JR函館本線・山線の風景を楽しもう「特急ニセコ号」今年も運行。

続いては、「JR函館本線・山線の風景を楽しもう“特急ニセコ号”今年も運行」の話題を一つ。JR北海道では、今年も「特急ニセコ号」を運行する。“俱知安―ニセコ間”では、地元の観光協会スタッフが乗車し、地元特産品の販売を行うほか、余市駅では、停車時間中にホームで買い物も楽しめる。また、北海道新幹線の新函館北斗駅からニセコエリアへのアクセス手段として利用できるほか、札幌からニセコエリアへの日帰り旅行にも便利である。全国の鉄道ファンの皆さん、「特急ニセコ号」で羊蹄山やニセコアンヌプリの風景を楽しみながら函館本線・山線の旅を楽しんでみては。

○運行区間
8月31日(土)・9月1日(日)・5日(木)~11日(水)・14日(土)~16日(月祝)までの12日間
○運行区間
札幌―函館間(小樽・俱知安・ニセコ経由)
○運行数
1日1往復
○列車編成
3両編成(自由席1両+指定席2両)
○運行時刻(途中駅時刻省略)
〈上り〉札幌発 7:57―手稲―小樽―余市―俱知安―ニセコ―昆布―黒松内―長万部―森―新函館北斗―五稜郭―函館着13:40
〈下り〉函館発13:58―五稜郭―新函館北斗―森―長万部―黒松内―昆布―ニセコ―俱知安―余市―小樽―手稲―札幌着19:27
○その他
・車内販売/俱知安―ニセコ間:のむヨーグルト/コーヒーゼリー/シンディースイート/だちょうどら焼きさんど/アップルパイ/かにめし等
・ご当地キャラクターお出迎え(余市駅/長万部駅)
・北海道新幹線との乗継便利
・「ニセコ鉄道紀行」のパンフレット提示で特典有(俱知安町/ニセコ町/蘭越町)

●「ニセコ鉄道紀行」のパンフレットP7132877.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント