JR根室本線“東鹿越―新得間不通区間復旧”なら「年間9億8千万円赤字」。

今日は、「JR根室本線・東鹿越―新得間不通区間復旧なら“年間9億8千万円赤字”」のニュースについて。JR北海道副社長は11月13日、上川管内南富良野町長に、同社が廃止・バス転換を提案している根室本線“富良野―新得間”で、平成28年8月30日の台風10号による不通区間を復旧して運行開始した場合、「年間9億8千万円の赤字」が見込まれるとの試算を伝えた。ただ、『根室本線は幹線であり、方向性を出すまでに時間がかかる。また、政治的注目度も高い』とも話したという。

●平成28年8月30日から翌31日にかけて北海道を襲った台風10号の影響により不通となった「JR根室本線」PB140531.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント