北海道新幹線工事、「陸上部レール敷設」本格化。

今日は、「北海道新幹線工事」の「陸上部レール敷設」の話題を一つ。平成28年3月開業予定の「北海道新幹線・新青森―新函館(仮称)間」で、北海道側の「レール敷設」が本格化するのを前に工事の安全祈願祭が5月17日午前、北斗市内の「万太郎トンネル出口」で行なわれた。工事を担当する鉄道建設・運輸施設整備支援機構によると、「レール敷設工事」は平成24年3月に「木古内―新函館(仮称)間」の渡島当別トンネル内で先行スタート、今後、高架橋部分の敷設を進め、平成26年8月の完了を予定している。ちなみに、「青函トンネル」を含めた在来線との「共用区間(約82㌔)」では、在来線のレールに並行して、新幹線の幅に合わせ外側に3本目のレールを敷く工事が本年度末に完了する見通しだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: 北海道新幹線工事、「陸上部レール敷設」本格化。 北の鉄ちゃんの部屋/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-06 01:32