テーマ:Nゲージジオラマ

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕久しぶりにSL牽引の「貨物列車」登場。

北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、久しぶりにD51形蒸気機関車牽引の7両編成の「貨物列車」が登場した。貨車の編成は、〈ワム80000形〉が4両、〈ワムフ100形〉が3両である。この〈ワムフ100形〉は、昭和26年7月18日に帝国車両にて60両、昭和28年4月24日に日立製作所にて10両が新規製作された。その後、昭和28年度貨車更新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十勝管内清水町の増田さん作「JR根室本線・旧羽帯駅ジオラマ」視聴回数1年間で1300万回突破。

続いては、「十勝管内清水町の増田さん作“JR根室本線・旧羽帯駅ジオラマ”視聴回数1年間で1300万回突破」の話題を一つ。十勝管内清水町の増田さん(54歳)が、自作した「JR根室本線・旧羽帯駅」のジオラマの動画をネットで公開したところ、1年間で視聴回数が1300万を回超えた。これについて本人は、『踏切が昇降するだけの動画で、何がウケたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉現在の「国鉄山下線」〕

自宅の〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉に、このたび観光列車「北海道観光号」が運行を開始した。この列車は4泊5日の日程で北海道の主要観光地を回る観光列車である。ちなみに、列車編成は、〔DD51形ディーゼル機関車+寝台兼用客車3両〕である。 ●〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線を走る観光列車「北海道観光号」① ●〈Nゲージジオラマ〉国鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕

ゴールデンウイーク後半の5月4日、北海道の山間のローカル線・国鉄山下線に、初めて、近郊の炭鉱・北海炭鉱からDD51形ディーゼル機関車牽引のセキ3000形石炭車9両が到着した。この石炭車は、制限速度65㎞/hを表わす黄色帯と道外禁止の文字が記され、独特の雰囲気をかもし出している、北海道限定の石炭車である。 ●国鉄山下線に初めて入線し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉懐かしい急行「ていね」登場。

北海道の山あいのローカル「国鉄山下線」に、このたびC62形蒸気機関車3号機に牽引された5両編成(客車2両・郵便車2両・荷物車1両)の懐かしい急行「ていね」が登場した。この急行「ていね」は、実際には“函館―札幌間”を走っていた急行で、私が中学3年生だった昭和38年頃、当時父親が国鉄函館本線・二股駅(通称山線回りの駅・現在は無人駅)に勤務し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉「EF81形電気機関車302号機」牽引の急行列車走る。

北海道のローカル線・国鉄山下線に、かつて関門トンネル専用機関車として活躍した「EF81形電気機関車302号機」が、山下機関区に配置となり、さっそく急行列車を牽引して緑深い山間を毎日走っている。 ●「EF81形電気機関車302号機」が牽引する急行列車① ●「EF81形電気機関車302号機」が牽引する急行列車②
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉「レッドトレイン&急行貨物列車」登場。

春真っ盛りの〈国鉄山下線〉に、このたびDD51形ディーゼル機関車牽引の「北海道仕様レッドトレイン4両編成普通列車」と、D51形蒸気機関車牽引の「急行貨物列車6両編成」が登場、山間をぬって次の停車駅に向かって驀進中―。 ●「国鉄山下線」の全景① ●「国鉄山下線」の全景② ●DD51形ディーゼル機関車牽引の「北海道仕様レッドトレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ〉北海道山あいの「ローカル線駅」。

今回紹介する〈Nゲージジオラマ〉は、国鉄全盛期の頃、北海道の山あいにあった「ローカル線駅」である。 駅員は、駅長・助役・改札掛の3人で、列車は1日数本しかない本当に小さな駅である。今日は、DD13形ディーゼル機関車牽引の客車1両+貨車1両の“混合列車”が、ホームに入ってきたという設定である。なお夜になると、駅舎内に灯りが付くようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄江差線〉「吉堀駅」に停車中の“函館発―江差行き”の普通列車。

平成26年5月12日をもって廃止された『国鉄江差線』の「吉堀駅」に停車中の“函館発―江差行きの”普通列車である。この「吉堀駅」は、昭和10年12月10日に鉄道省(後の国鉄)上磯線の“木古内―湯ノ岱間開通”に伴い、一般駅として開業した駅で、昭和57年11月14日まで駅員2人が配置されていたが、翌15日無人化された。また「駅舎」は、昭和61…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉冬がそこまで来ている「国鉄山下機関区」の様子。

冬将軍がそこまで来ている「国鉄山下機関区」では、職員が連日雪対策に余念がない。現在「機関区」には、C11形蒸気機関車が2両、DD51形ディーゼル機関車が1両、キハ22形気動車が1両、そして出動真近のラッセル車が1両待機している。 ●冬将軍がそこまで来ている「国鉄山下機関区」 アナザーウェイ [VHS]バンダイビジュアルユーザレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉秋のローカル線に「長距離普通列車」走る。

北海道の山深いローカル線「国鉄山下線」に、D51形蒸気機関車牽引の「長距離普通列車5両編成(普通車3両+郵便車1両+荷物車1両)」が登場した。かつて昭和40年代には、『函館発―旭川行』という普通列車があり、私も実際に乗ったことがある。 ●秋の山深い中を走るD51形蒸気機関車牽引の「長距離普通列車5両編成」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉秋のローカル線に「タンク車」走る。

北海道の山深いローカル線「国鉄山下線」に、北海道内では前年度をもって全廃されたDD51形ディーゼル機関車牽引の「タンク車7両編成」が登場した。 ●秋の山深い中を走るDD51形ディーゼル機関車牽引の「タンク車7両編成」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉今では懐かしい「急行便貨物列車」走る。

北海道の山深いローカル線「国鉄山下線」に、かつて本州で走っていた「急行便貨物列車」が登場した。 今回は、D51形蒸気機関車牽引&急行便貨車6両編成で走らせてみた。 ●〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉を走る「急行便貨物列車」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉今では懐かしい「特急鮮魚貨物列車」走る。

北海道の山深いローカル線「国鉄山下線」に、「特急鮮魚貨物列車」が登場した。この「特急鮮魚貨物列車(愛称はとびうお&ぎんりん)」は、かつて地方の漁港で水揚げされた鮮魚を首都圏や近畿圏といった大都市に輸送するために走っていた貨物列車である。残念ながら北海道内では走っていなかったが、今回はDF50形ディーゼル機関車牽引&レサ10000系貨車6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ〉旧国鉄青函貨物連絡船「檜山丸」・貨車航送シーン。

今回紹介する「Nゲージジオラマ」は、旧国鉄青函貨物連絡船の「檜山丸」(3393㌧)の「貨車航送シーン」を再現したものである。この「檜山丸」は、昭和30年3月22日に新三菱重工神戸造船所で起工され、同年9月16日に就航、昭和51年7月5日をもって終航した貨物連絡船である。ちなみに積載貨車は、ワム換算で43両である。 ●旧国鉄青函貨物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉今では懐かしい「混合列車」走る。

北海道の山深いローカル線「国鉄山下線」に、かつて北海道のローカル線でよく見られた「混合列車」が登場した。ちなみに「混合列車」とは、1本の列車に客車と貨車の両方を連結する運行形態をいう。ローカル線においては、機関車の車両数や乗務員・駅員数に幹線のようなゆとりがないケースが多く、個別の列車により運行するより1本の列車にまとめた方が合理的な面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ・国鉄山下線〉ついに「DF50形ディーゼル機関車」登場

北海道のローカル線、「国鉄山下線」にDF50形ディーゼル機関車牽引の「貨物急行便」が登場した。この機関車は長く本州で走っていたが、ようやく北海道に渡り、このローカル線で毎日大活躍している。 ●「貨物急行便」を牽引しているDF50形ディーゼル機関車
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ〉冬の「国鉄山下線・山下機関区」の現状」。

北海道のローカル線「国鉄山下線」は例年になく雪が多く、「山下機関区」では連日「ロータリー車」や「ラッセル車」の点検整備が入念に行なわれ、いつでも出動できる体制になっている。しかし、これ以上の雪が降り積もるようであれば、最強の除雪車「キマロキ編成」がいつでも出動できる体制にもなっている。 ●出動を待つ国鉄山下機関区のD51形蒸気機関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ〉ローカル線「国鉄山下線」の走行列車。

本格的な冬を迎えたローカル線の「国鉄山下線」。現在走行している列車は、上りが「D51蒸気機関車」が牽引する「急行便貨物列車」、下りが「C11蒸気機関車」が牽引する「普通列車」である。近いうち、上り・下り列車の総入れ替えを考えている。 ●現在走行している列車 ●「D51蒸気機関車」が牽引する「急行便貨物列車」 ●「C11蒸気機関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈Nゲージジオラマ〉ローカル線「国鉄山下線」の冬支度。

今日は、久しぶりに「Nゲージジオラマ・国鉄山下線」の現状について述べてみたい。「国鉄山下線」は、北海道の山中にある架空の「ローカル線」であるが、冬は雪が多く列車の運行に支障をきたすため「国鉄山下機関区」には、「ラッセル車」と「ロータリー車」が常時配備されている。さらに雪が多くなると「キマロキ編成」も出動するが、ここ数年は出動の機会がなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔〈Nゲージジオラマ〉国鉄山下線の現況〕

北海道にしては暑かった夏も8月後半に入り、めっきり朝晩は冷え込み、過ごしやすい今日この頃である。我が家の「国鉄山下線」も、事故もなく順調に毎日運行している。今後は、そろそろ秋になるので、車両の大幅な入れ換えを計画している。その時までお楽しみに……。ちなみに、現在走行しているのは、「C11形蒸気機関車」が牽引する「普通列車」(4両編成)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔Nゲージジオラマ「国鉄山下線」に「吉堀駅」設置〕

久しぶりに、Nゲージジオラマ「国鉄山下線」について。5月11日をもって「廃止」となったJR江差線「木古内―江差間」にあった「JR吉堀駅」の駅舎を「山下線」の沿線に、今日設置した。ちなみに、この駅舎は、「ヨ3500形車掌車」を改造したものである。私自身は、ジオラマの雰囲気に合っていると思うが……。 ●設置したNサイズの「吉堀駅」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション150 里山交通「BD2012形機関車」〕

今回紹介するのは、「Bトレイン用ジオラマ」で走らせている「里山交通・BD2012形機関車」である。この機関車は、講談社から毎週刊行されている「週刊SL鉄道模型」の1号(本体)と34号(動力ユニット)についてきたものである。これに、2号についてきた「里山交通・コム02形貨車」と自前の「客車」を連結させて走らせている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more