JR北海道ホームページの「列車運行情報等」を多言語で提供。

続いては、「JR北海道ホームページの“列車運行情報等”を多言語で提供」の話題を一つ。JR北海道では現在、列車の運休や遅れが発生、または、見込まれる場合に、ホームページにおいて英語のみの「運行情報」を提供していたが、近年、インバウンドの観光客の利用が増加しており、輸送障害時に多言語(英語・中国語・韓国語)による「運行情報」の提供が重要とな…
コメント:0

続きを読むread more

民族共生象徴空間「ウポポイ」開設に向けた、JR北海道の取組。

続いては、「民族共生象徴空間“ウポポイ”開設に向けた、JR北海道の取組」の話題を一つ。JR北海道では、2020年4月24日の民族共生象徴空間の開設に向け、最寄駅の〈白老駅〉での盛り上がり取り組みを計画している。 〔取り組み内容〕 ・“函館―札幌間”の特急の「白老駅」停車を、大幅に増やす(12本が31本に増える) ・アイヌ語によ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の快速エアポートに「特別快速エアポート」を運行。

続いては、「JR北海道の快速エアポートに“特別快速エアポート”を運行」の話題を一つ。JR北海道は9月11日、来春のダイヤ改正に合わせ、“札幌―新千歳空港間”の快速エアポートで、新札幌と南千歳のみ途中停車する「特別快速エアポート」を4本運行することも明らかにした。また、所要時間は最速37分から33分に短縮されるという。JこれについてR北海…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「普通列車新型車両」へ。

今日は、「JR北海道“普通列車新型車両”へ」の話題を一つ。JR北海道は9月11日、普通列車として使用している一般形気動車の老朽車両に代わり新型の電気式気動車『H100形』(定員99人)を量産し、年度内に函館本線(小樽―長万部間)に13両を導入すると発表した。それによると、2021年度までに計75両を導入する計画で、約210億円の費用を見…
コメント:0

続きを読むread more