JR北海道社長、「会社存続の危機」。

続いても、「JR北海道不祥事」について。JR北海道がレールの異常を放置していた問題は9月27日、国土交通省による「特別保安監査」が経営トップの聴取に及ぶ「異例の事態」に発展した。監査員の聞き取り調査を受けた野島社長は同日夜、札幌市内の本社で報道陣の取材に応じ、自らに言い聞かせるように次のように語った。「当社はまさに存続が危ぶまれる危機的な状況にある」。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック