アクセスカウンタ

北の鉄ちゃんの部屋

プロフィール

ブログ名
北の鉄ちゃんの部屋
ブログ紹介
この「ブログ」では、主に北海道に関する「鉄道関係の情報」、私の所蔵している「鉄道関係実物資料」、「鉄道関係文献資料」、「鉄道関係CD&DVD&ビデオ」、「Nゲージジオラマ&車両」、「函館市電関係資料」等を皆さんに紹介しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
200 〈懐かしの名列車〉準急「おくしり」&準急「ひやま」。
200 〈懐かしの名列車〉準急「おくしり」&準急「ひやま」。 平成26年5月12日をもって廃止されたJR江差線の“木古内―江差間”を含む“函館―江差間”には、かつて「おくしり&ひやま」という準急が走っていた。準急「おくしり」は、昭和38年12月1日に運行を開始し、昭和41年10月1日のダイヤ改正により、準急「えさし」に統一され消滅した。また、準急「ひやま」は、同じく昭和38年12月1日に運行を開始し、同じく昭和41年10月1日のダイヤ改正により、準急「えさし」に統一され消滅した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 12:22
北海道新幹線「札幌延伸トンネル工事」本格化〜新函館北斗―長万部間69.4`〜。
北海道新幹線「札幌延伸トンネル工事」本格化〜新函館北斗―長万部間69.4`〜。 今日は、「北海道新幹線“札幌延伸トンネル工事”本格化」の話題を一つ。2030年度末の開業予定の北海道新幹線“新函館北斗―札幌間”(211`)で8割を占める〈トンネル区間(168`)〉の工事が本格化し、渡島・檜山管内でも、工事に関係する大型車両を多数見かけるようになった。“新函館北斗―長万部間”では計9本、総延長69.4`に及ぶトンネル工事が行われ、地中深くの最前線の現場では、安全を最優先に掘削などの作業が日夜続いている。ちなみに平成24年度から工事が進む〈渡島トンネル(32.675`)〉は、完成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 10:24
JR札沼線・新十津川駅の「日本一早い最終列車」、発車20分繰り下げ。
JR札沼線・新十津川駅の「日本一早い最終列車」、発車20分繰り下げ。 今日は、「JR札沼線・新十津川駅の“日本一早い最終列車”発車20分繰り下げ」の話題を一つ。JR北海道は12月15日、来年3月のダイヤ改正で、1日1往復だけが折り返し運行されているJR札沼線の終着駅“新十津川駅”の発車時刻を、現行の午前9時40分から20分繰り下げ、午前10時にすると発表した。ちなみにこの列車は、「日本一早い最終列車」として全国的に知られている。来年3月のダイヤ改正により、往路の同駅到着時刻(午前9時28分)に変更はなく、同駅での滞在時間が現行の12分から32分に延び、これまで列車... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 14:27
JR根室本線の「羽帯駅廃止」〜来年3月のダイヤ改正で〜。
JR根室本線の「羽帯駅廃止」〜来年3月のダイヤ改正で〜。 今日は、「JR根室本線の“羽帯駅廃止”」の話題を一つ。JR北海道は12月15日、来年3月17日のダイヤ改正で、JR根室本線の「羽帯駅」を廃止すると発表した。「羽帯駅」は、昭和33年9月10日に国鉄の旅客のみ取り扱いの駅として開業、昭和62年4月1日に国鉄分割民営化によりJR北海道に継承され、来年3月17日のダイヤ改正により廃止される。ちなみに無人駅の「羽帯駅」は、1日平均乗降者数が1人以下と極端に少ないため、平成29年9月22に、廃止する方針を地元清水町に伝え、町は容認していた。JR北海道は、今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 16:45
JR北海道の「183系特急車両(札幌―函館間)」、来春廃止。
JR北海道の「183系特急車両(札幌―函館間)」、来春廃止。 今日は、「JR北海道の“183系特急車両(札幌―函館間)”来春廃止」の話題を一つ。JR北海道によると来年春のダイヤ改正で、国鉄時代から親しまれてきた「183系特急車両」が“札幌―函館間”から姿を消すという。“札幌―函館間”を結ぶ特急北斗では、昭和58年から「183系特急車両」が導入され、一時は、すべての特急が「183系」で運行されていた。鉄道ファンには、“いちばーさん”と呼ばれ親しまれた車両だが、平成24年から翌年にかけて何度も火災を起こし、“札幌―函館間”が1年あまりにわたって減便となった。J... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 14:27
JR北海道、「第1弾〜北海道 旅きらり2017冬〜」参加者募集。
JR北海道、「第1弾〜北海道 旅きらり2017冬〜」参加者募集。 続いては、「JR北海道、“第1弾〜北海道 旅きらり2017冬〜”参加者募集」の話題を一つ。JR北海道は12月13日、今冬の利用促進策として、流氷の海に沈む夕日を望む知床などの名所を列車と車で巡る旅を発表した。名所巡りは上川管内美瑛町の青い池・稚内市から望む利尻山・オホーツク管内斜里町の流氷原の夕日の三つで、それぞれ最寄りのJR富良野線美瑛駅・JR宗谷本線稚内駅・JR釧網本線知床斜里駅から、地元の観光協会やバス会社が運行する有料の貸し切りタクシーやバスで向かう。また申し込みは、25日に開設する専用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 19:02
JR北海道、「ドコエキ?鉄道探偵」実施。
JR北海道、「ドコエキ?鉄道探偵」実施。 続いては、「JR北海道、“ドコエキ?鉄道探偵”実施」の話題を一つ。JR北海道は12月14日より「ドコエキ?鉄道探偵」を実施する。これは、参加者みんなに「鉄道探偵」となってもらい、キャンペーン専用WEBサイトに駅舎やホームの一部の他、その駅に置かれているモニュメントの一部などの写真を“お題”として掲載する。参加者は、その“お題”となる写真から、その駅が“何駅”であるかを推理し、実際にその駅に足を運んでもらうというキャンペーンである。“お題”を解いたら、実際にその駅に行き、“お題”に自身を入れた写真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 18:36
「駅ノート」、返して〜道南いさりび鉄道・泉沢駅〜。
「駅ノート」、返して〜道南いさりび鉄道・泉沢駅〜。 今日は、「“駅ノート”返して」の話題を一つ。道南いさりび鉄道(五稜郭―木古内間)の“泉沢駅”に置かれていた、観光客などが想い出や感想を書き込む「駅ノート」がなくなっていたことが分かった。同社は誰かが持ち去ったとみており、返却を呼びかけている。ちなみに「駅ノート」は、道南いさりび鉄道の全線12駅のうち4駅に置かれている。同駅は社員が配置されていない“簡易委託駅”で、駅舎の管理・運営は地域住民に委託されている。本当の鉄ちゃんなら、速やかに返してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 17:53
「函館馬鉄(市電の前身)」開業120周年。
「函館馬鉄(市電の前身)」開業120周年。 今日は、「“函館馬鉄(市電の前身)”開業120周年」の話題を一つ。今から120年前の明治30年12月12日は、函館市電の前身となる「函館馬車鉄道(馬鉄)」が開業した日である。ガソリン自動車が欧州で発明されたばかりのころで、国内では人力車が主力の時代に、2頭の馬がレールの上の車両を引く「馬鉄」は最先端の乗り物で、北海道内では函館が初の開設だった。運賃は安く、雪の日も休まず、手をあげればどこでも乗せてくれるので、たちまち庶民の足となったのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 11:58
函館市電1日乗車券「GLAY ARENA TOUR2017 記念乗車券」を販売。
函館市電1日乗車券「GLAY ARENA TOUR2017 記念乗車券」を販売。 続いては、「函館市電1日乗車券“GLAY ARENA TOUR2017 記念乗車券”を販売」の話題を一つ。函館市企業局交通部は、12月23日(土・祝)・24日(日)の2日間、函館アリーナで開催される函館出身の人気ロックグループGLAYの公演を記念して函館市電1日乗車券「GLAY ARENA TOUR2017 記念乗車券」(大人600円)」を販売する。販売期間は、12月11日(月)〜31日(日)までの期間限定で、残念ながら通信販売や市電車内での販売は行わず、市内の市電乗車券販売所のみとのことである... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 16:45
199 〈懐かしの風景〉旧松前線「宮歌川橋梁」。
199 〈懐かしの風景〉旧松前線「宮歌川橋梁」。 かつて、旧松前線(木古内―松前間・昭和63年2月1日廃止)の“白符―渡島吉岡間”に「宮歌川橋梁」(164b)があった。眼下には宮歌という集落があり、橋梁は河口の入江埋め立ての上に建っていた。私は、この橋梁があった福島町に仕事の関係で36年間住んでいたので、見慣れた懐かしい風景である。写真は、白符トンネルをでると、眼下に宮歌集落、そして国道228号線(かつては入江であった)、右手に津軽海峡という今では中々見れない本当に絵になる光景であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 10:32
北海道新幹線、「3時間台へ」来年度走行試験。
北海道新幹線、「3時間台へ」来年度走行試験。 今日は、「北海道新幹線、“3時間台へ”来年度走行試験」の話題を一つ。国土交通省とJR北海道は12月11日、北海道新幹線の最高速度が140`に制限されている〈青函トンネル(約53`)〉で来年度、時速160`以上での走行試験を行うことを明らかにした。これにより、“東京―新函館北斗間”の所要時間は現在最短4時間2分だが、平成31年3月にも4時間を切ることが可能になる。〈青函トンネル内〉の区間は、在来線の貨物列車と線路を共用しており、新幹線とすれ違う際に荷崩れを起こす懸念などから速度を制限している。国交... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 09:38
小樽市総合博物館本館で「アイアンホース号説明会」開催される。
小樽市総合博物館本館で「アイアンホース号説明会」開催される。 続いては、「小樽市総合博物館本館で“アイアンホース号説明会”開催される」の話題を一つ。小樽市総合博物館本館で12月10日、10月19日にボイラーの安全装置故障のため、急遽今年のシーズンの運行を取りやめた、北海道最古の動態蒸気機関車「アイアンホース号」の現状と復旧対策に関する「説明会」が開催された。今シーズンは11月5日までの運行が予定されていたが、10月19日、運行開始前の暖気運転中に火室と呼ばれる燃料を燃やす部分への水漏れが確認された。このため、ボイラーを修繕しなければ運行はできないが、総額で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 17:02
浜松市立中央図書館で「飯田線全線開通80周年記念〜飯田線と川村カネトパネル展〜」開催。
浜松市立中央図書館で「飯田線全線開通80周年記念〜飯田線と川村カネトパネル展〜」開催。 続いては、「浜松市立中央図書館で“飯田線全線開通80周年記念〜飯田線と川村カネトパネル展〜”開催」の話題を一つ。昭和3年、JR飯田線の前身の一つである旧三信鉄道の難工事に足跡を残した人物に、北海道旭川出身でアイヌ民族の測量技師・川村カネト氏(1893〜1977)がいた。浜松市立中央図書館では、この史実をより多くの方々に伝え後世に残していくために、豊橋や新城等で活動をしている〈合唱劇カネトをうたう合唱団〉との共催で、「飯田線全線開通80周年記念〜飯田線と川村カネトパネル展〜」を開催する。アイヌ民族... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 11:42
JR函館駅で「もみの木」設置。
JR函館駅で「もみの木」設置。 今日は、「JR函館駅で“もみの木”設置」の話題を一つ。JR北海道函館支社では、函館の冬を代表するイベント〈2017はこだてクリスマスファンタジー〉に合わせて、JR函館駅で「もみの木」を設置している。ちなみにこの「もみの木」は、函館市の姉妹都市であるカナダのハリファックス市から寄贈されたもので、北海道新幹線カラーの飾りで彩られている。全国の鉄道ファン皆さん、冬の函館も見どころいっぱいなので来てみては―。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 10:33
北海道新幹線札幌駅ホーム、「地下案暗礁に」。
北海道新幹線札幌駅ホーム、「地下案暗礁に」。 今日は、「北海道新幹線札幌駅ホーム、“地下案暗礁に”」の話題を一つ。北海道新幹線札幌駅のホーム位置問題で、有力案とされた駅地下にホームを造る「地下案」の検討作業が暗礁に乗り上げている。これは、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR北海道の間で、高額な建設費の圧縮策が見つからない上、建設関係の専門家から反対論が起きていることも影響しているようだ。これにより、2030年度の札幌延伸に間に合わせるための期限である来年3月末までの決着は、依然見通せない状況である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 11:22
〔マイコレクション499 〈C11形蒸気機関車207号機〉木製記念盾〕
〔マイコレクション499 〈C11形蒸気機関車207号機〉木製記念盾〕 今回紹介するのは、現在東武鉄道で“SL大樹号”として大活躍している〈C11形蒸気機関車207号機〉の「木製記念盾」である。この機関車は、長年JR北海道で大活躍した機関車で、現在は東武鉄道に貸与されている。この「木製記念盾」は、木製板の中に北海道とミニ動輪、ミニ車輪、ミニプレートが埋め込まれているもので、どのような意図で製作されたかは定かではない。ちなみに大きさは、縦26a×横32aである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 15:14
極寒の秘境駅・JR糠南駅で、「早朝クリスマスパーティー」開催。
極寒の秘境駅・JR糠南駅で、「早朝クリスマスパーティー」開催。 続いては、「極寒の秘境駅・JR糠南駅で“早朝クリスマスパーティー”開催」の話題を一つ。秘境駅として有名なJR宗谷本線・糠南駅で、「クリスマスパーティーin糠南」が開催される。これは地元幌延町の地域おこし協力隊が企画したもので、早朝の秘境駅・糠南駅に集まり、盛大に「クリスマスパーティー」を行うというものである。キャッチフレーズは、“猛者よ!集え!(超上級者向け)”であり、極寒の氷点下30度(?)の世界に耐えれる人のみが参加できるという過酷なイベントである。ちなみに「JR糠南駅」は、JR宗谷本線の“... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 14:51
JR北海道、「線区情報のホームページ掲載」について。
JR北海道、「線区情報のホームページ掲載」について。 続いては、JR北海道からの「お知らせ」を一つ。JR北海道は、単独では維持することが困難な「線区」における利用状況等の情報を、当社“ホームページ”で公表した。ちなみに公表データには、@輸送密度の推移A定期列車本数の推移B駅別乗車人員C列車別乗車人員D駅間別乗車人員E駅間通過人員F定期券月平均発売枚数G線区別収支状況H土木構造物大規模修繕費用が、また、対象線区は〔札沼線・根室本線・留萌本線・宗谷本線・室蘭本線・釧網本線・日高本線・石北本線・富良野線・石勝線〕の10線区13路線である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 13:33
20世紀遺産に「青函トンネル」選ばれる。
20世紀遺産に「青函トンネル」選ばれる。 今日は、「20世紀遺産に“青函トンネル”選ばれる」の話題を一つ。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)の国内委員会は12月8日、『日本の20世紀遺産20選』を発表し、世界最長の海底トンネルとなる「青函トンネル」などが選ばれた。これは、近現代の文化遺産の多様な価値に目を向けてもらうのが目的で、いずれも世界文化遺産に登録される可能性を持つという。この選定に関わった大学教授は、『海底トンネルは海外にもあるが、工事の難易度や技術の点で他に類を見ない。出入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 13:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

北の鉄ちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる