臨時特急「旭山動物園号」、年度末にも廃車。

今日は、「臨時特急旭山動物園号年度末にも廃車」の話題を一つ。JR北海道は5月19日、“札幌―旭川間”で臨時列車として運行してきた特急「旭山動物園号」(5両編成)を廃車にすることを明らかにした。内外装を動物のイラストで装った名物車両は人気を博したが、国鉄時代の車両のため老朽化が進んでいた。今夏からは同区間を走る特急「ライラック」(6両編成)の一部を特急「ライラック旭山動物園号」として走らせるものの、鉄道ファンからは惜しむ声が出そうだ。ちなみに「旭山動物園号」は、国鉄時代の183系特急用気動車を約4千万円かけて改造、旭山動物園の元飼育員で絵本作家のあべ弘士さんがイラストを担当した。これについてJR北海道は、『人気車両で廃車は残念だが、新たに車両を改造する財政的な余裕はない』と説明している。

●年度末にも廃車される臨時特急「旭山動物園号」
画像

●今夏から走る特急「ライラック旭山動物園号」
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック