テーマ:音威子府駅

全国の鉄道ファンに隠れた人気の音威子府駅交通ターミナル「天北線資料室」。

今日は、「全国の鉄道ファンに隠れた人気の音威子府駅交通ターミナル“天北線資料室”」の話題を一つ。北海道で一番小さな村(人口743人)の音威子府村にあるJR宗谷本線の音威子府駅交通ターミナルの「天北線資料室」は、全国の鉄道ファンに隠れた人気の施設である。旭川から最北の稚内を結ぶJR宗谷本線には、かつて〈天北線・名寄本線・美幸線〉など、すで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

278 〈懐かしの分岐駅①〉「音威子府駅」。

JR宗谷本線の「音威子府駅」は、かつては〔天北線(平成元年5月1日廃止・音威子府―南稚内間・148.9㌔)〕が分岐していた駅である。その歴史は古く、大正元年11月5日、鉄道院宗谷線“恩根内―音威子府間”の開通に伴い開業した一般駅である。そして大正8年11月1日、名寄機関区音威子府分庫が設置された。その後、大正15年9月25日、天塩線が全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more