テーマ:並行在来線

北海道新幹線札幌延伸時の「並行在来線」協議。

今日は、「北海道新幹線札幌延伸時の“並行在来線”協議」の話題を一つ。8月25日に函館市内で開かれた『北海道新幹線並行在来線対策協議会』の渡島ブロック会議で、北海道側が調査計画を明らかにした。2030年度末の北海道新幹線札幌延伸時にJR北海道から経営分離される「並行在来線」の函館本線“函館―小樽間”(287.8㌔)について、北海道と函館市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道試算「並行在来線修繕費約89億円」。

続いては、「JR北海道試算“並行在来線修繕費約89億円”」のニュースについて。2030年度末の北海道新幹線札幌延伸時にJR北海道から経営分離される「並行在来線」の函館本線“函館―小樽間”(253㌔)について、同社が18~37年度の20年間で橋やトンネルなどの大規模修繕・維持に「約89億円」かかると試算していたことか分かり、区間別では後志…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

並行在来線“函館―長万部間”「今後20年間で修繕・更新に57億円必要」の試算出る。

続いては、「並行在来線・函館―長万部間“今後20年間で修繕・更新に57億円必要”の試算出る」の話題を一つ。JR北海道は、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸時に同社から経営分離される並行在来線の函館本線“函館―長万部間”(総延長147.6㌔)について、2018年度~37年度の「20年間で橋や車両などの大規模修繕・更新に計57億円かかる」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線並行在来線(小樽―長万部間)の「存廃判断」前倒し目指す。

今日は、「北海道新幹線並行在来線(小樽―長万部間)の“存廃判断”前倒し目指す」の話題を一つ。北海道新幹線並行在来線対策協議会は7月22日、第6回後志ブロック会議を後志管内俱知安町で開き、2030年度予定の北海道新幹線札幌延伸時にJR北海道から経営分離される並行在来線の函館本線“小樽―長万部間”の鉄路の「存廃判断」を、従来の『延伸の5年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more