〔マイコレクション666 〈版画〉私版 山線軌道(6枚セット)〕

今回紹介するのは、支笏湖ビジターセンターで販売している、能登正智さんの版画集・山線軌道より抜粋した「私版 山線軌道」(6枚セット・定価500円)である。能登さんの解説によると、『昔、苫小牧と支笏湖の間を軽便鉄道が走っていた。紙の工場が出来るとき発電所の機械や資材を運んだ。あとからは働く人や家族・木材、鉱石そして山菜とり、チップ釣の街の人も運んだ。そして、それは「山線」とよばれていた』とある。現在も、その名残として「鉄橋」が残っている。

●〈版画〉私版 山線軌道①P9120013.JPG
●〈版画〉私版 山線軌道②P9120014.JPG
●〈版画〉私版 山線軌道③P9120011.JPG
●現存している当時の「鉄橋」P9090010.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント