テーマ:北大のSL

376 北大キャンパス内を走る「蒸気機関車」。

かつて、ポプラ並木で有名な北海道大学(北大)キャンパス内に約1.5㌔の引込線があり、秋と冬だけ、ここを「蒸気機関車」牽引の石炭列車が走っていた。戦後しばらく、冬の暖房用の燃料は石炭が主流で、その石炭を、国鉄函館本線の桑園駅から北大まで、馬車で運んでいたが、引込線の総工費や運行経費もすべて北大が負担するということで、昭和27年3月から鉄道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more