JR北海道が観光列車に活用できる「特急車両」を製作。

続いては、「JR北海道が観光列車に活用できる“特急車両”を製作」の話題を一つ。JR北海道では、観光列車やイベント列車、また、繁忙期の臨時列車の代替輸送用として運行可能な多目的車両を、クリスタルエクスプレスおよびノースレインボーエクスプレスの後継車両として製作する。車両は、スーパー北斗やスーパーとかちで使用しているキハ261系1000番台特急気動車をベースとして、インテリアやエクステリアのデザインおよび一部設備を変更したものとしている。

〈車両概要〉
○車両形式:キハ261系5000番台特急形気動車
○編 成 数:2編成(各5両編成)
○編成名称:はまなす編成&ラベンダー編成
〈車両仕様〉
○エクステリアデザイン(北海道を代表する花である“はまなす&ラベンダー”をイメージしたカラーとしている)
○1号車(定員26名)+2~5号車(定員200名)
〈今後の予定〉
○使用開始時期:(はまなす編成2020年10月予定/ラベンダー編成2021年4月予定)
〈今後の予定〉
○通常は特急宗谷などの定期列車のほか、年末年始の繫忙期や修学旅行の臨時列車として運行
○観光シーズンは、フラノラベンダーエクスプレスなど、観光地へのアクセス列車として運行
○観光貸切列車として、団体臨時列車として運行

●JR北海道発表の「新型特急車両」のイメージ図PA170321.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント