の急行ていね』が、定時運行している。〈Nゲージジオラマ〉の醍醐味は、時代や列車編成に関係なく、好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション505 〈Nゲージジオラマ〉旧国鉄&旧JR江差線「渡島鶴岡駅情景」〕

今回紹介するのは、〈Nゲージジオラマ〉の「旧国鉄&旧JR江差線・渡島鶴岡駅情景」である。この「渡島鶴岡駅」は、昭和39年12月30日に国鉄の駅として、旅客のみ取り扱いの無人駅として開業した。昭和62年4月1日に、国鉄分割民営化によりJR北海道に継承され、平成元年12月8日に待合所(取扱上は駅舎)が改築、平成26年3月15日に津軽海峡線の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕

外は真冬だが、〈Nゲージジオラマ〉のローカル線「国鉄山下線」は、一年中温暖な気候である。現在の運行列車は、上りが『DD51形ディーゼル機関車牽引のMOTOトレイン5両編成』、下りが『C62形蒸気機関車3号機牽引の急行ニセコ』が定時運行している。時代や列車編成に関係なく、好きな列車を走らせることができるのが、〈Nゲージジオラマ〉の醍醐味で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more