349 急行「えりも」。

JR日高本線(苫小牧―様似間・146.5㌔)の“鵡川―様似間”(116㌔)は、高波被害の復旧工事に多額の費用がかかるとのことで、このたび廃止・バス転換を前提にJR北海道と交渉していくことが沿線7町の会議で決まり、廃止が決定的となった。この路線にはかつて、札幌発着の急行「えりも」という列車が走っていた。この列車は、昭和34年6月に不定期列車として誕生、昭和38年10月1日に定期列車となり、急行「すずらん・えりも」(8両編成)として運行され、1~6号車は“札幌―函館間”の急行「すずらん」、11・12号車が“札幌―様似間”の急行「えりも」であった(途中駅の苫小牧駅で分割された)。最盛期には、札幌発着の列車として襟裳岬の観光客や黄金道路を経由して帯広方面に向かう観光客に大人気の列車であったが、残念ながら昭和61年11月1日をもって廃止された。私も、50年前に函館から苫小牧に行き、乗り換えて様似に行き、国鉄バスで襟裳岬・黄金道路を経由して広尾線に乗り帯広方面に向かった記憶がある懐かしい路線である。

●札幌発着の急行「えりも」PB140528.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント