道南いさりび鉄道、北斗市観光交流センター別館での「北海道新幹線開業5周年記念パネル展」再開。

今日は、「道南いさりび鉄道、北斗市観光交流センター別館での“北海道新幹線開業5周年記念パネル展”再開」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、一時休館していた「北海道新幹線開業5周年記念パネル展」を昨日から再開した。北海道新幹線の歩みや、沿線の見どころの魅力を伝えるパネルを展示しているので…
コメント:0

続きを読むread more

432 青函トンネルの「カートレイン構想」。

青函トンネルの「カートレイン構想」については、青函トンネルの開通前に設置された利用方法をめぐる審議会において、昭和59年にカートレインの導入を求める答申がでているが、具体化することはなかった。昭和59年の日本鉄道建設公団の〈青函トンネル問題研究会〉の報告書では、狭軌運行区間と標準運行区間の以下の3パターンで比較検討を行うも、いずれも一長…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道,クマ&シカ衝突防止に秘密兵器「クマキャッチャー」大活躍。

今日は、「JR北海道、クマ&シカ衝突防止に秘密兵器“クマキャッチャー”大活躍」の話題を一つ。JR北海道は6月16日、昨年度に発生した列車とクマやシカとの衝突案件が計2500件近くにもおよび、JR北海道発足後最多となったことを発表した。内訳は、クマとの衝突件数が41件、シカとの衝突件数が2414件である。また、クマの処理には時間を要するた…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション855〈縮小版駅事務室用ポスター〉MOTOトレイン~北海道へバイクと一緒にラクラク列車の旅~〕

今回紹介するのは、〈縮小版駅事務室用ポスター〉の「MOTOトレイン~北海道へバイクと一緒にラクラク列車の旅~」である。この「MOTOトレイン」は、北海道への二輪車によるツーリング客の輸送を行う列車として、“上野―函館間”で運行された列車である。これは臨時列車ではなく、定期列車に専用車両を連結する方式を採用した列車である。また、安全確保の…
コメント:0

続きを読むread more

431 北海道を駆け抜けた懐かしの「急行列車」。

国鉄最盛期のころの全国の営業キロ数は、約2万キロメートル、うち、北海道内の営業キロ数は、5分の1の約4千キロメートル、そして、現在は、その半分の約2千キロメートルである。時代の流れとはいえ、さびしい数字である。かつて、北海道内を駆け抜けた懐かしい「急行列車」を列挙してみたい。今では考えられない、豪華列車群である。 〔昭和47年2月…
コメント:0

続きを読むread more

㈱トミーテック、トミックスNゲージの「JRキハ40形1700番台ディーゼルカー(山明・紫水)セット」販売。

続いては、「㈱トミーテック、トミックスNゲージの“JRキハ40形1700番台ディーゼルカー(山明・紫水)セット”販売」の話題を一つ。㈱トミーテックは、トミックスNゲージの「JRキハ40形1700番台ディーゼルカー(山明・紫水)セット」を販売するという。 ○販売開始時期 2021年11月~ ○販売価格 税込16060円 ○仕…
コメント:0

続きを読むread more

㈱トミーテック、トミックスNゲージの「JRキハ40形700・1700番台ディーゼルカー(JR北海道色・宗谷線急行色…

続いては、「㈱トミーテック、トミックスNゲージの“JRキハ40形700・1700番台ディーゼルカー(JR北海道色・宗谷線急行色)セット”販売」の話題を一つ。㈱トミーテックは、トミックスNゲージの「JRキハ40形700・1700番台ディーゼルカー(JR北海道色・宗谷線急行色)セット」を販売するという。 ○販売開始時期 2022年1…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「一部列車」再開へ。

今日は、「JR北海道“一部列車”再開へ」の話題を一つ。JR北海道社長は、6月16日の記者会見で、20日が期限の新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の解除を前提に、運休中の「一部列車」を再開する方針を明らかにした。また、今月1日から実施していた社員を一時的に休ませる“一時帰休”についても予定通り今月末で終了することを説明した。 〈緊…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション854〈LED仕様プレート〉D51形蒸気機関車408号機〕

今回紹介するのは、珍しい「D51形蒸気機関車408号機」の〈LED仕様プレート〉である。この機関車は、昭和15年4月12日に日本車輛名古屋工場で製造され、名古屋鉄道局の富山機関区に配置された。その後、広島―国府津―新鶴見―品川―田端―大宮の各機関区を転属し、昭和45年11月28日に新鶴見機関区で廃車となった。その後、大宮工場で保存のため…
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本44〉鉄道開業120周年記念~全国駅名便覧~。

今回紹介する本は、日本交通趣味協会が、国鉄の民営分割後初めて完成し、平成4年10月1日に発行した「鉄道開業120周年記念~全国駅名便覧~」(第4版・P257・税込2200円)である。内容は、平成4年7月1日現在のJR各社とJR貨物の全駅(廃止駅・無人駅・臨時駅・委託駅・仮駅・信号所・操車場・貨物取扱駅・貨物専用駅)等が網羅されている。ま…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション853〈縮小版駅事務室用ポスター〉まりも号で行く夜行列車の旅~2008.8.31ラストラン~〕

今回紹介するのは、〈縮小版駅事務室用ポスター〉の「まりも号で行く夜行列車の旅~2008.8.31ラストラン~」である。この「まりも」は、国鉄およびJR北海道“が“函館―釧路間”(昭和26年~昭和40年)、“札幌―釧路間”(昭和40年~昭和43年・昭和56年~平成5年)で運行していた夜行急行列車で、また、“札幌―釧路間・根室間”(平成13…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「北海道周遊列車・HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号」を運転。

続いては、「JR北海道“北海道周遊列車・HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号”を運転」の話題を一つ。JR北海道では、〈はまなす&ラベンダー編成〉で、北海道を周遊する列車を10月に札幌発道東方面の3泊4日の行程で運転するという。 ○その他 ・6月29日(火)の13時30分より、JR北海道本社にて、具体的な販売方法等の詳細を発…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電に「海洋プラスチックごみ削減啓発ポスター」を掲示。

続いては、「函館市電に“海洋プラスチックごみ削減啓発ポスター”を掲示」の話題を一つ。6月の“環境月間”に合わせ、函館市は市電に「海洋プラスチックごみ削減啓発ポスター」を今月30日まで掲示している。ちなみに、今年は市電の超低床車らっくる号1編成の車内外に取り付けた。 ●「海洋プラスチックごみ削減啓発ポスター」掲示のイメージ
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「第17回鉄道中古部品販売」開催。

今日は、「JR北海道“第17回鉄道中古部品販売”開催」の話題を一つ。JR北海道は、『北の大地を走り抜け、現役を引退した車両を解体した部品を数量限定で販売!』との趣旨で、「第17回鉄道中古部品販売」を開催する。全国の鉄道ファンの皆さん、販売開始と同時に売り切れ続出の貴重な〈鉄道中古部品〉をゲットしませんか。 ○開催日時 6月17日…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション852〈記念盾〉さよならキハ80〕

今回紹介するのは、「さよならキハ80」の〈記念盾〉である。このキハ80形は、昭和36年10月1日に実施された〈サンロクトオ〉のダイヤ改正において、北海道初のディーゼル特急列車として〔おおぞら〕が“函館―旭川間”で運行開始したのである。そして、昭和61年11月1日の国鉄最後のダイヤ改正で、キハ80形特急列車は全列車がキハ183系で運行され…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション851〈金属製模型〉ロケット号〕

今回紹介するのは、「ロケット号」の〈金属製模型〉である。この「ロケット号」は、ロバート・スチーブンソンが設計した蒸気機関車で、世界初の旅客鉄道であるリバプール・アンド・マンチェスター鉄道の機関車で、最高速度は時速46.6㌔であった。この機関車は、日本では江戸時代の文政12年に開催されたリバプール・アンド・マンチェスター鉄道で使用する蒸気…
コメント:0

続きを読むread more

430 増炭仕様炭庫の「C11形蒸気機関車194号機」。

この増炭仕様炭庫の「C11形蒸気機関車194号機」は、昭和15年に川崎車輛兵庫工場で製造されたタンク式蒸気機関車で、長崎県佐世保市の国鉄早岐機関区に配属された。この機関車が有名なのは、増炭仕様の炭庫と、昭和40年から43年までの3年間、“早岐―佐世保間”8.9㌔の区間では、逆向き運転となるため20系寝台特急・さくらの牽引機としてバック運…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション850〈記念うちわ小〉青函トンネル開業30周年〕

今回紹介するのは、JR北海道が、平成28年3月13日に「青函トンネル開業30周年」を記念して配布した〈記念うちわ小〉である。ちなみにこの年の3月26日に、北海道民待望の「北海道新幹線」(新青森―新函館北斗間)が開業したのである。 ●〈記念うちわ小〉青函トンネル開業30周年(表) ●〈記念うちわ小〉青函トンネル開業30周年(裏)
コメント:0

続きを読むread more

429 北海道の石炭輸送とSL。

昭和6年9月の満州事変から日中戦争、さらには太平洋戦争へと戦況が激化するするにつれて、鉄道は兵員、軍需物資、石炭などの貨物輸送に重点が置かれた。また、“長万部―岩見沢間”と“東室蘭―室蘭間”は室蘭本線とされ、石炭の緊急輸送幹線となった。これにより、石炭の輸送量が増加し、1本の列車で一度に3千トンを牽引し、輸送できる列車が登場した。これが…
コメント:0

続きを読むread more

「ライラック旭山動物園号」7月中旬以降運転取りやめ。

今日は、「“ライラック旭山動物園号”7月中旬以降運転取りやめ」の話題を一つ。JR北海道では、新型コロナウイルス感染症の影響により「ライラック旭山動物園号」については、車内サービス等を見合わせて土・日・祝日に運転しているが、利用客の減少により7月中旬以降の運転を取りやめるという。 ○運転を取りやめる日 7月17日・18日、22日~…
コメント:0

続きを読むread more