テーマ:五稜郭機関区

【「鉄道貨物フェスティバルIN函館2019」~JR貨物五稜郭機関区探検ツアー~〈1〉】

鉄道貨物フェスティバルの目玉として昨年から始まった「JR貨物五稜郭機関区探検ツアー」に、今年も行って来た。125名限定のツアーは人気が高く、今年も先着順に漏れた人がでたほどであった。 ●先着125名に配布された「機関区探検ツアー整理券」 ●「機関区探検ツアー」のシャトルバス ●五稜郭機関区 ●五稜郭機関区 ●五稜郭機関区(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

241 JR貨物北海道支社「五稜郭機関区」。

「五稜郭機関区」は、JR貨物北海道支社の車両基地および乗務員基地である。 〔概要〕 JR函館本線・五稜郭駅構内の北端に位置し、JR貨物発足当初からのディーゼル機関車基地である〈DL基地〉と、JR北海道函館運輸所青函派出所(青函運転所)から移管された、〈EL基地〉からなる。また、付近にはかつて五稜郭操車場があったため、函館本線の上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔道南の国鉄機関区②〕五稜郭機関区。

今回紹介する「五稜郭機関区」は、戦争中の昭和18年4月25日に「国鉄函館機関区五稜郭操車場給炭水所」として開設され、翌19年10月11日に「五稜郭機関区」となった。その後、昭和44年6月に“扇形車庫”を焼失した。昭和62年4月1日、国鉄分割民営化に伴いJR貨物の管轄となり、翌63年3月13日、津軽海峡線の開業に伴い津軽海峡線区間の貨物列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more