テーマ:北海道新幹線

新千歳空港大雪直撃の2日間「北海道新幹線利用5割増」。

続いては、「新千歳空港大雪直撃の2日間“北海道新幹線利用5割増”」の話題を一つ。年始のUターンラッシュを大雪が直撃して新千歳空港で100便以上が欠航した今月5・6日の2日間、「北海道新幹線」の乗客が前年同時期の「5割増」となったことがJR北海道のまとめで分かった。これについてJR北海道は、新幹線が欠航便の旅客の受け皿になったと分析、新千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線「今秋160㌔走行試験」~貨物共用の青函トンネル内~。

続いては、「北海道新幹線“今秋160㌔走行試験”」の話題を一つ。JR北海道副社長は6月6日、札幌市内で開かれた北海道新幹線建設促進札幌圏期成会で、北海道新幹線の最高速度が140㌔に制限されている〈青函トンネル(総延長53.85㌔)〉で、「今秋に時速160㌔の走行試験」を行う計画を明らかにした。国土交通省は昨年12月に青函トンネル内での1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線利用、2月は「3.2%増」。

続いては、「北海道新幹線利用、2月は“3.2%増”」の話題を一つ。JR北海道は3月14日、北海道新幹線の2月の利用実績が前年同月比「3.2%増」だったと発表した。また、1日平均乗客数は3700人で、乗車率は19%だった。これは、訪日外国人客らの利用が増え、平成28年3月の開業後、新幹線の利用実績同士で比較できるようになって初めて前年同月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線・年末年始利用者、「4%減」。

続いては、「北海道新幹線・年末年始利用者、“4%減”」の話題を一つ。JR北海道は1月5日、昨年12月28日から今年の1月4日までの年末年始期間の利用実績をまとめた。これによると北海道新幹線は、平成28年3月の開業以来、2度目の年末年始で5万3300人が利用したが、これは前年同期比4%減であった。 ●年末年始の利用者が前年同期比4%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、「3時間台へ」来年度走行試験。

今日は、「北海道新幹線、“3時間台へ”来年度走行試験」の話題を一つ。国土交通省とJR北海道は12月11日、北海道新幹線の最高速度が140㌔に制限されている〈青函トンネル(約53㌔)〉で来年度、時速160㌔以上での走行試験を行うことを明らかにした。これにより、“東京―新函館北斗間”の所要時間は現在最短4時間2分だが、平成31年3月にも4時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の「北海道新幹線利用」、26.3%減。

続いては、「10月の北海道新幹線利用、26.3%減」の話題を一つ。JR北海道は11月16日、「北海道新幹線」の10月の利用実績が前年同月比26.3%減だったと発表した。1日平均乗客数は5200人で、乗車率は前年同月より9㌽低い27%だった。ただ、10月7~9日の3連休は1日平均乗客数が8千人に上るなど週末を中心に利用が集中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月の北海道新幹線利用「23%減」。

今日は、「9月の北海道新幹線利用23%減」の話題を一つ。JR北海道は10月12日、北海道新幹線の9月の利用実績が前年同月比「23.2%減」だったと発表した。1日平均乗客数は6100人で、乗車率31%だった。一方で、9月16日~18日の3連休では1日平均乗客数が8900人に上るなど観光需要を取り込み、開業前の平成27年9月の在来線実績比で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線2年目利用客」、2割減。

続いては、「北海道新幹線2年目利用客、2割減」の話題を一つ。JR北海道は9月26日、北海道新幹線の開業から1年半(昨年3月26日~今年9月25日)の実績を明らかにした。これによると、延べ339万9700人が乗車し、1日平均利用者数は6200人だった。また、今年3月から半年の利用者は同6千人で、開業ブームだった前年同期の7800人から23…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線ちょい乗りパックin木古内」発売開始。

今日は、JR北海道函館支社からの「お知らせ」を一つ。JR北海道函館支社では、北海道新幹線を気軽に利用できる”旅行商品”として「北海道新幹線ちょい乗りパックin木古内」の発売を開始した。この商品は、片道は〈北海道新幹線〉・片道は〈道南いさりび鉄道〉の利用で、乗り比べが楽しめるほか、木古内町内の12店舗で利用できる1000円分のクーポン券付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線延伸工事、「札幌都心までトンネル」~当初計画より7㌔延長~。

今日は、「北海道新幹線延伸工事、札幌都心までトンネル」の話題を一つ。平成42年度までに札幌延伸を目指す北海道新幹線の「手稲トンネル」(約18.8㌔)について、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は6月30日、国の認可を受けた当初計画よりもトンネル部分を約7.4㌔延長し、札幌市中央区北6西10付近から地上に上がる計画に変更したと発表し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線の「5月利用22%減」。

続いては、「北海道新幹線5月利用22%減」の話題を一つ。JR北海道は6月14日、北海道新幹線の5月の利用実績が前年同月比22.6%減だったと発表した。また、1日平均乗客数は約5900人で、乗車率は前年同月より8㌽低い30%だった。これについてJR北海道社長は同日の記者会見で、『開業2年目で利用が落ち着いてきた』と述べたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「来道者」の5割以上は、関東から~新幹線利用は1割未満~。

続いては、「来道者の5割以上は関東から」の話題を一つ。北海道新幹線開業後の昨年4月~今年1月、北海道がスマートフォン利用者の位置情報などビッグデータを活用し、来道者と道民の移動状況を追った調査結果の概要がこのたびわかった。それによると、関東からの来道者が全体の5割以上を占めたが、東京や神奈川、千葉、茨城の4都県からの移動は新幹線の利用が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の「北海道新幹線利用18%減」。

続いては、「4月の北海道新幹線利用18%減」の話題を一つ。JR北海道は5月11日、開業2年目を迎えた北海道新幹線の4月の「利用実績」が“前年同月比18.2%減”だったと発表した。1日平均乗客数は約4600人で、乗車率は前年同月より4㌽低い24%だった。これについてJR北海道社長は、同日の会見で『開業効果があった1年目の反動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴールデンウイークUターン」、北海道新幹線も混雑。

今日は、「ゴールデンウイークUターン北海道新幹線も混雑」の話題を一つ。ゴールデンウイーク(大型連休)を観光地や古里で過ごした人たちの「Uターンラッシュ」が5月6日、道内で始まり、北海道新幹線の暫定始発駅・新函館北斗駅では、函館などで連休を過ごした東北や首都圏からの観光客らで終日混み合った。大きな荷物を抱えた家族連れは、『函館五稜郭公園の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線の「GW予約率25%」。

続いては、「北海道新幹線GW予約率25%」の話題を一つ。JR北海道は4月14日、大型連休(4月28日~5月7日)の指定席予約状況を発表した。これによると、開業2年目迎えた北海道新幹線の予約率は25%で、前年同期と比べて4・1ポイント減った。これについてJR北海道は、『開業効果が一段落したのが理由』とみている。ちなみに利用客のピークは、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈北海道新幹線の今後の課題〉

北海道新幹線の今後の課題となるのが、青函トンネルをはじめとする貨物列車との“共用走行区間”の高速化だ。検討されてきた貨物列車と新幹線の走行時間帯を分ける方式に加え、制限速度を現在の時速140㌔から160㌔にする案などについても検討が始まっている。これが実現すれば、営業効果は大きいといえる。北海道新幹線の最高速度は260㌔だが、“貨物共用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線「全道世論調査」~乗ってみたいは7割~。

続いては、「北海道新幹線全道世論調査」の話題を一つ。北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)の開業から今月の26日で1周年を迎えるのを前に、地元紙の北海道新聞社は「全道世論調査」を行なった。北海道新幹線について『複数回乗ったことがある』が3%、『一度乗ったことがある』が6%で、乗ったことがあるとした割合は約1割に上った。また、『乗ったことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、「乗車率33%」~目標3割上回る~。

続いては、「北海道新幹線乗車率33%」の話題を一つ。JR北海道社長は3月16日の記者会見で、3月26日に開業1周年を迎える北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)の開業から2月末までの乗車率が「33%」となったことを明らかにした。ちなみに、同期間の利用者は約220万人で、1日の平均乗客数は6500人(目標1日最低5千人)と前年の在来線実績に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線高速化「3分短縮」~東京―新函館北斗間3時間台に~。

今日は、「北海道新幹線高速化・3分短縮」の話題を一つ。JR北海道副社長は2月22日、北海道新幹線の“青函トンネル”(53.85㌔)内の走行速度を現状の時速約140㌔から約160㌔に引き上げる検討をしていることについて、短縮時間が「3分」であることを明らかにした。ちなみに“東京―新函館北斗間”は現在最短4時間2分で、これが実現すれば3時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「北海道新幹線開業1周年記念キャンペーン」開催。

今日は、「北海道新幹線開業1周年記念キャンペーン開催」の話題を一つ。JR北海道は1月19日、3月26日に開業から1周年を迎える北海道新幹線の「記念キャンペーン」の内容を発表した。割引切符の販売や関連イベント、団体向けの臨時列車の運行などを展開。多くの企画で節目を盛り上げて、乗客増にもつなげたいと期待している。 ○実施期間:平成29…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、車両不具合で「初運休」。

今日は、「北海道新幹線車両不具合で初運休」の話題を一つ。1月17日午後4時5分ごろ、北斗市のJR新函館北斗駅構内で、出発前に停車中だった新函館北斗発東京行き北海道新幹線「はやぶさ30号」(10両編成)の運転席のモニターに、ブレーキの異常を示す表示が出た。JR北海道はこの1本を“新函館北斗―新青森間”で部分運休し、約100人に影響が出た。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨年末の大雪で北海道新幹線利用客「12月23日最多」~新千歳空港閉鎖で代替~。

今日は、「北海道新幹線利用客12月23日最多」の話題を一つ。JR北海道社長は1月12日の記者会見で、昨春開業した北海道新幹線の1日当たりの乗車人数が、記録的な大雪に見舞われた昨年「12月23日」に開業以来最高の1万4700人となったことを明らかにした。これは、欠航が相次いだ新千歳空港発着の航空機の代替として新幹線が使われた形だが、乗り換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線の「雪害対策」は?

今日は、「北海道新幹線の雪害対策は?」の話題を一つ。開業後初の冬を迎えた北海道新幹線。これまでに雪による運休や遅れはなく、順調な滑り出しだ。ただ、車輪の幅が異なる新幹線と在来線の貨物列車双方が走れるよう、3本のレールが並ぶ“三線軌条”の区間では雪詰まりのリスクが特に高いことなど、北海道新幹線は「雪害」への不安を多く抱える。JR北海道は開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始のJR北海道利用者、前年並み~北海道新幹線は好調~。

今日は、「年末年始のJR北海道利用者前年並み」の話題を一つ。JR北海道は1月6日、昨年12月28日~1月5日の「利用実績」をまとめた。これによると、北海道新幹線と主要3区間の在来線特急の利用者数は、28万1300人と前年並みだった。開業後、初の年末年始を迎えた北海道新幹線が好調だった一方、台風被害から復旧した石勝線・根室本線は前年の7割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「新幹線雪害対策」を強化~三線分岐器(ポイント)に融雪装置~。

今日は、「北海道新幹幹線雪害対策強化」の話題を一つ。JR北海道は、開業後初めての厳冬期を迎えた北海道新幹線の安定輸送を図るために“雪害対策”を強化した。これは、貨物列車が走る在来線の幅が狭い線路と新幹線の幅広な線路を切り換える“三線分岐器(ポイント)”に新たな融雪装置を設けて不転換を防ぐとともに、線路上に残る雪を可能な限り減らすため、レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「北海道新幹線3時間台」へ検討着手。

続いては、「北海道新幹線3時間台へ検討着手」の話題を一つ。JR北海道は11月22日、函館市内の会合で、北海道新幹線と貨物列車との共用走行区間となっている「青函トンネル内(約53㌔)」の走行速度について、現状の時速約140㌔から、同160㌔程度に高速化する方向で検討に着手することを明らかにした。これにより、年内にも高速化した場合の影響の有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、「3時間台3年先送り」。

今日は、「北海道新幹線3時間台3年先送り」の話題を一つ。国土交通省は10月27日、北海道新幹線の「東京―新函館北斗間」を3時間台で走る新幹線を1日1往復は実現させる“目標時期”を、従来の『平成30年春まで』から『遅くとも平成32年度』へと、最大3年間先送りすると発表した。これは、高速走行に向けて青函トンネル内のレールを研磨する作業に、当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始のJR北海道、「北海道新幹線1日最大2往復増便」。

続いては、「北海道新幹線1日最大2往復増便」の話題を一つ。JR北海道は10月21日、冬季(12月1日~来年2月28日)の“臨時列車”の運行計画を発表した。これによると、北海道新幹線「はやぶさ」の56本を含め計282本を増便し、年末年始など冬の需要期に対応する。ちなみに、現在北海道新幹線は「はやぶさ」と「はやて」が“新青森―新函館北斗間”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、今日で「開業半年」。

今日は、「北海道新幹線開業半年」の話題を一つ。北海道新幹線の「新青森―新函館北斗間」が開業して、今日でちょうど半年になる。乗客数は前年同期の在来線の実績と比べて2倍に上る月もあるなど、順調に推移している。ただ、関東や東北から来る観光客の多くは、まだ函館市とその周辺にとどまっているのが実態だ。今後は、交通アクセスの改善や、魅力ある旅行商品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お盆期間中」のJR北海道利用者、大幅増。

続いては、「お盆期間中のJR北海道利用者大幅増」の話題を一つ。JR北海道は8月19日、「お盆期間中(10~18日)」の利用実績を発表した。これによると、3月に開業した北海道新幹線「新函館北斗―新青森間」の利用者数は10万5100人で、「在来線(木古内―青森・中小国間)だった前年同期より55%増となった。同社は『想定以上の利用者数だった』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more