32 国鉄青函連絡船「初代松前丸・号鐘」。

画像
画像
これは、「青函連絡船記念館摩周丸」の館内に展示してある、「国鉄青函連絡船・初代松前丸」の「号鐘」である。昭和20年7月14日6時30分、米軍の爆撃により函館港から退避中に火災炎上した「松前丸」は、函館湾内の七重浜海岸の浅瀬に座礁した。この時22名が戦死した。戦後「松前丸」は、引き揚げられスクラップとなった。この「号鐘」は、その時の貴重な「遺品」である。ちなみに「号鐘」とは、時報を知らせたり、霧中の衝突防止などのために鳴らす「鐘」のことである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック