名物焼きそばの木古内町駅前食堂「急行」、きょう再開。

画像
続いては、全国鉄道ファンの間にも名の知れている木古内町の駅前食堂「急行」の再開について。JR木古内駅前で57年にわたり営業を続け、8月に北海道新幹線関連工事のため閉店した老舗食堂「駅前飯店 急行」が10月2日、JR木古内駅前から約200㍍離れた木古内警察署向かいの新店舗で営業を再開した。店主の垣内キミさん(85)の体調不良もあり、開店が予定よりも1カ月以上遅れたが、垣内さんは「喜んでくれるお客様のために」と、中華鍋を振る細い腕に力を込める。この食堂は昭和31年、垣内さん夫婦が始め、店名の「急行」は木古内駅に急行列車が止まるよう願いを込めて名付けたそうだ。ちなみに、現在のメニューは「焼きそば」のみ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ちえぼう
2013年10月09日 23:50
はじめまして。
新店舗での営業始まったんですね。
良かった~♪
記事を載せてくださってありがとうございました☆

この記事へのトラックバック